セルフコーチングの活用~仕事のストレスコントロールのやり方

感情とストレスコントロール

企業間競争がグローバルに広がり、人手不足、働き方改革などが重なり、仕事の忙しさはますます増しています。そのため、働く人のストレスは増え続けているようです。ストレスチェック制度が始まっていますが、思うように効果を上げていないようです。ストレスを軽減するために大切なポイントを説明します。

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

【目次】

 

ストレスの多い時代

コーチング・コミュニケーション

いつの時代もストレスは多いとは思います。一応、平和な時代となり、ストレスは少なくなるはずなのに、精神疾患になる患者さんが増えつづけています。便利な世の中になっているはずなのにどうしてなのでしょうか。

 

時間の流れが速い

その要因としては、時間の流れが早くなっているためと感じます。照明機器の発達により、人が活動できる時間は24時間となり、時間は増えたように感じます。しかし、それ以上に処理しなければならない情報量が多い。つねに何かに追われている感じになります。

スマホをもっているので常に誰かにつかまります。強迫観念から、スマホ依存などになり、常に心が休まらない状態になります。

 

自由が逆にストレス

価値観が大きく多様化し、個人を大事にする価値観になってきた感じがあります。かといって、自由にされ過ぎると、何をやって良いのかわからないストレス。誰かに従うのは自分の自由が奪われるのでは無いかというストレス。うまくやらないといけないのに、できないというストレスになっていってるように感じます。

マスコミやインターネットの情報に踊らされ、あれもこれもできる、やらなければならないという状況にしんどくなります。

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

ストレスが多い問題

メンタルヘルス

ストレスが多い問題は発生し始めています。毎年のように精神疾患による労災申請が増えつづけています。

 

メンタルヘルスの悪化

働き方改革などで、労働時間が減らされているのに、仕事量が増えているという状況。さらに焦りをうむような状況が生まれています。

そのため、ストレスによりメンタルヘルスがダウンして、休職する社員が増えています。一旦メンタルヘルスの問題が発生すると、回復するまで時間がかかります。そして、職場の雰囲気がさらに悪くなります。

 

生産性の低下

ストレスが大きくなり、社員がメンタルヘルスの問題でダウンする、退職するとなると、仕事の生産性が低下します。誰かが抜けた要因により、残った社員への負荷のしわ寄せによって、ストレスがさらに大きく膨れ上がります。

その結果、職場の雰囲気が悪くなり、生産性の改善が進みません。新たに人を入れるにしても、教育負担が増えるため、ストレスが減りません。ストレスが増えないように事前に備える施策が大切です。

 

ストレスをコントロールする方法

コーチング・コミュニケーション

栄養ある食事、睡眠時間、適度な運動は当たり前として、その他ストレスをコントロールする方法について説明します。忙しすぎると、睡眠時間などが確保できなくなるため、まずは仕事に余裕をつくるのが大切です。

 

やらないことを決める

仕事を考え無しに片っ端から片付けていると非効率になります。小口の仕事が新たに追加されるごとに、仕事が複雑化します。思い切って、生産性の改善を行いましょう。まずやるのは、整理です。やらなくても良いもの、重要性の低いものは思い切ってやめてしまうのも大切です。

 

捉えかたを変える

ストレスを感じるのは、嫌な作業をやらされるからです。そして、ストレスをつくるのは自分の性格的な部分が要因になるケースが多いです。同じ作業をしているのに、ストレスに感じる人と、ストレスに感じない人がいます。つまり、出来事をどのようにとらえるかによってストレスの大きさが変わるのです。少し訓練が必要ですが、捉え方を変えるトレーニングをしてみてください。

【コラム】セルフコーチングの効果的な方法とメリット・デメリット

 

 

セルフコーチング能力をつけよう

リーダーシップ

競争環境が激しくなっているため、常にストレスにさらされています。昔の人のように、単純な作業をやっていればよいわけでは無くなりました。仕事もあるしプライベートもあるし、エンターテイメントもさまざまあります。

全てやっていると時間が足りません。自分にとって何が大切なのか、改めて見つめなおす作業が大切です。そのためにもセルフコーチングのスキルの習得をオススメします。

【人間関係のストレスを軽減するコミュニケーション方法】