従業員のモチベーションを高めて主体性を引き出す方法

働きがい

従業員が主体的に動いてくれないと嘆いている経営者やチームリーダーは多いのではないでしょうか?

人材育成では、どうやって社員のモチベーションを向上させるかがよくテーマになります。

それだけ改善されにくいテーマなのだと感じます。

 

主体的に動くとは

主体的に動くとは、社員に指示をしなくても主体的に動いてくれることをいいます。

自分で考え、自分で行動し、自分で結果を出します。

 

主体的に動かない理由

主体的に動かない理由はさまざまです。

モチベーションが低いこともあるかもしれませんが、それ以外の要因も多いと感じます。

そもそも従業員は言われたことだけ、決められた範囲内で仕事することを要求されています。

余計なことをすることを望まれていないから、主体的に動けないのです。

主体的に動いて失敗すると評価が下がる。

主体性を出そうとすると否定される。

イノベーションを起こそうとすると反対にあう。

そのための時間と権限さえ与えられない。

 

 

主体的に動いてほしいといいながらさせない仕組みになっている

主体的に動いてほしいといいながら、主体的に動けないようになっていませんか?

矛盾していることが多くあります。

それは上司は上司で、部下の失敗は自分の責任になるからです。

だから上司は部下に失敗してもらっては困るのです。

だから勝手に動いて失敗してもらっては困る。

その想いが部下の主体性を奪います。

 

主体性を引き出すリーダーシップとは

質問をします。

従業員が「この人と一緒に頑張りたい!!」「このリーダーの下でなら主体的にがんばれる」

と思うような、経営者やチームリーダーの人物像とはどんな人でしょうか?

具体的にイメージできますでしょうか?

テレビ番組などでも、理想的なリーダーシップをとっている経営者としてとりあげられる社長がいます。

そのような社長は、社員とどのようなコミュニケーションをとっているでしょうか。

それと比較して、現在は従業員にどのようなメッセージを送っているでしょうか?

 

社員の主体性を引き出すコミュニケーションをとる

会社内ではコミュニケーション能力が大事といわれます。

コミュニケーションとは、「指示」「命令」することと捉えていませんか?

主体性を引き出すような「指示」「命令」は存在しないと感じます。

文字通り「引き出す」には「聴く力」が必要なのです。

多くの場合、「話す力」ばかり磨こうとするから、コミュニケーションが中途半端になるのです。

そして、指示・命令をどのようにするかだけを磨くから、社員のモチベーションを下げていくのです。

そして主体性が無くなっていきます。

リーダーには「聴く力」が必要です。

 

聴く力を強化するコーチング・コミュニケーション

聴く力に重点を置いたコミュニケーションとして「コーチング・コミュニケーション」をオススメしています。

コーチングを取り入れたコミュニケーションです。

コーチングとは「傾聴」「質問」「フィードバック」から構成されるスキルで、1on1ミーティングなどにも活用されるものです。

コーチングスキルは「聴く力」に特化したコミュニケーションスキルと言えます。

コーチング・コミュニケーションは、指示、命令ではなく、本人が何をやりたいかを引き出す方に重点をおきます。

リーダーはそれを否定せずに聴かなければならないため、かなりのトレーニングが必要です。

どうしても言い返したくなるケースが多いためです。

 

尊敬できる上司のもとでは、社員は主体的になる

従業員は尊敬できるリーダーのもと、信頼できる仲間と働きたいと考えています。

尊敬できるリーダーには認めてもらいたいという意識が働くからです。

だからまず社員の主体性を引き出したいと思うなら、尊敬される上司になってください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】