職場の雰囲気改善するための要素【リーダーシップ、モチベーション、コミュニケーション】の強化をお手伝います

組織づくり(コーチング・コミュニケーション)で収益力を強化する

〇組織づくり

【リーダーシップ、モチベーション、コミュニケーション】の強化
 
 組織風土が変われば、業績も変わる。
 
 コーチングスキルを活用しつつ
 リーダーの意思決定と職場内のコミュニケーション活性化のサポートです。
 

〇ものづくり、新事業づくり

イノベーション(デザイン思考、ビジネスモデルキャンバス)
 
 商品・サービスが溢れる現代
 他社より優位性のあるものをどうやって開発するのか。

 これも組織力(コミュニケーション力)が開発力に影響があります。
 
 イノベーション力が低下中の現代
 
 競争優位性を獲得するチャンスです。

****

【コーチング・コミュニケーション】

【生産性と組織づくり】

ページ下の方に書いていますので一読ください。

サービス提供エリア:関西(大阪・京都・神戸)

お知らせ

大阪 コーチング・コミュニケーションを学ぶ【セミナー・スクール・企業研修】

部下のモチベーションを引き出したい。部下の退職を防ぎたい。チームの一体感を醸成したい。お客様とのコミュニケーションの質を変たい。自分自身の視野を広げ決断力を高めたい。プロコーチとしてビジネスを始めたい。コーチングスキルを学ぶことは、多くの効果が期待できます。

コーチングスキル

『生産性向上につながるコミュニケーション力講座』します

少し早いですが、告知です。(まだ受付始まって無いようです)     2019年7月23日(火)18:00~20:00 東大阪のMOBIO(クリエイション・コア東大阪南館3階) (こちらのページに掲載される予定だと思います …

コミュニケーションセミナー

コーチング・コミュニケーション

コーチング・コミュニケーションの私たちの考え方を書かせていただきます。

「コーチングとは」、コーチングスクールごとに様々な考え方があります。

私たちは、コーチングはコミュニケーション手法の一つとの捉えています。

”聴く力”に特化のコミュニケーションスキルです。

コミュニケーションで多くの人に足りないのが”聴く力”です。

その”聴く力”を強化することに、役立つのがコーチングスキルを身につけることです。
”コーチング”は傾聴・質問・フィードバックが主な要素と挙げられますが、

コーチングで最も重要なことは「傾聴=聴く力」です。

多くの方がコミュニケーションときくと、話す力、伝える力と考えます。

全員が自己主張の激しい会議になるとどうなるのか?

話す力・伝える力に頼りすぎると弊害がおきます。

組織の雰囲気が悪くなるでしょう。

コーチングを学ばれると多くの方が”聴く力”の困難さを体感されます。

そして、コーチングを学ばれることによって、周囲とのコミュニケーションが良くなったと言われます。

コミュニケーションは仕事だけでなく、生きている間多くの場面で必要になります。

だから、私たちは、多くの方にできるだけ早い時期にコーチングスキルを学んでいただきたいと考えています。

生産性と組織づくり

「組織づくり」の私たちの考え方。

企業の目的は普遍的なものとして「持続的成長」があります。

そのためには、利益を獲得する必要があります。

つまり生産性を向上させなければなりません。

生産性とは、アウトプット÷インプットの大きさです。

その生産性を向上させる方法として設備導入やIOT導入などが思いつきます。

その機会はどの会社も平等に与えられています。

それでも業績・生産性に差が出るのは何故だろうか?

私たちは、それは「組織づくり」の差だと考えます。

組織と言っても、様々なタイプがあります。

提案に

「やってみなはれ」の組織風土の会社もあれば

「それは難しいやろ」の組織風土の会社もあります。

組織風土で会社から生み出されるものが変わります。

つまり生産性が変わるのです。

だから「組織づくり」が最も重要だと考えています。

そもそも、会社自体、社長が人を初めて雇ったときから「組織づくり」が始まるのです。

「組織づくり」会社の経営基盤を強化するものになります。

その「組織づくり」で何をするか。

バーナードの提唱した「組織の三要素」があります。

組織の三要素とは

・共通目的

・協働意欲

・コミュニケーション

です。

「共通目的」とは、メンバーが一丸になるための目的です。

会社でいうと、経営理念になります。

社員に「なんでこの会社で働いているの?」と尋ねたときに

返ってくる言葉によって組織の一丸度合いがわかります。

私たちは、この「共通目的」を示す、リーダーシップ力強化を支援します。

「協働意欲」は、共通目的に協力していこうという意欲の強さです。

私たちは、「モチベーション」と読みかえて、モチベーションアップの支援です。

「コミュニケーション」は、その名前の通りです。

共通目的があっても、誰も知らなければ、組織はバラバラです。

指示、命令もコミュニケーションです。

「コミュニケーション」が無ければ、組織はまとまらず、動けなくなります。

社長が人を雇った時点から組織づくりが始まります。

雇った時点からコミュニケーションが始まります。

だから組織づくりにおいて、もっとも重要な要素が「コミュニケーション」です。

その「コミュニケーション」は、

上の「コーチング・コミュニケーション」で書かせてもらっています。

コミュニケーションの取り方によって組織風土、職場の雰囲気は大幅に変わります。

会社の離職理由の上位として、いつも人間関係が挙げられます。

メンタルヘルスマネジメントでは、会社のストレス要因上位に、いつも人間関係が挙げられます。

離職が多かったり、メンタルヘルスが悪化の状況の組織は弱いです。

組織力を強化する場合、人間関係を良くする必要があります。

人間関係は「コミュニケーション」によって変わります。

「コミュニケーション」の取り方で大きく組織が変わります。

逆に言うと「コミュニケーション」が下手な職場がまだまだ多いとも言えます。

コミュニケーション力強化支援に、コーチングスキルを活用しています。



中小起業家同友会

中小起業家同友会

PAGETOP