会社への帰属意識を高めるモチベーションアップ方法

コーチング・コミュニケーション

転職が当たり前になってくるにつれて、重要になってくるのが優秀な人材の囲い込みです。優秀な人材を囲い込むために大切なのが、社員の帰属意識を高めることです。近年従業員エンゲージメントと呼び方でも注目されています。社員の帰属意識を高めるためにはコミュニケーションを不足する解消が大切です。会社への帰属意識を高める方法について説明します。

【帰属意識を高めるコミュニケーションスキルについて】

【目次】

 

会社への帰属意識を高めることが重要

コーチング・コミュニケーション

近年、会社への帰属意識を高めることを求められています。帰属意識とは、この会社に貢献したい意欲、モチベーションのことです。社員の帰属意識を高める理由は次の通りです。

 

帰属意識が生産性を高める

帰属意識が低くなると、会社を辞めてしまうかもしれません。そこまで帰属意識が低くなくても、会社に貢献したい意欲が低ければ、仕事をがんばりません。仕事を頑張らない社員が増えると、会社全体の生産性が落ち込みます。生産性がおちこむと、会社の将来性が不透明になります。そのため、生産性を高めるためには帰属意識を高めることが重要です。

 

帰属意識が離職率を下げる

帰属意識が下がりきってしまうと、会社を辞めてしまう可能性が高まります。もし優秀な人材が辞めてしまうと大変です。その人材を採用して、育成して、その人材がいることが前提で計画してきたことが全て無駄になってしまいます。時間とコストが無駄になります。また、同じレベルの人材を再度、準備するためには時間とコストが必要になります。帰属意識が下がって離職率が高まってしまうと、会社に対して大きなダメージを与えることになります。

【帰属意識を高めるコミュニケーションスキルについて】

 

 

会社への帰属意識が低い理由

コーチング・コミュニケーション

会社への帰属意識が低くなる理由について説明します。帰属意識が低くなる理由は、社員の退職理由から見ると分かりやすくなります。帰属意識が下がりきった結果、退職につながるからです。

 

会社への不満、ストレスが大きい

社員が帰属意識が下がる理由は、会社への不満や職場のストレスが大きいことによります。会社への不満や職場のストレスの要因として次のようなものがあります。

・仕事の質、量
・会社の将来性
・職場の人間関係
・給料の低さ
・評価されない

以上のようなストレス要因があります。給料以外は、人間関係による原因とも言えます。仕事の質や量も、上司の説明の仕方で感じ方が異なります。

 

職場での人間関係が大きな要因

会社を辞める理由として大きな要因として、職場の人間関係があります。職場の人間関係の悪化が帰属意識を下げます。職場の人間関係を悪化させるものは、コミュニケーションの質の悪化です。帰属意識を高めるためには、職場の人間関係を良くすることが大切です。

【帰属意識を高めるコミュニケーションスキルについて】

 

 

会社への帰属意識を高めるコミュニケーション不足の解消

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会社への帰属意識を高めるには、職場の人間関係をよくすることです。職場の人間関係を良くするとは、チームワークの良い職場にするということです。

 

チームワークの良い職場にするコミュニケーション

チームワークの良い職場にするには、コミュニケーションの質を改善することが大切です。メンバー間で喧嘩や無視などの質の悪いコミュニケーションが発生していると、ギスギスした職場になります。

コミュニケーションの質を改善するためには、メンバー間の信頼関係が必要です。メンバー間の信頼関係がないと、コミュニケーションがスムーズに行われません。帰属意識を高めるには、メンバー間の信頼関係を構築し、コミュニケーションを改善することが重要です。

 

将来に期待を持てる職場にするコミュニケーション

帰属意識が下がって、会社を辞める理由として、会社の将来性に不安を感じたからということがあります。経営者や上司が、社員に対して会社の将来性を期待させるように伝えていないことが原因です。

社員とコミュニケーションをしっかりとり、会社の将来性をしっかり信用してもらう必要があります。コミュニケーションが大事ですが、行動も大切です。口では大きなことを言うけど、実績が伴っていない場合、社員に不信感が膨らみます。帰属意識を高めるには、社員に信頼されるようなコミュニケーションが重要です。

【帰属意識を高めるコミュニケーションスキルについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションで帰属意識を高める

コーチング・コミュニケーション

就活ルール廃止、終身雇用制度の崩壊、働き方改革、少子高齢化などによって労働者の働く環境が大きく変わりつつあります。転職が当たり前になってくる中、重要なのが優秀な人材の囲い込みです。優秀な人材の帰属意識を高めることが必要です。また社員を長期的な計画で育成するためにも帰属意識を高めることが重要です。

帰属意識を高めるためには、コミュニケーション能力強化が必要です。帰属意識を高めるためのコーチング・コミュニケーション研修セミナーを行っています。ぜひご活用ください。

【帰属意識を高めるコミュニケーションスキルについて】