仕事に対してモチベーションを持続するなんて無理でしょう

モチベーション

従業員のモチベーションの維持向上は、経営者やリーダーにとって気になる事柄ではないでしょうか。

モチベーション理論はいろいろあって、正解もいろいろあると思われます。

 

モチベーションを上げるためにどのような方法を試しました?

先日聞いた経営者のお話では、ありとあらゆる方法を試してみたと言うことでした。

誕生日休暇を創ったり、育児休暇を創ったり、ベースアップしたり、希望者には異動させたり様々なことにとりくんで、モチベーション高めてこられたそうです。どれが効果があったのかはよくわからないと。。

よくモチベーションを保つためには給料を上げなければならないと思い込んでいる方がいます。あまりに現状の給料が低い場合はそうかもしれないが、給料は上げたところですぐ慣れてしまう。それに中小企業が大企業並みに給料を上げることはなかなかできないでしょう。

その会社では結局、いろいろ試そうとする経営者の姿勢が良かったのではないかとおもいます。

 

ハーズバーグの動機づけ-衛生理論

ハーズバーグの動機づけ-衛生理論において、給料は衛生要因の方に該当します。

衛生要因は悪いとモチベーションが悪化するが、ある程度よくなるとモチベーションを向上させる効果が落ちてきます。

衛生要因は給料の他に、福利厚生や職場環境などがます。

それに対して、モチベーションを向上させるには動機づけ要因を意識する必要があります。

動機づけ要因には、達成感、承認、仕事のやりがいなどがあります。

モチベーションを維持向上し続けるには、一定レベルの衛生要因を満たした後、動機づけ要因を与え続ける必要があります。

という理論です。

わりと、納得できやすいモチベーション理論では無いかと思います。

御社の仕事の「やりがい」や「達成感」は何ですか?

 

モチベーションって何?

ところでモチベーションって何でしょう?

「やる気を出せ」ってことですか?

多くの方が「やる気を出さなければならない」「やる気を出してがんばるように」といいます。

「やる気を出せ」言われてやる気がでるなら苦労しないですよね。

本当の意味でもモチベーションは、「頼むから止めてくれ」といわれても「やりたくなる状態」です

そのような状態を社員に作ってあげるにはどうすれば良いのか?

仕事が楽しいって状態を作ってあげることです。

それができたら、いちいち指示しなくても仕事をしてくれるでしょう。

 

何に楽しいと思うかは社員一人一人違う

注意しなければならないことは、人間一人ひとり価値観が異なるということです。

経営者や管理職がやってしまいがちなことが、「こうやったら社員はやる気をだすはずだ」と思い込むことです。

そして「こんなにしてあげてるのに、なんでやる気出さないのだ?」と思います。

それは、ズレているのです。

社員が望んでないことをやってもやる気は出ません。

給料払えばやる気を出すとは思わない方が良いです。

それならもっと給料の高いところに転職するモチベーションが上がります。

社員が何を望んでいるか知るために重要なのはコミュニケーションです。

 

社員のモチベーションの種を聴き出す

社員が何を望んでいるかは社員から聴き出すしかありません。

だから普段からどのようなコミュニケーションをとっているかが重要です。

「言っても無駄だ」と思ったら、社員は何も言わないでしょう。

聴き出す経営者や管理職には「聴く力」が必要です。

「聴く力」の無い人に対して、誰も本音で話そうとは思いません。

 

「聴く力」にはコーチング・コミュニケーション

「聴く力」を強化する方法として、コーチングを取り入れたコミュニケーション手法をおすすめします。

コーチング・コミュニケーションです。

コーチング・コミュニケーションをマスターすると相手から本音を引き出しやすくなります。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】