マーケティング・採用・教育などビジネス映像制作のポイント

動画制作-大阪京都

近年、インターネット上で動画広告を目にする機会が増えました。

「通信速度が速くなった」「動画の方が広告効果が高い」が要因です。

 

今後、ビジネス用マーケティング広告の制作を考えるなら動画活用の優先順位アップがオススメです。

静止画よりも動画の方が宣伝効果が高いからです。

 

マーケティングという言葉は幅広い場面で使われます。商品紹介の広告マーケティングから、人材採用の採用マーケティングなども存在します。

 
 
 

マーケティングに映像制作を

人材をほぼ使わず、自動で宣伝活動をしてくれる、ホームページをいかに磨くかが、マーケティング競争のポイントになっています。
 
 
ホームページへのアクセスも重要ですが、購買行動や、求人に応募するという行動にまでつながらなければマーケティングツールの役目を果たさせません。
 
 
 
そこで、ホームページ上で会社、商品など魅力を分かりやすく使える方法として動画が注目されています。
 
 
動画について、マーケティングツールに使うなら、プロに頼んだ方が良いです。
 
映像の見せ方にいろいろテクニックが必要だったりするからです。
 
 
スマートフォンの性能向上とともに、個人でも簡単に動画を撮影・編集ができるようになり動画市場が活況です。
 
YouTube、TikTokなどの人気を経て今ではLINE、Instagram、Facebookでも簡単に動画配信できるようになってきました。
 
 
スマホアプリでも簡単に編集できるようになっています。いまではスマホで撮影した映画もあります。
 
 
 
簡単に撮れるようになっていますが【良い動画】を制作できるかは別問題です。
 
 
売れっ子ユーチューバーも動画制作に何時間も費やして、良い動画を制作しています。編集などはプロに外注しているユーチューバーも多いです。
 
 
撮影した動画を、人が見て「いい!!」って思う動画に編集するには、かなり熟練した技術が必要になります。
 
だから、企業でマーケティングツールとして、動画制作を考えているならプロに依頼をお勧めします。
 
 
もし社員にそれを任せようとすると
 
・その社員の、動画制作のための勉強の時間。
・動画の企画、シナリオを考える時間。
・撮影のための準備の時間。(機材の購入や、セリフ覚えたり)
・撮影する時間。
・編集する時間。
・チェック、修正する時間。
・などなどを要して、できた完成のレベルがプロに比べてどのレベルなのか。その動画が生み出す効果。
・その時間に、その社員が本来できていたはずの本業の機会損失。
 
 
もろもろを考慮に入れると、動画を内部制作したからといって決して安いとはいえません。逆に、プロに頼んだ方が安く済む可能性も高いです。
 
 
動画制作も消費(コスト)とみられがちですが、完成物が後で働いてくれるので、投資という考え方で動画制作は行った方が良いです。
 
 
 
動画制作の活用場面には、以下のようなシーンが考えられます。
 
 
 
 
 
 
 

求人ページの会社説明動画

会社の魅力がどれだけ伝わるかによって、応募への影響が変わります。
 
 
どのような強みを持っている会社なのか、どのような人がいる会社なのか。入社後どのようなキャリアプランになっていくのか。
 
 
それらが魅力的に伝わらなければ、より魅力の高い会社の方に求職者は逃げてしまいます。
 
 
注意事項は、動画の魅力は高いのに、実際に会社訪問したら、思っていたのと違ったは、悪い影響を生みます。会社を動画以上に魅力を高める活動も同時に必要です。
 
 
 
 
 
 
   

商品、サービスの紹介動画

モノやサービスが溢れる現代、購入者側はどこの商品が良いか、具体的に明確にそれほど分かっていません。
 
だから自社の商品やサービスにどれだけ良いイメージを持ってもらえるかが重要です。
 
 
大手企業がテレビCMをどんどん展開する理由と同じです。
 
 
今はインターネットがあるので、大手でなくても動画CMを展開できます。自社商品、サービスの良さを文字や写真で説明するよりも、動画の方が魅力が伝わりやすいです。
 
 
 
 
 
 
 

社員教育用動画

社内で研修を行うとき、何度も説明するテーマ。
 
(勤怠システムなど社内ルール)などの説明会や研修、セミナーを動画にしておくと、何度も人が説明しなくても済みます。
 
 
また、職人の技術などを映像化すると、先輩が後輩育成のために、手を止める時間を削減できます。動画の活用で社内の生産性を高められます。
 
 
ただし、プロに頼む精度が必要かどうかは見極めが必要です。複雑な説明が必要なスキルほどプロに依頼した方が良いと感じます。
  
などなど
 
 
 
 
 
ビジネスでの動画制作をご検討なら、下記リンク先で動画制作会社を紹介しています。