働き方改革、健康経営など仕組みづくりで社員を元気にする

健康経営

健康経営という言葉、少し落ち着いてきた感じがするのですが、取り組み状況いかがでしょうか?

 

従業員が元気で無いと会社も元気を失う

国が従業員の健康を重視した取り組みをしているかに対して優遇措置を検討しているそうですね。

どこまで進んでいるのでしょうか?

ところで、大企業向けの話と一蹴してしまう、中小企業の経営者も多いのではないかと思います。

そのような経営者のもとで働く従業員はかわいそうですね。それで、定着率が悪いと嘆いている経営者もいます。

状況的には苦しくても、なんとか時代に合わせて働く環境を良くしていこうとする意志が伝わるだけでも従業員は楽になります。

また、最近は身体的な健康とともに精神的な健康も注目されています。ぜひ、微力でも健康経営に向けた取り組みを始めていただきたいなと感じます。

 

ストレスチェック制度活用していますか?

50人以上の職場からですが、ストレスチェック制度が始まっています。

ストレスチェックの結果によっては、対象者に対して面接指導を行うことになっています。しかし、それを受けに来ない方がまだまだ多くおられるそうです。

制度そのものに疑問を持っておられる方も多くいるとのこと。まだまだ制度の意義が納得してもらえるほど伝わっていないんですね。

なかなかそのような方々に受けろといっても、納得してもらえないでしょう。おそらく、そのような方の部下になられる方も大変なんでしょうね。

だから、会社全体としてどのような社風を作っていくのかという視点が大切な気がします。

 

部下のメンタルを気にするのが上司の役目

部下がメンタル不調にならないようにするにはどうするのか?

まず、自分とは違うということを理解することです。上司はバイタリティに溢れ、なんでもアグレッシブに行動したから出世できたのだと思います。だから、部下にも同様に頑張れば、同じようになれるよって思いで、関わるのかもしれません。

ただ、それは部下にとっては、親切の押し付けであって、ストレス以外の何物でもありません。上司自身も思うように育ってくれなくて、ストレスになると思います。

コミュニケーションが一方向に偏るとこのような問題が発生しやすいです。上司の考えを伝えたうえで、部下の考えもしっかり聴く

納得いくまで話し合う。そのようなかかわり方が必要だと感じます。

 

ブラック産業医?

ニュース記事の中に「ブラック産業医」なる言葉を見つけました。

どういうものなんでしょう?精神疾患による労災認定は増加傾向にあります。

企業間競争の激しい中、従業員にかかるプレッシャーは大きなものになっています。

そのため、鬱などの精神疾患にかかる人が増えており、産業医の役割というものが重要なものになっています。

だから産業医は従業員の味方ってイメージがありました。

しかし、中には会社側の味方となって、鬱になった従業員を退職に追い込むことに協力する産業医もいるそうです。それをブラック産業医と呼んでいるそうです。

産業医の中には、企業に嫌われたくないという気持ちが働いても仕方ないでしょうね。医者としては安定した顧客になるわけですから。

だから企業側の態度が重要になっています。従業員のストレスを抑えるためにどのような取り組みをしていますか?

 

職場の仲間意識を養うための取り組み

社歌ありますか?

中小企業で社歌づくりがブームになっているという記事を見つけたので。

組織の思いを一つにするために効果的なんでしょう。甲子園などスポーツでも、校歌や応援歌など歌って、気持ちを上げていきますもんね。

今は人材不足や事業継承が課題になっている中小企業が数多くあります。そのような課題に対して、社歌が大きな効果を生んでいるそうです。もし組織力に課題を感じているなら社歌づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】