コーチング・コミュニケーション
社員のメンタルヘルスに気づかい
 
社員のモチベーションを引き上げ
 
社員をまとめて組織に一体感を生む
 
管理職の役割です。
 
組織の一体感を生むためには、コミュニケーションの活性化が欠かせません。
 
組織の中心となる管理職のコミュニケーション力強化を支援しています。
 
 
 

コミュニケーション力が会社を変える

コーチング大阪コミュニケーション
 
 
コミュニケーション力が会社に与える影響は大きいです。
 
社員の提案に対して、どのようにコミュニケーションをとるか?
 
「それは難しいからやめとこう」「やってみよう!」
 
どちらで答えるかで、会社の将来が決まります。
 
 

コミュニケーション力不足によって発生する問題

 
管理職が社員とどのようなコミュニケーションをとるかによって、社員のストレス・モチベーションが大きく変動します。
 
会社で発生する大きなストレス要因は「人間関係」です。
 
社員が退職する理由の上位も「人間関係」です。
 
「人間関係」はコミュニケーションの質が低下すると悪化します。
 
「仕事の質」や「評価してもらえない」という理由もありますが、どちらも社員とのコミュニケーション不足により発生します。
 
コミュニケーションの質によって、社員のモチベーションを大きく下げる場合があります。
 
さらには、コミュニケーションがスムーズに行われないことによって、仕事が進まなくなることがあります。
 
コミュニケーションが無くなると、組織がバラバラになります。
 
 

コミュニケーション力強化によって得られる効果

 
コミュニケーション力が強化されると、上述の問題が逆転し始めます。
 
ストレスが減少し、モチベーションが高まり、定着率が向上し、組織に一体感が生まれます。
 
コミュニケーションがスムーズに行われることによって、生産性が高まります。
 
組織論の観点からもコミュニケーションは大切です。
 
組織を構成する3要素は次の3つです
 
・共通目的
・コミュニケーション
・協働意欲
 
コミュニケーションを強化することによって、組織力は強化されます。
 
 
 
 

コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーション
 
 
コミュニケーションとは何か?を正確に理解している方は少ないです。
 
コミュニケーションとは「伝えること」と思っている方が多いです。
 
「話す力」と「聴く力」の双方向があってコミュニケーションは成立します。
 
 

話す力・伝える力

 
「コミュニケーション力をつけろ」というと「話す力」を磨く方が多いです。
 
「スピーチ力」「プレゼン力」「説得力」「交渉力」
相手に理解してもらうためにどのように伝えるかを磨きます。
そのため多くの方は「話す力」は強いです。
 
それでも相手に伝わらないことがあるからと、「話す力」をさらに磨こうとします。
管理職の「話す力」は伸びしろが小さいです。
 
 
抜けている視点があります。
 
相手に理解してもらうために伝えるには、相手のことを理解して言葉を選ばないといけないのです。
小学生に伝えるためには、小学生にも理解できる言葉を使わないといけません。
多くの方は、相手のことを理解するために「聴く力」という視点が抜けているのです。
 
 

聴く力

 
それでは「聴く力」を強化してください。
 
そう言うと多くの方が何をしたらよいか戸惑います。
 
「ちゃんと聴いてたのか?」と言われないようにするためにはどうするか?と考えたりします。
集中して聴けば、聴けるのか?という視点もあります。
 
小学生でも、難しい話を「ちゃんと聴いてたのか?」と言われないようにする方法は?
 
 
「聴く力」の捉え方は、人によってさまざまです。
 
ここでは、「聴く力」がある人ほど、「相手が本音でたくさん話す」と捉えてください。
「聴く力」がある人は、相手のことを理解できやすくなります。
そして、相手が理解できる言葉で伝えることができます。
 
成功体験の多い管理職ほど、自分基準でものを見るようになり、部下の気持ちが見えなくなりがちです。
 
 

コーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーション
 
「聴く力」を強化するためにオススメしているのが、コーチング・コミュニケーションです。
コーチングスキルを取り入れたコミュニケーション手法です。
 
 

コーチングとは

 
コーチングとは「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるコミュニケーションスキルです。
簡単に言うと「相手から本音を引き出すスキル」です。
 
「聴く力」と同じです。
 
コーチングスキルをマスターすると、「聴く力」が強化されます。
 
 
コーチングスキルオススメする理由は、「聴く力」強化だけではありません。
本来の目的は、クライアントの目標を達成することをサポートすることです。
 
コーチングの語源は「馬車」です。
「お客様を希望の目的地までつれていく」ためのスキルです。
部下の育成の責任をもつ管理職にとっては、必要なスキルです。
 
 
 

