上司が部下のモチベーションアップ方法を学ぶ研修

人事評価制度
社員のやる気を引き出す。
辞められないようにする。
メンタルヘルスの問題。
などなど、社員のモチベーションアップは企業の大きな課題になっています。
 
 
現時点は組織のベースづくりのためのコミュニケーションスキルについての研修がメインになっていますがそのうちモチベーションアップのための研修を行いたいと思っています。
 
モチベーション理論の基本としてよく使われるものが
 
マズローの欲求5段階説
 
不可逆的と欠点もありますが、上手くできていると思います。
 

マズローの欲求5段階とは

 
マズローの欲求5段階説とは人の欲求は下位から順に
 
①生理的欲求
②安全欲求
③社会的欲求
④承認欲求
⑤自己実現欲求
 
と並んでいます。
 
下位の欲求が満たされると上位の欲求を満たしたくなるというものです。
 
だから社員が主体的に動くようにしたければ④承認欲求より下位は全て満たさないといけないということです。
 
まず①生理的欲求とは生きるために必要な食欲や睡眠など本能的欲求になります。これを満たすためには、賃金をもらえる会社に入るこれは大概どこの会社でも満たしてくれると思います。たまに、睡眠時間を削らないといけない会社もありますが。。
 
②安全欲求とはこれも本能に近い部分だと思います。人は傷つくことを恐れます。失敗をしたくない。クビになりたくない。この安全を認めてもらえないとなかなか動くことが出来ません。社員が安心して働ける環境を整える必要があります。
 
③社会的欲求とは安全欲求とも近いように感じますが基本的に人はコミュニティに属したいという欲求があります。ひきこもって孤独の方を好む人は外は安全ではないと決めてしまったからでしょう。安全欲求が満たされていないのでしょう。安全欲求に満たされた人は、コミュニティには属したいと思いますがこのコミュニティに安定を感じないと次の段階を考えられません。社会的欲求が強い人は、そのコミュニティから排除されないように努力します。
 
社会的欲求が満たされた人はそこで認められたいという④承認欲求が高まります。承認欲求とは上司、同僚など周りの人から認められる存在になりたいという欲求です。褒められたいということもあるでしょう。
 
下位の欲求を満たされた人は社内表彰やボーナスでその人たちのモチベーションを引き上げようとします。ここの欲求に響く人はそれらの仕掛けで社員のやる気を引き出すことができるかもしれません。ある程度、そのコミュニティで一目置かれる存在になってきたら自分をさらに磨きたいという⑤自己実現欲求が現れます。
 
⑤自己実現欲求とは自分をさらに成長させたいという欲求です。ここの欲求を高められる状態にできると社員は主体的に動くようになると言われています。だから会社が社員にやる気を出させたいと思うなら④の承認欲求までを満たす制度をしっかりつくりこむことが重要という考え方です。
 
納得いく部分も多い理論では無いかと思います。
 
欠点としては、いろいろ例外も多いということそんなに人のモチベーションって単純ではないということです。
 

動機づけ―衛生理論

 
他の理論で私がよく使うのが動機づけ―衛生理論です
 
定着率を上げるために給料を上げるということをよく行われます。
 
給料は衛生要因と言われています。
 
衛生要因は上がった瞬間はモチベーションは上がります。
 
けど、次第に慣れてしまいます。
 
給料上げられないとやる気が出ないという状態になると、お金が無くなってしまいます。
 
だからお金よりも、本人の成長欲求を刺激する動機付け要因の方に、意識を向けた方が良いという理論です。
 
主体的に動いてほしいというのであれば、主体的に動きたくなる仕掛けを作った方が良いという理論です。
 
あとやる気をなくさせるかもしれないので注意したいのが公平理論です。
 
 

公平理論

 
公平理論とは、もし、自分より頑張ってない人が自分より給料が多かったりするとやる気を失います。不公平感を感じると公平感が得られるぐらいに自分の行動を抑えるようになります。
 
主体的にもっと頑張ってほしいと思うなら公平に感じられる人事評価制度が重要です。
 
社員のやる気を引き出す方法は複雑です。これらモチベーション理論を活用してみてください。
 
コミュニケーション次第でもモチベーションをコントロールすることができます。
 
コミュニケーションの企業研修を行っていますのでぜひお問い合わせください。
 
 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】