コーチングセッションの進め方~1on1ミーティングとの違い~

コーチング・コミュニケーション

若手社員の仕事に対して意識が変化する中、上司は部下のモチベーションをどのように高めるかが課題になっています。

 

そこで、1on1ミーティングやコーチングセッションなどが注目され、企業研修などで積極的に行われています。

コーチングセッションも1on1ミーティングも、どちらも進め方は同じです。厳密に区別できるものではありません。

 

ただし、1on1ミーティングの進め方として探すと、なかなか資料が見つかりにくいかもしれません。コーチングの進め方で探すと良いでしょう。

 

 

重要なポイントですが、トレーニングの量が必要です。誰がやっても同じ効果が得られるわけでは無いです。

 

1on1ミーティング、コーチングセッションの違いと進め方について説明します。

 

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

【目次】

 

1on1ミーティングの活用が広がっている

コーチング・コミュニケーション

大企業を中心に1on1ミーティングの活用が広がっています。1on1ミーティングについて説明します。

 

 

 

1on1ミーティングとは

1on1ミーティングとは、上司と部下の1対1の面談をいいます。通常の評価面談も上司と部下の1対1の面談かもしれませんが、目的と方法が異なります。

 

評価面談が部下の評価とアドバイスが目的としているのに対して、1on1ミーティングは部下の成長を目的としています。

そして評価面談では上司が主体となって話をするのに対して、1on1ミーティングは部下が主体となって話します。

 

また、頻度が異なります。評価面談が年に1,2回ぐらいなのに対して、1on1ミーティングは週1回~月1回の高頻度で行います。

 

 

 

1on1ミーティングの進め方

1on1ミーティングの進め方に明確な決まりは無いです。話す内容も部下が決めるとしています。

 

しかし、仕事で行うケースが多いので、「進め方はGROWモデルに沿っている」「テーマは仕事に関係している」が望ましいと考えます。

 

GROWモデルとは、後述するコーチングセッションで一般的に使われる話の進め方で、次の単語の頭文字をとったものです。

 

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

 

1.部下の目標(ゴール)を明確にする
2.ゴールに対する現状を明確にする
3.ゴールと現状のギャップを埋める行動(選択肢)を明確にする
4.次の1on1ミーティングまでに、何をするか意思を宣言してもらいます

 

 

重要なのは行動です。1on1ミーティングを頻度をあげて行えば、主体的な行動を数多く行えます。主体的な行動によって、部下が自信を深め、やりがいを感じるようになります。

 

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

 

 

コーチングセッションももとめられている

コーチング・コミュニケーション研修

管理職にはコーチングセッションのスキルももとめられています。大企業では、管理職向けにコーチングスキルの企業研修が行われています。

 

 

 

コーチングセッションとは

コーチングセッションとは、コーチングスキルを使った面談です。コーチングとは、「クライアントの目標達成をサポート」する面談サービスです。

 

コンサルタントや専門家、アドバイザーなども同じ目的ですが、アプローチ方法が異なります。

 

コンサルタントが経験や知識をもとにアドバイスを行うのに対して、コーチングではクライアントに答えを持っていると前提にアドバイスを原則行いません。

 

 

 

コーチングセッションの進め方

コーチングセッションの進め方については、上述したGROWモデルを使います。頻度はコーチによって異なりますが、2週間に1回から月1回が一般的です。

 

1on1ミーティングとほぼ同じと考えてもらっても良いですが、コーチングセッションの方が方法がしっかり歴史があります。

 

 

 

 

 

 

 

1on1ミーティングとコーチングセッションの違い

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティングとコーチングセッションはほぼ同じと考えてもらって良いでしょう。どちらかといえばコーチングセッションの方がスキルとして確立されています

 

1on1ミーティングスクールがあまり見られないのに対して、コーチングスクールは数多く存在します。

 

 

 

 

目的と進め方

目的と進め方についてもほぼ同じです。どちらもクライアントの成長を目的としています。

1on1ミーティングは一般的に上司が部下に行うので無料で行われます。

 

コーチングセッションは、上司が部下に行う場合は無料になりますが、プロコーチによるものは有料になります。

面談を上司が行う場合と、プロコーチが行う場合、何が異なるのか?面談の効果が大きく変わる可能性があります。

 

 

 

 

効果はスキルに左右される

1on1ミーティングもコーチングセッションも面談者のスキルに効果が大きく左右されます。だれが実施しても同じ効果になるわけでは無いです。

 

特に上司が部下に行う場合、上司にとっても部下にとっても無駄な時間になる可能性があります。1on1ミーティング、コーチングセッションのスキルの強化が大切です。

 

コーチングセッションの方が教育カリキュラムが確立されています。コーチングセッションのトレーニングをオススメします。

 

 

【コラム】ビジネスでワンチームになるために-会社組織の一体感を醸成

 

 

 

 

1on1ミーティングのスキルアップにコーチングを活かす

コーチング・コミュニケーション

1on1ミーティング、コーチングセッションどちらのスキルも企業で注目されています。部下のやりがいをいかに引き出すか、いかに成長に結びつけるかに試行錯誤しているからです。

 

1on1ミーティングもコーチングセッションもどちらも、しっかりトレーニングしないとただの面談、雑談になってしまいます。

 

スキルアップには、コーチングセッションのトレーニングをオススメします。

弊社ではトレーニングを重視したコーチング・コミュニケーション研修セミナーを開催しています。

 

【コーチング・コミュニケーション研修セミナー】