人事評価制度

「経営者の仕事は組織づくり」と私たちは考えます。

経営者は一人で仕事を処理できないから、社員を雇います。そして経営者に代わって仕事を処理してもらう組織を作らなければなりません。なぜなら社員を雇っただけでは仕事が進まないからです。この組織の生産性が会社の業績を左右します。だから「経営者の仕事は組織づくり」と考えます。

近年、ワンチームという言葉が流行っています。ワンチームも組織力が強い状態を表す言葉です。ワンチーム以外にも、組織の一体感、団結力、チームワーク、チームビルディングなど組織づくりで使われる言葉が溢れています。それは、組織づくりの成否が会社の将来を決めるからです。

弊社では、組織づくりをバーナードの組織の3要素に沿ってサポートします。組織の三要素とは以下の通りです。
・共通目的(経営理念・リーダーシップ)
・協働意欲(モチベーション)
・コミュニケーション(コーチングスキル)

組織づくりで、最初にもとめられるのは経営者のリーダーシップです。リーダーシップとは、具体的には意思決定のスピードと精度です。どんなに優秀な社員がいたとしても経営者が判断を誤ると経営に悪影響を与えます。逆に、経営者の意思決定のスピードと精度がどんなに優れていたとしても、社員がついてこないのであれば成果につながりません。そこで次にもとめられるのが社内のコミュニケーションの活性化です。経営者は社員のモチベーション(協働意欲)を引き出さなければなりません。

リーダーシップ強化の【ビジョナリー経営導入プログラム】
協働意欲強化の【モチベーションアップ】
コミュニケーション強化の【コーチング・コミュニケーション研修】
その他の【サポート会社紹介】

コミュニケーション力を強化すると組織が一丸となり、生産性が向上します。上司-部下間のコミュニケーションを強化するためにはコーチングスキルが欠かせません。【コーチング・コミュニケーション研修】を活用してください。

組織が一丸になっても、リーダーの方向性が間違えると業績に悪影響があります。リーダーの方向性の精度を向上するために経営者を対象としたエグゼクティブコーチング【ビジョナリー経営導入プログラム】を用意しています。

その他【企業研修・各種セミナー】では組織力強化のための知識や、コーチングスキル、デザイン思考、マインドフルネスなど企業研修を用意しています。

詳しくは下のメニューをクリックしてください。

・ビジョナリー経営導入プログラム
モチベーションアップ
コーチング・コミュニケーション研修
サポート会社紹介