上司のリーダーシップを強化!コミュニケーション能力を高める方法

従業員エンゲージメント

日本の生産性が低いことが問題視されていますが、組織力を強化することによって改善することができます。ワンチームという言葉が流行っていますが、組織が一つになることによって、生産性が大幅に向上します。組織の一体感を醸成するために大切なことを説明します。

【ワンチームをつくるコーチングスキルについて】

【目次】

 

会社の業績をアップするには

コーチング・コミュニケーション研修

会社は業績をアップさせたいと考えています。どの会社もそれは共通しています。しかし、日本の企業の7割は赤字と言われています。世界的に見ても、日本の企業は成長力が弱いです。その原因はなぜ起こるのでしょうか?

 

組織力の差で決まる

会社の業績を決める要素は、組織力です。高学歴の学生が集まれば、業績が良くなるのかというとそうではありません。日本の大企業の社員のほとんどが高学歴です。情報化社会の中、どの企業も持っている知識や情報はそれほど差があるわけではありません。

知識や経験が差をいうとしたら、創業100年を超えていても中小のままの会社と、学生が起業してそのまま上場企業になる会社の差は何でしょうか。その差を生み出しているのは、組織風土を含む組織力の差です。

 

リーダーシップで決まる

「経営者が変わると会社が変わる」と言われるぐらい、リーダーの影響が大きいです。組織は、リーダーを筆頭に構成されます。ポジティブなリーダー、ネガティブなリーダーで経営判断が変わります。積極的か慎重か、どちらが正解かは結果をみなければわかりませんが、会社の将来がリーダーのタイプにより左右されます。

また、社員に慕われるリーダーか、社員に嫌われるリーダーかによって、組織力が変わります。組織力が低ければ、会社の業績は落ち込みます。リーダーが経営判断を間違えれば、会社の業績は落ち込みます。逆に言えば、リーダーシップを含む組織力を強化すれば、業績アップができるということです。

【ワンチームをつくるコーチングスキルについて】

 

 

組織とは

コーチング

改めて、組織とは何かを考えて見ましょう。チームビルディングをするとき、組織の三要素を意識すると、何を強化すれば良いか分かりやすくなります。

 

組織の3要素

組織の3要素とは、ただの集団を組織に変えるために必要な3つの要素です。組織の3要素は以下のものです。

・共通目的
・貢献意欲
・コミュニケーション

これら3つを強化することで組織の一体感を醸成することができます。スポーツのワンチームも同じ意味です。スポーツチームがワンチームになるのは「勝つ」という共通目的があるからです。それが魅力的な目的だから、みんなの貢献意欲が高まります。そのため、コミュニケーションを密にして一致団結します。

 

 

コミュニケーションとリーダーシップ

会社の場合、組織の一体感を生むためには、魅力的な共通目的を示す必要があります。目標は年商〇億円といっても、リーダーには魅力的かもしれませんが、メンバーには何の意味もないのかもしれません。メンバーにとっても魅力のある目標を示さなければ、貢献意欲は高まりません。

リーダーは目標を指し示し、かじ取りをしなければなりません。リーダーがかじ取り、推進力を決めるのが組織力です。組織が一丸になれるかどうかは、コミュニケーションをどれぐらい強く密にできるかにかかっています。コミュニケーションを活発にする仕組みをつくることもリーダーの役割です。

【ワンチームをつくるコーチングスキルについて】

 

 

コーチング・コミュニケーションが重要

コーチングスキル

組織の一体感を醸成する方法として、コーチング・コミュニケーションを取り入れることをオススメします。コーチングスキルを活用したコミュニケーションを取り入れることにより、リーダーの意思決定のスピードと正確性の向上、メンバー間のコミュニケーションの活性化が行われます。

 

リーダーシップ強化はコーチングを受ける

リーダーはコーチングセッションを受けることにより、意思決定の精度とスピードが向上します。上述したように、リーダーのかじ取りで会社の将来は決まります。少し様子を見ようというのも意思決定です。多くの日本企業が、後手後手に回ったため、競争力を失いました。

事業再生案件に追い込まれる企業も、「ここまで悪くなるとは思わなかった」「すぐに良くなると思った」と甘い経営判断をしていたところが多いです。だからこそ、リーダーには意思決定をサポートする仕組みが必要です。意思決定をサポートする仕組みのある会社とない会社では、会社の将来が大きく変わるでしょう。

 

コミュニケーション強化はコーチングを学ぶ

リーダーのかじ取りが良くても、メンバーがバラバラだったら成果は上がりません。コミュニケーションを密にして一体感を醸成しなければなりません。コミュニケーション能力強化には、コーチングスキルを学ぶことがオススメです。

コミュニケーション能力強化というと、一般的に「話す力」を鍛えようとされる方が多いですが、足りないのは「聴く力」です。リーダーも含め「聴く耳」を持たない人が多いと、メンバーは意見を言わなくなりますし、対立が生まれます。そして、組織力が弱くなります。コーチングスキルを学ぶと「聴く力」が強化されます。そのため、コーチング・コミュニケーションを取り入れることをオススメします。

【ワンチームをつくるコーチングスキルについて】

 

 

コーチングで組織の一体感を醸成

人事評価制度

業績の良い会社は、活気がある組織でしょう。リーダーが指し示す方向にメンバーが信頼していて、メンバー間のコミュニケーションも活発なのでは無いでしょうか。

組織に一体感を醸成するには、組織の3要素「共通目的」「貢献意欲」「コミュニケーション」を強化することが大切です。コーチング・コミュニケーションを取り入れることにより、それらを強化することができます。競合企業より先に、一体感ある組織づくりを進めてください。

【ワンチームをつくるコーチングスキルについて】