中小企業の経営者はお金の課題が多いが決算書類の見方がわからない

経営とお金

経営者が最も関心があるのは「お金」のことではないでしょうか?

その割には損益計算書以外の計算書類の見方がわからないなど、課題があるように感じます。

 

経営とお金

売上高であったり、借入額であったり、税金のことであったり・・・

最も関心があることに関わらず、わりと分かってなかったりしていないでしょうか?

税理士さんにお金のことはまかせて、長期的な視点で経営資源の流れを考えていないように感じます。

 

税金を払ってでも自己資本を強化することが大切

節税は大切です。

しかし、そのために無駄に利益をゼロにすることは間違いです。

税金を払うことがもったいないと感じる経営者は多いように感じます。

たしかに、政治で使われるお金を見ているともったいないと感じるのですが、政治と会社は別です。

会社のことを考えるなら、自己資本を強化することは大切です。

税金を払わないことを嫌って、戦略に沿わない出費を行ったりして、気づいたら負債比率が高くなりすぎて、税金の代わりに利息ばかり払っている状況に陥っている。。

という会社になっていませんか?

利益をゼロにしたら、次の投資資金は借入を行わないといけなくなります。

借金を増やしたら、利息を払わなければならなくなります。

金融機関を儲けさせるのに利益が使われ、社員の給料が上げられないなら問題です。

 

売上高を意識しすぎない

 売上高ばかり追求しすぎて、ラインナップを増やしすぎて、気づいたら利益の出ない商品が増えて赤字に陥っている。。

そのようなケースもたまに見られます。

中小企業の場合、顧客の要望に柔軟に応えられることが強みだったりします。

柔軟に応えられないと、仕事がなくなるかもしれないという脅威があったりもします。

そういうことで、仕事を断らないうちに非効率な商品が増えて、生産性が悪くなっている場合があります。

このようなケースも商品ごとに収益の分析をしないと見えてきません。

週休1日で働いているのに、利益が全然増えないということがあれば、注意が必要です。

 

借りれるうちに借りておこうも止めとこう

金融機関に勧められるままに借りていたら、いつの間にか負債比率が高くなりすぎて、経営が不安定になった。。

今は金融機関も経営が大変なので、お金を借りてくれるところを探しています。

どんどん進めてくるし、借りれるうちに借りておいた方が良いと考える経営者もいます。

たしかに不況になると、逆に貸してくれなくなるので、念のために借りておきたい気持ちになるのはわかります。

しかし借りたことによるデメリットが生まれます。

一つは上述したように、支払利息が増えること。

一旦現金は増えたように見えますが、支払利息が増えるので、キャッシュアウトが大きくなります。

また、現金が増えたことによって、キャッシュフロー改善の意識が低くなる可能性があります。

効率的に経営をするという意識が低くなることが問題です。

 

お金に無頓着な会社が再生案件に多い

再生案件で関わると、上述したような状況によく出会います。

そのような状況に陥る前に、日頃からお金の流れについて関心を持っておくことをお勧めします。

せめて四半期毎、できれば毎月、計算書類を確認すること、資金繰り表を常時確認する癖をつけることが望ましいです。

そうすることで、現在の会社の状況がよくわかります。

確認することが望ましいものは下記のコラムに示します。

経営者のための貸借対照表チェック

経営者のための損益計算書チェック

経営者のためのキャッシュフロー計算書チェック

経営者のための経営指標チェック

経営力を強化するためにお金は欠かせません。

お金を上手に活用できるようになれば、経営基盤も強化されます。

経営は結局、人、モノ、カネをどのように分配するか、経営者の意思決定で決まります。

常に俯瞰して確認できるよう、意識してみてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】