社員のモチベーションアップ方法

コーチング大阪コミュニケーション

働き方改革により、働く時間を短くされています。

それは、諸外国に比べ、日本の労働生産性が低いことが問題になっているからです。

政府は強制的に、少ない人材、少ない時間で生産性を高めるように企業を促し始めました。

労働生産性を高めるためには、社員のモチベーションアップが欠かせません。

社員のモチベーションアップ方法について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

社員のモチベーションアップがもとめられる理由

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションアップを気にする経営者や管理職は多いです。

なぜなら、社員の頑張り次第で業績が大きく変わるからです。

社員のモチベーションアップをもとめる理由について説明します。

 

 

生産性を高めるため

社員のモチベーション自体で生産性が大きく左右されます。

接客においても、やる気のない店員とやる気のある店員。

顧客はどちらから購入する可能性が高いか、なんとなくでもイメージできるでしょう。

接客以外のどのような仕事において、社員のモチベーションが成果を左右します。

 

 

離職率の改善のため

モチベーションが下がりきってしまうと、社員は退職してしまいます。

社員に退職されてしまうと、同じレベルの人材をもう一度確保しなければなりません。

退職した社員を採用するために必要としたコスト、育成にかかったコストが無駄になります。

さらに、もう一度そのコストが必要ですし、加えて時間も必要とします。

離職率を改善するためにもモチベーションアップが必要です。

 

 

 

社員もモチベーションを下げる要因

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションアップが気になるなら、まずはモチベーションを下げる要因を知る必要があります。

それらを改善することがモチベーションアップにつながるからです。

 

 

評価してもらえない

モチベーションを下げる要因は、「やっても意味がない」という感覚です。

どんなに仕事を頑張ったところで、なんのフィードバックもないのであれば、モチベーションが下がってしまいます。

会社を退職する理由に「給料が低い」というものがありますが、これも正当に評価してもらえていないということにつながります。

簡単な仕事しか与えられていないということも、評価されていないという感覚につながります。

 

 

将来性を感じない

「会社に将来性を感じない」「自分の将来にもプラスにならない」という感覚もモチベーションを下げる要因になります。

どんなに仕事を頑張ったところで、会社がダメになるとわかっていればモチベーションが下がります。

単調な仕事で、どんなに仕事を頑張ったところで、何のスキルも身につかないとわかればモチベーションが下がります。

会社にも自分自身にも将来性を感じられない場合、モチベーションが下がります。

 

 

 

社員のモチベーションアップ方法

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションアップ方法については、さまざまな本やホームページで紹介されていると思います。

しかし、どこの会社でもまだ悩んでいるということは、なかなか効果をあげられていないことが現状なのでしょう。

ここで紹介する方法も1回で改善するものではありません。

永久にやり続けることで、モチベーションが徐々に改善されてきます。

そして途中で止めたらふりだしに戻ります。

 

 

魅力的なゴールを引き出す

社員のモチベーションを引き出すためには、「なんのために仕事をするのか」の理由が必要です。

「なんのために」が無いと、この会社にいる理由も無いことになります。

「なんのために」に向かって仕事をしているという感覚、それが前進しているという感覚がモチベーションアップにつながります。

いわゆる「仕事にやりがいを感じる」という感覚です。

社員それぞれの「魅力的なゴール」を引き出すことが重要になります。

 

 

社員の目標達成をサポートする

社員それぞれに「魅力的なゴール」が見つかったとしても、それができないならモチベーションが下がります。

「やりたい気持ち」と「やれない現状」のギャップが大きいほど、モチベーションを下げてしまいます。

「魅力的なゴール」を引き出すと同時に、そこを目指して行動できるようにサポートすることが重要です。

それが整った時、「この会社で仕事を頑張れば、目標達成できる」という感覚につながります。

その感覚がやりがい、充実感へとつながり、モチベーションアップにつながります。

 

 

 

社員のコミュニケーション能力をアップしよう

コーチング・コミュニケーション

働き方改革、就活ルールの廃止、終身雇用制度の崩壊など、働く環境が大きく変わり、人材の流動化が進みます。

人がコロコロ変わっても、上手くいく仕組みづくりということも考えられますが、やる気のある人材を囲い込む仕組みづくりが経営を安定させます。

やる気のある人材を囲い込むためには、社員のモチベーションアップが欠かせません。

そのためには、社員同士の活発なコミュニケーションが行われる環境が大切です。

ぜひ、社員のコミュニケーション能力アップをはかりましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】