1on1ミーティングに活かすコーチング・コミュニケーションスキル

人事評価制度
人手不足が深刻な状況。
良い人材が来ない。
大企業に人材が根こそぎ持っていかれている。
そのような中小企業の話をよく聞きます。
 

採用活動

 
そうやってハローワークで来た人材やお金をかけてなんとか採用した人材が思うような仕事をしてくれない
 
すぐ辞めてしまうという話もよく聞きます。
 
人材紹介会社に数百万かけて雇ったのに辞められてしまったという話も聞きます。
 
採用にかかるコストもあるし育成コストもあることなので本当にもったいないなと思います。
 
採用面接で重要なことは自社の価値観にあう人間なのかをしっかり見極めることだと思います。
 
すぐ辞める人を雇ってしまうことは単に苦労を増やしてしまうことになります。
 
だから相手をきちんと理解するそのようなスキルが面接官には必要です。
 
せっかく採用したのに思うように働いてもらえなかったというのは完全に面接の失敗です。
 
めったに人材が来ないから来てくれた人を採用するしかないという状況になります。
 
面接に来る人ももっと大きい会社に入りたかったけど採用してもらえないから仕方なく来たという感じかもしれません。
 
仕方なく来た人と仕方なく採用する人ニーズはマッチしているのですが、採用が決まるとお互い要求が大きくなるみたいです。
 
 
採用された方は、仕方なく入った会社で給料が低いとか、成長ができない、将来性を感じないと愚痴をいいはじめ、採用した側はモチベーションが低い、主体的に動かないなどと愚痴を言い始める。
 
そうならないように、採用するより先に取り組む方が良いように感じます。
 

魅力をつくる

 
まず良い人材が来ない!という課題について
 
結論から言うと、「魅力が無いから」です
 
もちろん、他の企業に比べてということです。
 
採用活動は、ある意味、会社という商品を求職者に買ってもらうという商品販売と同じような活動になります。
 
消費者として考えると、価格と機能などで他商品と比較しどの商品を購入するか決めるでしょう。
 
求職者も同様です。
 
給料や待遇、やりたい仕事ができるのか、組織風土など他企業と比較し、どの会社がいいか選びます。
 
良い人材が来ないといっている会社の多くが他企業より良くしようとする活動をしているようにみられない感じがします。
 
ハローワークや人材紹介会社が悪いように言う場合もありますがハローワークであっても、求職者にとって良い会社を紹介したいと思うでしょう。だから、まずはどのようなところに魅力を感じる社員が来てほしいのか決断して、それを強化してください。
 
いきなり全部はできないと思うので、最も強化したいところを決めてください。
 
 
 
そして次によくあるのがせっかく入社しても、思ったのと違ったといってやめてしまうケース
 
それは採用に焦って、会社のネガティブな面の同意を得ずに採用を決めるからそのようなことが起こるのではないかと思います。
 
焦ってしまう理由が、上に書いたように、面接にまで人がなかなか来ないからということのせいだと思いますが、だからと言って、適当に採用してしまうと、あとがたいへんです。
 

コーチング・コミュニケーション

 
そのためにも、面接でしっかりコミュニケーションを取ることが大切です。
 
しっかり面接者の考え方をしっかり聴くこと。
 
そして会社側の期待と仕事の忙しさなどの現状などをしっかり伝えることが大切です。
 
多くの場合、一方的に会社の要求や条件を伝えるだけになっているのでは無いでしょうか。
 
面接する人には聴く力を重視したコミュニケーションスキルを強化してほしいです。
 
コーチングスキルですね。
 
聴く力があれば、求職者の願望や性格などに気が付きやすくなります。
 
その願望に答えられない、性格に合わないなと感じたら不採用にしたらいいだけです。
 
コーチングスキルを身に着けると相手を変えられると誤解する人がいますがそれはありません。
 
ただ、見分ける力は強化されます。
 
採用した後、大変なことになりそうな人が入社してしまうことを防ぐことが出来ます。
 
そして、それでも採用した人は安心して育成することができるでしょう。
 
会社側も、求職者の願望や性格などに応えていく覚悟で採用したわけなので思い切ってその活動に取り組むことが出来ますし
 
採用された社員もそれに応えようと努力することができます。
 
そうなったとき、お互いWin-Winの関係を築くことが出来ると思います。
 
面接に関わる人は、コーチングスキルをぜひ身に着けてみてください。
 
コーチングスキルの研修を行っていますのでぜひお問い合わせください。

 

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】