組織力強化のために中小企業も経営理念を策定する

人事評価制度
経営理念の策定に関わることがよくあります。
 
企業にとって重要なものと考えられる経営理念。
 

経営理念とは

 
勘違いされていることが多いように感じます。
 
経営理念を正しく理解していますか?
 
正直明確な定義が無いようにも感じます。
 
社是、社訓といった形もありますし
 
こうでなければならないというものでもありません。
 
ただ、経営目標と同じ意味のようになっているケースもたまに見かけます。
 
それは違うなと思います。
 
私が経営理念とはこういうもの。
 
ということについて。
 
「その会社がなんのために存在しているか」を言葉にしたもの。としています。
 
存在意義ですね。
 
経営の目的ともいいます。
 
 
”良い商品を提供する”
 
を経営理念にされる場合がありますが
 
それは手段ですね。
 
よい商品を提供しつづけた結果、どうなるのかが目的になります。
 

経営目標とは

 
経営理念が目的としたら、その通過点で目指すポイントが経営目標になります。
 
だから経営目標を立てるには、なぜその目標に向かうのかの目的
 
経営理念が必要なのです。
 
経営理念が無くても上手くやっているところはありますが、
 
書籍「ビジョナリーカンパニー」などでも語られるように会社が存続していくためには経営理念の存在がとても重要になると思います。
 
なぜなら、社員の意思決定のよりどころになるからです。
 
意思決定の判断基準になります。
 
迷ったとき、その決定が目的に向かうものかどうかで判断できます。
 
それがないと、目先の利益にとらわれて、結局は無駄になることに手を出してしまうかもしれません。
 
そもそも会社組織として動く以上、経営理念が必要です。
 
組織の目的が無いと、みんなバラバラの方向に進んでしまう可能性があるからです。
 
野球のチームとしても、みんな参加の目的がバラバラだったらどうなるでしょう。
 
・健康のため
・ひまつぶしのため
・楽しむため
・プロになるため
 
などなど、みんながバラバラの意識で参加していたら、一丸になることができません。
 
会社でも、社員によってモチベーションのバラつきがあって、悩まされることが多いかと思います。
 
それは、みんな参加する目的が違うからです。
 
参加する人が共有する目的を持つ必要があります。
 
それが経営理念です。
 

共通目的

 
だから経営理念は、参加者全員が共感できるものである必要もあります。
 
たまに会社の経営理念として”株主利益の最大化”をかかげている会社があります。
 
それ目指すことに参加者にはなんのメリットもないように感じるんですが。。
 
労働者側にも、その会社を選ぶ権利があります。
 
その目的のために働きたいと思えるかどうかです。
 
その目的に魅力が無ければ、もっと待遇面の良い会社を選ぶでしょう。
 
株主や金融機関にとっても同じです。
 
その目的に共感できないと、投資できないでしょう。
 
お客様にとってもそうかもしれません。
 
BtoBなら特に。
 
よく組織の三要素として説明するのですが、チームワークの良い組織を作るには全員が共感できるような目的が必要です。
 
そして、その目的に向かってがんばろう!という貢献意欲が必要です。
 
その貢献意欲を引き出すためにも、みんなが共感できる目的を浸透させなければなりません。
 
それがコミュニケーションです。
 

コミュニケーション

 
経営理念が無い会社で、これから経営理念を作るという場合注意が必要です。
 
それは、最初から全員が共感する必要は無いということです。
 
全員が納得するものを作ろうとするあまり、ふつーの経営理念ができてしまうとなんの魅力も無いものになるかもしれません。
 
だからと言って、社長がワンマンで作ってしまうとまた勝手なこと言ってるわと言って、誰もついてこない
 
もしくは考え方が合わないと社員が辞めてしまうかもしれません。
 
それが怖いからと、作らなかったらまとまらない組織になるかもしれません。
 
経営理念を定めるということはある意味イノベーションです。
 
会社にとっては革命的なものになるかもしれません。
 
大改革するとき、どんなときでも一旦パフォーマンスが落ち込みます。
 
会社をリノベーションするときも、一旦作業を止めなければなりません。
 
作業が変わると慣れるまで時間がかかります。
 
経営理念が浸透するまでは、一旦いろいろ痛みを伴うかもしれません。
 
それでも作ろうとする経営者の態度が会社を強くすると思います。
 
強い組織を作るためにも経営理念の策定そして浸透にチャレンジしてみてください。
 
 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】