離職率を改善するコミュニケーション能力の強化方法-聴く力をアップ

ストレスケア

人手不足倒産が深刻になっているニュースを耳にする機会が増えています。そこで離職率を改善するコミュニケーション能力を強化する方法について説明します。

社員が退職する理由の上位はほぼコミュニケーション能力不足が原因になっています。コミュニケーション能力を強化することによって、離職率の低下が期待できます。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

人材確保が課題に

コーチング・コミュニケーション

好景気が続く中、仕事が増える一方、人口減少により、人材確保が困難になってきています。業界によっては、募集をかけても応募が無いという状況に陥っています。

人材確保をいかに効率よくしていくかが各社の課題となっています。

 

 

人手不足が深刻に

採用が苦しい状況の中、人手不足が原因で倒産する企業が増加傾向にあります。働き方改革で労働時間が減らされるのに、人材まで減ったらどのように仕事をこなせばよいのかという矛盾も生じています。

人手不足を解消するため、人件費が上昇し、経営を圧迫するケースも見られています。外国人の採用に踏み切る会社はまだよいですが、その準備ができていない会社は苦しい状況が続きます。

 

 

離職率を改善することが重要

採用が難しくなってくると、今度は辞められないことが重要になってきます。労働者有利の状況の場合、労働者は同じ仕事ならより条件の良いところに転職しやすくなります。だから従業員満足度を高めることが重要になってきます。

会社を辞める理由ランキングを検索してみると、だいたい同じ傾向が見てとれます。給料は、変えることが難しいのでそれ以外の理由としては次の2つです。

・人間関係の悪化
・仕事にやりがいを感じない

離職率を改善するには、この2つを解消することが重要です。

 

 

 

離職率を改善するには

コーチング・コミュニケーション

離職率を改善するには、退職理由を改善することがもとめられます。社員も辞める理由がなくなれば、離職することは減るでしょう。

 

 

人間関係を改善する

会社を辞める理由として、常に上位にあるのが「人間関係」です。とくに、上司との人間関係です。パワハラやセクハラも含みます。

以下のようなことがあると人間関係が悪くなります。

・いつも怒られる
・否定、批判ばかりされる
・意見を言ってもきいてもらえない
・ネガティブな評価ばかりされる
・やりたくない仕事をおしつけてくる
・責任ばかりおしつけてくる
・アイデアや成果を奪われる

これらを改善するためにはコミュニケーション能力を強化する必要があります。

 

 

仕事のやりがいを考える

仕事のやりがいも重要な要素です。仕事自体が面白くないということもありますが、それ以外にも以下のようなことが含まれます。

・何の役にたっているのか分からない
・評価してもらえない(給料が低い)
・将来性を感じない
・自分の成長が感じられない
・誰でもできる仕事に感じる

これらも、深堀するとコミュニケーションの問題です。上司が部下に対して、部下の仕事の価値、将来性の期待をきちんと伝えていないこと。

また、部下をきちんと評価を伝えていないことが原因です。コミュニケーション能力の問題です。

 

 

 

コミュニケーション能力を強化

コーチング・コミュニケーション

離職率を改善するには上司のコミュニケーション能力の強化がもとめられます。もし、部下のコミュニケーション能力が低いのが問題と思っていたら、いつまでも改善しません。

上司になると、聴く力の強化が重要になります。

 

 

コミュニケーションとは

「コミュニケーション能力を強化しなさい」といわれると、多くの方がスピーチ力やプレゼンテーション力など「話す力」の強化に走ります。部下が報連相をしないから、部下の「コミュニケーション能力が低い」と評価する上司が多いですが、どちらも「コミュニケーション能力=話す力」と捉えています。

コミュニケーションは双方向です。「話す力」だけではなく「聴く力」も必要です。部下が報連相しないのではなく、上司が部下に報連相させていない可能性があります。上述したように、人間関係が悪化するコミュニケーションをとっているとしたら、上司のコミュニケーション能力に問題があります。

部下が安心して本音で話せる環境をつくることが「聴く力」です。この力を高めない限り、職場のコミュニケーションは改善しません。

 

 

聴く力をアップする方法

多くの方が「聴く力」の強化方法を知りません。習ったことが無いからです。「聴く力」をアップする方法としてオススメがコーチングスキルのトレーニングです。

コーチングスキルとはティーチングと異なり、相手に「指示、命令、アドバイス」するのではなく、相手から「気づき」を聴き出すスキルです。相手に本音でたくさん話をしてもらう必要があるため、信頼関係構築が前提で機能します。

コーチングスキルのトレーニングをすることによって、聴く力が強化され、人間関係が改善します。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れよう

コーチング・コミュニケーション

各社、採用が困難な状況が続いており、離職率改善が大きなテーマになっています。離職率が上昇する理由は、「人間関係の悪化」と「仕事のやりがいを感じない」などです。どちらもコミュニケーション能力の強化によって改善できます。

コミュニケーション能力を強化するには、聴く力を強化した、コーチン・コミュニケーションを取り入れることがおすすめです。多くの方が「聴く力」を強化したことが無いので、伸びしろが大きいです。しかし、相当のトレーニングは必要です。

ぜひトレーニングがしっかりしているカリキュラムの企業研修を選んで強化してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】