コーチング・コミュニケーションメリット

 
コーチング・コミュニケーションを取り入れると「聴く力」が強化され、コミュニケーション力が強化されます。
 
コミュニケーション力が強化されることによって、次のようなメリットがあります。
 
・社員のモチベーションが高まる
・社員のストレスが減る
・組織の一体感が増す
・仕事がスムーズに進み、生産性が高まる
・コーチングスキルにより部下の成長が促される
・働きやすい職場になる
・定着率が高まる
・業績が改善する
 
組織の一体感がうまれることによる良い影響は大きいです。
 
自社の組織風土を改善したいと考えるならコミュニケーション力の強化が欠かせません、
 
 
 
 

発言しやすい楽しい職場にしよう

事業承継
 
誰も意見を出さない職場より、みんなが活発に意見を出す職場の方が生産性が高いのは明らかです。
みんなが発言しやすい職場にするためにも、コーチング・コミュニケーション研修を受講してください。
 
コミュニケーション力強化は時間がかかります。
組織力強化も企業間競争の一つです。
 
ぜひ、他社より早くコミュニケーション力強化に取り組んでください。
 
 
 
 

コーチング・コミュニケーション研修について

企業研修・各種セミナー
 
 
Act And Actのコミュニケーション力強化は【聴く力】強化を重視しています。
 
コミュニケーションは【話す力】と【聴く力】で構成されています。
しかし、【聴く力】の強化方法を知らない方が多くいます。
 
だから【聴く力】を強化するだけで、コミュニケーションの質は大幅に良くなります。
【聴く力】強化にコーチングを学ぶカリキュラムを取り入れています。
 
コミュニケーション力強化とともに、コーチングスキルも身につけられる研修となっています。
 
 

コーチング・コミュニケーション研修は3種類

◇コーチング・コミュニケーション入門セミナー

 
 目的:コーチングって何?コミュニケーションって何?を理解する。
    どうしてコミュニケーションが大切なのか?を学びます。
 時間:2時間
 定員:6人
 
 

◇コーチング・コミュニケーション・プラクティショナー研修

 
 目的:コーチングセッションができるようになる。
    聴く力を意識したコミュニケーションが取れるようになる。
 時間:20時間(4時間×5回)
 定員:20人
 【詳細は下記↓に記載しています】
 
 

◇コーチング・コミュニケーション・トレーナー研修

 
 目的:社内に浸透させるため、コーチング・コミュニケーションの社内講師を育成します。
 時間:48時間(4時間×12回)
 定員:20人
 【詳細は下記↓に記載しています】
 
 
 

★コーチング・コミュニケーション・プラクティショナー研修

人事評価制度
 
【目的】
 ・コーチングセッションができるようになる
 ・聴く力を意識したコミュニケーションが取れるようになる。
 
 
【対象者】
・新入社員
・パート
・契約社員
・アルバイト
など
 
 
 
【カリキュラム】
20時間(4時間×5回)
 
01 コーチング・コミュニケーション入門
02 コーチングの基本スキル
03 GROWモデル
04 コーチングセッション1
05 コーチングセッション2
 
 
【料金】
10万円(税抜き)×受講者数
 
※20名まで    
※交通費・会場費はお客様負担になります。
 
 
【注意事項】
※代金は全額前払いです。
※受講開始後のキャンセルは不可です。。
※クラスの日程は、事前に打ち合わせで決めます。月1講座が目安です。
 
 
 
 
 

★コーチング・コミュニケーション・トレーナー研修

コーチングスキル
 
【目的】
 社内に浸透させるため、コーチング・コミュニケーションの社内講師を育成します。
 
 
【対象者】
・経営者
・役員
・管理職
 
など、社内へコーチング・コミュニケーションを浸透させるためのキーパーソン
 
 
 
【カリキュラム】
48時間(4時間×12回)
 
01 聴くコミュニケーション基礎①
02 聴くコミュニケーション基礎②
03 聴くコミュニケーション基礎③
 
04 コーチング基礎①
05 コーチング基礎②
06 コーチング基礎③
 
07 コーチング応用①
08 コーチング応用②
09 コーチング応用③
 
10 コーチング発展①
11 コーチング発展②
12 コーチング発展③
 
 
【料金】
1~5名:24万円(税抜き)×受講者数
6~10名:20万円(税抜き)×受講者数
11~15名:16万円(税抜き)×受講者数
16~20名:12万円(税抜き)×受講者数
 
※20名まで    
※交通費・会場費はお客様負担になります。
   
【注意事項】
※代金は全額前払いです。
※受講開始後のキャンセルは不可です。。
※クラスの日程は、事前に打ち合わせで決めます。月2講座が目安です。