働き方改革による社員のストレス増加をマネジメントする

人事評価制度

残業時間規制、有給休暇取得の義務化、同一労働同一賃金など働き方改革の導入がすすんでいます。社員の働く環境改善を目的としていますが、逆に社員のストレス要因となる場合があります。働き方改革に納得いかない社員や改革を進める側の管理職などストレスが増える可能性があります。ストレスが増えたら、職場の生産性が低下します。管理職は部下のストレスをマネジメントすることがもとめられます。

【社員のモチベーションを引き出す方法について】

【目次】

 

働き方改革による部下のストレスは高くなる?

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

働き方改革というと、社員の働きやすさを追求する改革のため、ストレスが減る方向に作用することが考えられます。しかし、運用の仕方によってはストレスが増える可能性があります。

 

同一労働同一賃金によるストレス

大企業から同一労働同一賃金が始まりました。正規社員と同じ仕事をしているのに、給料の少ない非正規社員の不公平感を改善することが目的です。非正規社員のストレスの改善の一方、正規社員にしわ寄せの可能性があります。原因は賃金をどちらに合わせるかです。

企業は総人件費を増やしたくありません。そこで非正規社員に賃金を合わせると、正規社員のストレスが増えます。非正規社員にボーナスを与えようとすると、月給の減額につながり、非正規社員にとっては何もかわらないことになります。非正規社員にとっては期待が大きかっただけにガッカリ感からストレスが増えます。

 

労働時間減少によるストレス

働き方改革により、残業時間規制や有給休暇取得の義務化が進んでいます。そのため労働時間が減少することになります。残業時間が減ることによって、収入が減少してストレスが増える人がいます。また、仕事が好きな人にとっては労働時間が減ること自体がストレスになります。

【社員のモチベーションを引き出す方法について】

 

 

部下のストレスマネジメントが大切

コーチング・コミュニケーション

働き方改革といいながら、逆に部下のストレスを増やすことになる可能性があります。管理職は部下のストレスマネジメントがもとめられます。

 

モチベーションアップのため

管理職の役割は、チームの生産性の向上とチームの成果の最大化です。部下のモチベーションが低下すると、それだけ生産性が低下することになります。管理職としての責任を果たすことができなくなります。部下のストレスを減らし、モチベーションアップにつなげる取り組みが大切です。

 

離職率の改善のため

部下のストレスが大きくなり、モチベーションが下がりきると退職につながる可能性があります。離職率がアップすると貴重な戦力を失うことになります。結果としてチームの生産性が悪化します。管理職としての役割を果たすためには、部下のストレスマネジメントが重要です。

【社員のモチベーションを引き出す方法について】

 

 

上司のコミュニケーション能力が重要

コーチング・コミュニケーション

職場のストレスマネジメントのためには上司のコミュニケーション能力が重要となります。働き方改革の制度自体は動かすことができません。上司がどのような説明をおこなうかによって、部下のストレスが変わります。

 

部下のストレス要因は上司かも

職場のストレス要因として、常に上位に挙げられるのが上司との人間関係です。同じ制度であっても、上司の関わり方によってストレスが変わります。部下がストレスに感じるのは、上司のやり方に納得できないことです。「会社が決めたことだから黙って従え」では部下は納得できません。管理職が丁寧に伝えることが大切です。

 

上司のコミュニケーション能力がもとめられる

上司と部下の人間関係を改善するには、上司のコミュニケーション能力強化が重要です。基本的に上司の方がコミュニケーション能力が高いと考えられます。しかし、そのコミュニケーション能力は「話す力」に偏っています。管理職になってもとめられるコミュニケーション能力は「聴く力」です。部下の話を丁寧に聴いてあげる、聴く耳をもった上司になることが大切です。

【社員のモチベーションを引き出す方法について】

 

 

働き方改革を成功させるために部下のストレスマネジメントを

コーチング・コミュニケーション

国は企業に働き方改革の導入を推進しています。その目的は、企業の生産性向上です。しかし、働き方改革によってストレスが増えるようでは、逆に生産性を低下させてしまいます。働き方改革を成功させるためには、管理職による部下のストレスマネジメントが大切です。管理職の聴く力コミュニケーション能力を強化して、部下のストレスを低減しましょう。

【社員のモチベーションを引き出す方法について】