コーチング・コミュニケーション

会社の生産性を高め、収益性を高めたいと考えるなら、組織力の強化は欠かせません。ワンチームという言葉が流行っていますが、全社員に一体感が生まれたとき、もっとも生産性が高くなります。

ワンチームにするためには、メンバーの協働意欲、モチベーションを高めることが大切です。弊社は社員のモチベーション向上のサポートを行っています。

組織力強化のための社員のモチベーションアップ方法について説明します。

※リーダーシップ力強化のビジョナリー経営導入プログラム

 
 
 

一体感のある組織をつくるには

コーチング
 
経営基盤の強化、生産性向上をはかるために大切なことは、一体感のある組織(ワンチーム)をつくることです。
 
組織づくりを進めるために必要なことは何でしょう。
 
 

組織論から考える

 
経営学者バーナードが、組織を構成する要素として、組織の三要素を提唱しています。
 
・共通目的
・協働意欲(モチベーション)
・コミュニケーション
 
組織には、この3つが必要です。
 
一体感のある組織をつくりには、この3つを強化する必要があります。
 
 
 

一体感をつくる協働意欲(モチベーション)

協働意欲とは、この組織のために協力していこうという気持ちです。その気持ちが強ければ強いほど、一体感のある組織になります。
協働意欲を強くするには、他の2つの要素を強くすることが必要です。
 
・メンバーが目指したいと思えるような、魅力ある共通目的にする
・共通目的を浸透し、メンバーのやる気を引き出すためにコミュニケーションを強化する
 
共通目的とコミュニケーションを強化することによって、協働意欲が高まります。
 
協働意欲はモチベーションと言い換えることができます。
 
 
 
 
 
 

モチベーションアップに必要なもの

働きがい
 
モチベーションアップに必要なことは、共通目的とコミュニケーションの強化です。共通目的は、共通目的をつくり、発信していく起点となるリーダーシップと言い換えることができます。
 
リーダーシップとコミュニケーションの強化が必要です。
 
 
 

リーダーシップ

リーダーシップを強化することによって、組織を強化することができます。リーダーシップは、意思決定の頻度と正確さ、そして行動力によって決まります。
逆を考えてみると分かりやすいかもしれません。
 
・先延ばしにして、いつまでたっても決められない。
・メンバーが不安になるような意思決定を行う。
・良いことは言うけど行動が伴わない。
 
このようなリーダーシップは組織を弱くしてしまいます。
 
リーダーシップの強化は、気合や気持ちだけで行うことが難しいのが実態ではないでしょうか。意思決定の頻度と正確さを高める、行動を促す。その仕組みを導入することが必要です。
 
その仕組みとして、ビジョナリー経営導入プログラムを提供しています。導入することによって、従来より楽にリーダーシップ強化がすすめられます。
 
 
 
 
 
 

コミュニケーション

コミュニケーションを強化することによって、組織を強化することができます。コミュニケーションは職場での発言のしやすさで決まります。逆を考えてみると分かりやすいかもしれません。
 
・提案しても、すぐ否定される、もしくは怒られる。
・発言するだけ無駄という組織風土になっている。
 
このようなコミュニケーションが行われていたら組織を弱くしてしまいます。
 
コミュニケーション力は強化しようと各社取り組んでいますが、期待する効果が得られていないのではないでしょうか?
 
コミュニケーションが活発に行われる組織にする。そのためには、コミュニケーションとは何かを正しく理解すること。そして、トレーニングが必要です。
 
コミュニケーション力強化のために、コーチング・コミュニケーション研修を提供しています。
 
部下のモチベーションアップにつながらコミュニケーション能力が必要です。
 
 
 
 
 
 

組織力を強化するために

チームビルディング
 
組織力を強化するためには、メンバーの協働意欲(モチベーション)の向上が必要です。そしてそのためにリーダーシップとコミュニケーションを強化が重要です。弊社では、この2つを強化するためのサービスを提供しています。
 
一体感のある組織づくり(ワンチーム)ができれば、経営基盤の強化、生産性が高まります。
 
ぜひ、各サービスをご活用ください。
 
 

※リーダーシップ力強化のビジョナリー経営導入プログラム