経営者とモンスター社員と関係性の改善するつきあい方

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

インターネットが普及して、さまざまな考え方、価値観が広がったことにより、若い社員の考え方もさまざまです。そのような中、モンスター社員が問題となって現れるケースがあります。モンスター社員が現れたからといって、日本では簡単に解雇することはできません。その覚悟でつきあっていかなければなりません。モンスター社員とのつきあい方について説明します。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションスキルについて】

【目次】

 

モンスター社員が問題になっている

メンタルヘルス

世代間の価値観のギャップのせいか、モンスター社員が問題になっています。モンスター社員とは何なのでしょうか。

 

モンスター社員とは

モンスター社員とは、さまざまなタイプがいると思いますが、簡単に言うと、「協調性のない社員」のことです。大きく分けて「自己防衛タイプ」と「自信過剰タイプ」がいます。「自己防衛タイプ」は、極力仕事の負担を避けます。残業や飲み会などの参加もデメリットと考えます。できるだけ仕事をしないことを優先に考えるので、しわ寄せが他のメンバーにのしかかります。

「自信過剰タイプ」は、自分がやりたいように仕事をしたいタイプです。とても熱意があるように感じますが、自分勝手に仕事をするため、ミスも多発します。そのミスを他人のせいにして、責任回避しようとします。

 

モンスター社員の問題

モンスター社員が存在することによる問題は、仕事の非効率化です。生産性が大幅に低下し、モンスター社員がいない方が、人数が少なくても生産性が高くなる可能性があります。仕事をしないので、その指導に負荷がかかり、他の人が不公平感を感じ、モチベーションが低下し、仕事をしなくなる可能性もでてきます。協調性がないので、まわりが振り回されることにもなります。

結果として、会社全体に悪影響を及ぼします。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションスキルについて】

 

 

関係性が改善しない理由

ストレスケア

モンスター社員が職場に配属されてくると、以下に辞めさせるか悩むことが多いように感じます。しかし、日本の仕組み上、正社員を辞めさせることが難しいです。まず、どうして関係性が改善しないのかを説明します。

 

価値観が異なる

大きな理由は、価値観が大きく異なることです。「自己防衛タイプ」は、「会社のいうことをきいていたらつぶされるぞ」と教え込まれてきたのかもしれません。「自信過剰タイプ」は、「自己主張しないと、存在しないのと同じ」と教え込まれてきたのかもしれません。

そう信じ込んでいる人は、考え方をなかなか変えません。大切なのは、モンスター社員でなくても同じです。人は、培ってきた価値観をそう簡単には変えられません。だから、価値観が合わないとなるのです。

 

コミュニケーション能力が低い

価値観に縛られ過ぎるとコミュニケーション能力が低くなります。相手の考え方を受け入れられないからです。お互い分かってもらえないとなり、話すことも辞めてしまいます。そしてコミュニケーションが図られなくなります。

そのため、関係性がいつまでたっても改善されないのです。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションスキルについて】

 

 

モンスター社員とのつきあい方

コーチング・コミュニケーション

モンスター社員がいても、日本では気軽に退職させることはできません。そして、どこからがモンスター社員かもわからないぐらい、さまざまなタイプの社員がいます。つきあっていかなければいけないという前提で対策を考える方がいいでしょう。

 

聴く力コミュニケーション能力を強化

価値観のことなる人とのコミュニケーションで大切なのが「聴く力」です。基本的な考え方として、「自分の話を聴いてくれない人の話は聴きたくない」ということがあります。

自分のことを間違っていると評価している人の、押し付けからは防衛本能が先に出ます。だから、価値観の違う人とのコミュニケーションは先に相手の話を聴いてあげる必要があります。「聴いてあげる=賛成する」ではないので安心してください。

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

「聴く力」は、強化されるまでとてもストレスになります。聴くより先に、説得したい気持ちが大きくなるからです。それをぐっとこらえることはストレスです。こらえられず何か言い返してしまうと、ふりだしに戻ります。この「聴く力」の強化方法として、コーチングスキルを取り入れることをオススメします。

コーチングとは、「聴く力」に重点を置いたコミュニケーションスキルです。トレーニングすることにより「聴く力」を強化できます。

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションスキルについて】

 

 

モンスター社員とレッテルを貼らない

コーチング・コミュニケーション

世代間の価値観の違いは大昔からあり続けています。そして、企業間競争がグローバル化したことにより、また、インターネットが普及したことにより、価値観の幅が大きく広がっています。そのため、価値観がちがうことが大前提としてみる必要があります。また、モンスター社員とレッテルをはると、モンスター社員として対応してしまいます。

その対応の仕方が、モンスター社員をモンスター社員として定着させてしまいます。周りの社員のコミュニケーションの取り方が大きく状況を左右します。社員間のコミュニケーションが活発になるように、コーチング・コミュニケーションを取り入れましょう。

 

【社員のやる気を引き出すコミュニケーションスキルについて】