ビジョナリー経営-ブレナイ経営を実践する方法

コーチング・コミュニケーション

ビジョナリーカンパニーという書籍を読んだことがありますか?経営者が変わっても、大きく成長し続ける企業のことを指します。それらの会社が取り入れているのが、ビジョナリー経営です。稲盛和夫さんは理念経営と呼んでいます。そのビジョナリー経営について説明します。

【ビジョナリー経営導入プログラムについて】

【目次】

 

ビジョナリー経営を導入する

人事評価制度

弊社ではビジョナリー経営の導入をオススメしています。ビジョナリー経営について説明します。

 

ビジョナリー経営とは

ビジョナリー経営とは、理念経営とも呼ばれます。まずビジョンを明確にして、それを達成する為に経営します。他の経営手法との違いは、課題をどこに置くかです。ビジョナリー経営は、ビジョンと現状とのギャップに課題を置きます。

 

経営理念とビジョン

経営理念とは、「この会社がどうして存在するのか」存在理由を表現したものです。そして、ビジョンとは、経営理念を達成したときの、具体的状態を表現したものです。経営理念とビジョンがあるかどうかで、場当たり的に経営をしているのか、目的に向かって経営しているのかがわかれます。創業者が変わっても、会社が成長し続けて行くためには、経営理念とビジョンは必須のものと考えます。

【ビジョナリー経営導入プログラムについて】

 

ビジョナリー経営のメリット

ビジョナリー経営

ビジョナリー経営のメリットを説明します。ビジョナリーカンパニーを目指すために大切なことです。

 

ブレない経営ができる

経営理念を元に、ビジョンを明確にするので、会社の目指す方向が明確になります。外部環境が大きく変化したとしても、最終ゴールは変わりません。常に、外部環境がどうなったとしても、その状態から最終ゴールへ近づくにはどうすれば良いかを考えます。そのため、何をやり、何をやめるかが明確になります。

無駄な仕事に場当たり的に取り組む事が減り、効率的な経営ができます。ブレない経営ができることが大きなメリットです。

 

社員と目的を共有できる

社員が会社を辞める理由に、「将来性に不安を感じた」ということがあります。会社が将来どうなるかわからず、不安に感じるからモチベーションが下がるのです。ビジョナリー経営では、将来のビジョンを先に明確にしてからスタートします。

社員と将来のビジョンを共有することができるため、一体感のある行動をとることができます。ワンチームになるためには、共通目的が必要なのです。

【ビジョナリー経営導入プログラムについて】

 

 

ビジョナリー経営導入に大切なこと

コミュニケーション

ビジョナリー経営導入するために大切なことを説明します。創業者の場合は、経営者自身の中に創業理念がありますが、外部に見えない場合が多いです。後継者にもその想いが継がれるようにするためには、言語化していく必要があります。

 

ステークホルダーが共感できる経営理念

ビジョナリー経営は理念経営とも呼ばれることからも、経営理念がまず最初に必要です。そして、それはステークホルダーから共有される必要があります。まれに、「利益の最大化」という経営理念を掲げている企業があります。

経営者にとっては良いことかもしれませんが、社員には還元されていないかもしれません。お客様にとっては、高値で販売されているのかもしれません。ステークホルダーに共感されない経営理念では、一体感が生まれない可能性が高まります。

 

コミュニケーション能力を強化

ビジョンが明確になったとしても、経営者以外誰もしらなければ、無いのと同じです。ステークホルダーと共有していく必要があります。そのために必要なのがコミュニケーション能力です。会社の規模が大きくなってくると、管理職のコミュニケーション能力も重要になってきます。

組織が、ビジョンに向かって一丸となるためには、組織内のコミュニケーションが活発になる必要があります。

【ビジョナリー経営導入プログラムについて】

 

 

ビジョナリー経営でワンチームに

コーチング・コミュニケーション

外部環境は大きく変化する近年、外部環境の影響を大きく受けます。そのとき、外部環境に振り回されるかどうかは、企業の体質に左右されます。外部環境変化にもブレずにワンチームで行動するには、ビジョナリー経営は最適です。

ビジョナリー経営を導入するためにも、経営理念の策定、コミュニケーション能力強化に取り組みましょう。

【ビジョナリー経営導入プログラムについて】