組織力とコミュニケーション能力を向上する研修セミナー

コーチング・コミュニケーション

2019年の流行語大賞にワンチームが選ばれました。企業もそうですが、組織に一体感をつくることがもとめられてます。

もちろん、チームワークがあった方が、生産性が高まるからです。それを理解しているのに、多くの企業が組織力アップに苦労します。

組織力を向上させるために重要なことを説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

組織力を求められる背景

コーチング・コミュニケーション

日本政府は、日本の生産性の低さを改善しようと動き出しました。働き方改革による労働時間の削減、同一労働同一賃金制度、有休休暇取得の義務化など、強引に働く時間を減らさせるように動いています。

そのため、企業は社員の労働時間を減らしつつ、利益を成長させていかなければならなくなりました。日本企業は生産性を高める必要があるのです。

 

 

日本企業の生産性は低い

どうして日本政府が強引に動き出したのか、それは日本企業の生産性がいつまでたっても上がらないからです。1人当たりのGDPのランキングは低迷し続けています。日本人の給料だけ、30年間上がらないという状況が続いています。

可処分所得が増えない中、通信費など新しいサービスへの出費が増えるため、古い産業がじり貧になってしまうのです。それが長く続いた結果、日本の競争力がますます落ち込み始めました。というよりも、外国企業の競争力の向上スピードが速いのです。

危機感を感じた日本政府がようやく動き始めました。この改革について行けなければ、企業としては衰退していく可能性があります。

だからこそ、生産性を高める取り組みを急ぐ必要があるのです。

 

 

ワンチームになった方が生産性が高い

好景気が続く中、人手不足が深刻になり、倒産する企業も増加しています。人手不足が深刻な状況の中、少ない人数で競合企業に立ち向かうには組織力が求められます。

少ない人数で、競合企業に勝つには、まさに生産性向上をしなければならないのです。同じ人数、同じスキルのチームが2つあったとします。

生産性の差はチームワークに左右されます。ワンチームになった方が生産性が高いです。ワンチームになる、組織力を強化することが求められます。

 

 

組織力とは

コーチング・コミュニケーション

組織力を強化するとして、何をすれば良いのか。そのためには、組織を構成するものを理解する必要があります。

組織論の学者バーナードが提唱した組織の3要素があります。

 

 

組織の3要素とは

ただの集団と組織の違い。

組織には次の3つの要素が含まれています。

・共通目的
・協働意欲
・コミュニケーション

ワンチームといえばラグビーチームを考えてみると良いです。

勝つという「共通目的」に一丸となり、その目的に対してメンバーは「協働意欲」を持ちます。そして、共通目的を達成するために、メンバー間で「コミュニケーション」を密にします。

それぞれ3つの要素が強ければ強いほど、一体感が強くなります。

 

 

コミュニケーション能力がベースになる

組織の3要素、それぞれが大切ですが、ベースとなるのは「コミュニケーション」です。「コミュニケーション」が無ければ、何もまとまりません。

「共通目的」を共有するのも、コミュニケーションです。そのため、チームワークをつくるためには質の高いコミュニケーションが行えるかどうかにかかっています。

 

 

 

コミュニケーション能力を強化する

コーチング

組織力をアップして生産性を高めるためには、コミュニケーション能力の強化する研修セミナーを受講することがオススメです。コミュニケーション能力を強化する研修もさまざま存在するため、どれを受講すれば良いか戸惑うかもしれません。

そこで、コミュニケーションの基本について説明します。

 

 

コミュニケーションとは

「コミュニケーション能力を強化しなさい」と言われて、多くの方が行うのが「伝える力」を強化することです。「報告・連絡・相談が大切です」を何度も繰り返して、「話す力」を強化させようとします。そして、置き去りにされているのが「聴く力」です。

コミュニケーションは通信です。送信と受信があって初めて成り立ちます。「話す力」だけでなく「聴く力」の強化も必要なのです。

コミュニケーション能力を高めたければ、「聴く力」を強化してください。これまでトレーニングしたことが無いのであれば、伸びしろが大きいため、コミュニケーション能力の改善効果が大きくなります。

 

 

聴く力を強化するコーチング・コミュニケーション

「聴く力をつけなさい」と言われても、多くの方が戸惑います。教えてもらった経験もないし、トレーニングをしたことが無いからです。

そこで、「聴く力」を強化する方法としてオススメするのがコーチング・コミュニケーションのトレーニングです。コーチングスキルのトレーニングが主となります。コーチングとは、「クライアントから気づきを引き出す」スキルです。

「傾聴」「質問」「フィードバック」のトレーニングを通じて「聴く力」を強化します。

 

 

 

聴く力で組織力をアップする研修セミナーを選ぼう

企業研修・各種セミナー

生産性を向上させるためには、組織力を向上させる必要があります。組織力を向上させるためには、組織の3要素の中の、特にコミュニケーション能力を強化する必要があります。コミュニケーション能力を強化するには、「聴く力」を強化することが重要です。

「聴く力」を強化するには、コーチング・コミュニケーションの研修セミナーを受講してください。「聴く力」は集中してトレーニングしないと、上達しないからです。

「聴く力」が無くても、日本語は「聴けた気」がするので、トレーニングへのモチベーションが下がることが多いように感じます。ぜひ生産性向上するためにも、コーチング・コミュニケーションのトレーニングを取り入れてください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】