コーチング大阪コミュニケーション

ビジネス企画力強化研修(デザイン思考、ビジネスモデルキャンバス)
①組織力強化研修を受講が前提。

 

企業間競争がグローバルに広がり、事業企画、商品企画など、新しいことを生み出す部署は、イノベーションをおこす企画力がもとめられています。日本企業は、高学歴の人材が集まり、資金も豊富で、情報も豊富なのに、イノベーションが起こせないと指摘されています。改めて企画力を強化する方法を採用する必要があります。

ところで、多くの経営者や管理職が、社員に対してイノベーションをおこすことをもとめています。「逆にイノベーションを起こす方法を教えてください」と言われると、答えられない経営者や管理職が多く存在します。「イノベーションを起こせ」といえば、イノベーションが起きるほど簡単な課題ではありません。イノベーションを起こすためには、イノベーションが起きるように「仕掛け」をつくることが大切です。

 

海外ではイノベーションを起こす手法として「デザイン思考」が取り入れられています。国内の企業でも採用が広がっています。「デザイン思考」のカギは、「小さな失敗を数多くすること」です。これが失敗を認めない日本企業には苦手とするところです。しかし、「失敗しない=チャレンジしてない」となり、イノベーションを起こす企画力は生まれません。「イノベーション=これまでにない未知のもの」なので失敗が必ずついてくるものだからです。

 

デザイン思考を取り入れている企業に勝つためには、それ以上のことが求められます。少しずつでも導入していくことが大切です。また「ビジネスモデルキャンバス」も同じようなフレームワークです。単独でも活用できますが、「デザイン思考」と「ビジネスモデルキャンバス」を組み合わせて使うと、より効率的に企画力を強化することができます。

 
【目的】
経営者・事業企画や商品開発部門の管理職の企画力を強化する。(デザイン思考、ビジネスモデルキャンバスを知る)

デザイン思考の導入により、アイデアが創発されていくことを体験します。一度、デザイン思考の流れを把握することにより、企業内で再現させられることを目指します。デザイン思考、ビジネスモデルキャンバスを実践に取り組むきっかけづくりが目的です。

また、コミュニケーション能力、特に「聴く力」が大切なことを確認していただきます。「絶対成功するのか?」「失敗したらどうする?」「誰が責任を取るんだ?」の言葉がイノベーションをつぶすからです。

企画力、イノベーションを起こすために大切なことを、デザイン思考、ビジネスモデルキャンバスを通して学ぶ企業研修です。

【時間】
 3時間

【定員】
 20名

【料金】
 20万円(税抜き)

【主な内容】

  • デザイン思考とは
  • デザイン思考が必要とされる理由
  • デザイン思考で活用するアイデア創出法
  • デザイン思考の流れ
  • デザイン思考から、ビジネスモデルキャンバスまで一貫して、新商品・新サービスを開発する手順を体験するワークショップ

 

#企画力 #新商品 #新サービス #企画開発 #イノベーション #デザイン思考 #ビジネスモデルキャンバス #創発 #グループダイナミクス