採用したい社員はメンタルの強さとコミュニケーション能力が必要

コーチング・コミュニケーション

学生の売り手市場と言われた新卒採用の状態が長く続いていますが採用がすぐ決まる人と、決まらない人の二極化が進んでいるそうです。

 

学歴重視が復活している?

先日、仲間内でも話題になったのですが、一時期学歴不問の採用の流れができていましたが、また、学歴でフィルターをかけられる状態に戻っているそうです。

大手企業に学生が殺到するため、すべて面接できないため、書類で選考するわけですが、学歴を見ることが多いそうです。そういうわけでなかなか就職が決まらない学生も多いそうです。

安定志向の若者が多いと聞きますが、そうなのでしょうか?最近学生とも話す機会が増えてきたのですが、その方たちはものすごく向上心が強いです。

向上心が強いから、社会人と対話する場に出てくるのかもしれませんが。大手に学生が集まって、採用に苦しんでいる中小企業が多いと言われています。

学生たちに媚びを売る必要は無いと思いますが、欲しいタイプの学生たちが働いてみたいと思えるような会社にする必要はあるとおもいます。

人材がなかなか来ないと言っている中小企業が多いですが、人材が来るように何か会社の魅力があがるようなことをしているか?ときくとしていないところも多くあります。

あなたの会社で学生が働きたくなる理由は何ですか?就職活動に学生有利の状況が続いていますね。

実際は2極化が進んでいるらしく大企業は企業側がまだまだ有利の状況だそうです。応募が殺到するため、企業側も書類選考することがとても重労働になっているらしい。

だから結局、学歴で判別される昔に戻っているという話も耳にします。

そこで、期待されているのが、AI(人工知能)を活用した書類選考人工知能が書類を読み取って、いろんな統計と照合しながら採用不採用を決めてしまう。企業側としては、高コストな採用活動がスムーズになるからメリットは大きいですが学生側としては、なんか納得いかない感じになりそうですよね。

実際過半数の学生が「イヤ」と回答しているそうです。本当にAIに人間が管理される社会がきちゃうのかもしれません。そんな感じがしました。

おそらくその時代の流れは止められないでしょう。そんな時代に、対してどのように準備をしますか?

 

これからの社会人はメンタルの強さも要求される?

就活生の売り手市場と言われる状態が長く続いていますが実際には売り手と言われている人たちは高学歴の人がメインで、そうでない方たちは、それほど売り手市場ではなく、それなりに就職活動は大変だそうです。

周りが就職が好調であるために、就職活動に苦しい学生は”なぜ自分だけ・・・”みたいな感じでメンタル面できつい状況になっているそうです。就活に限らず、メンタル面で落ち込んでいくまでの過程はなんとなく似ていますね。

まず、他人と比べる、もしくは比べられるという状態が続いてしまって、自分が劣っているんじゃないかそう考え続ける状態が長く続いてしまうんでしょうね。そういう状態でも気楽に乗り越えられる人、自分を責め続ける人がいます。

何が違うんでしょうか?”メンタルが強いんだよ”と言われるかもしれないです。

そうもしれません。

ただ私はメンタルの強さというのはそれほど差が無いのではと考えています。”ただの思考パターンの違い”なんだと考えています。

気楽に考えられる方は、上手くいかなくてもその過程を”意味あるもの、学びになるもの”などと捉えているのではないかと思います。

また、その過程を経て自分自身がどのように成長しているのかだけを見て、特に他人は他人と考えて比べないようにしているのではないかと思います。

あとは価値観が固まっている方ですよね。”大手企業に採用されなければならない”と自分に刷り込みつづけているんでしょうね。

親や周りの人からもそうなんだと思うんですが。だからそれができない自分を責めてしまう。。。いろいろ複合的な要因があるかと思います。

コーチングを学ぶといろいろ物事のとらえ方や考え方が柔軟になります。若いうちから学んでおくことをお勧めします。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】