メンタルヘルスとは~職場でメンタル不調者を出さない~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

メンタルヘルスの問題が大きくなっています。

 

ストレスチェック制度、働き方改革、健康経営などが提言されはじめてしばらくたちますが、精神疾患による労災申請の数の増加が止まりません。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、コロナ鬱などさらなる悪化が懸念されています。

 

会社を経営する上で、社員のメンタルヘルスマネジメントが欠かせません。社員のメンタルヘルスが悪化すると、仕事のパフォーマンスにも影響します。その結果、会社の業績にも影響します。

会社はメンタルヘルスマネジメントの方法について説明します。

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

【目次】

 

メンタルヘルスがもとめられる理由とは

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

企業において、社員のメンタルヘルス対策の重要度が増しています。ストレスチェック制度の義務化や働き方改革など、企業は社員の健康の対策を行っています。

しかし、毎年のように精神疾患の労災申請が増加しています。対策が追いついていない現状が深刻です。

 

 

メンタルヘルスとは

メンタルヘルスとは、「心の健康」です。気持ちのバランスとも言えます。1ヵ月のうち、「気分が落ち込んでいる・疲れている」時間の割合がどれぐらいあるのか。

「気分が落ち込んでいる・疲れている」時間の割合が少ないほど、メンタルヘルスが良好と言えます。

 

問題は「目に見えない」という点です。真面目な人ほど、気持ちを殺して頑張ろうとします。メンタルヘルスは気合でどうにかなるものではありません。

メンタルの負荷は蓄積されます。蓄積され過ぎると、1日休んだからとって解消されなくなります。

 

 

精神疾患の労災を防ぐ

メンタルヘルスの問題が怖いのは、問題解消までが長期間になることです。だから、メンタルヘルスの問題を発生させないのが大切です。

メンタルヘルスの問題は見えにくいのが課題です。上司の観察力、コミュニケーション能力、リスクマネジメント能力がもとめられます。

 

精神疾患の労災が発生すると、職場のパフォーマンスが一気に落ち込みます。それは、管理職として、期待されている成果が出せなくなる状況です。

管理職の役割は大きいです。社員のメンタルヘルスの問題を発生させないようにしなければなりません。

 

【コラム】コミュニケーション能力とは-仕事で必要とされる理由と高める方法

 

 

 

メンタルヘルス不調者が発生する理由

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ストレスチェック制度、働き方改革、健康経営、ホワイト企業認定など、国も会社も社員のメンタルヘルスを気にした活動は行っています。

しかし、全然追いついていない状況です。メンタルヘルス不調者が発生する理由について説明します。

 

 

職場のストレスランキング

職場のストレスランキングについて、厚生労働省の調査では次のようになっています。

(単位:%)
1位:仕事の質・量(59.4)
2位:仕事の失敗、責任の発生等(34.0)
3位:対人関係(セクハラ・パワハラを含む)(31.3)
4位:役割・地位の変化等(昇進、昇格、配置転換等)(22.9)
5位:会社の将来性 (22.2)
6位:雇用の安定性 (13.9)
7位:顧客、取引先等からのクレーム(13.1)

(出典:「厚生労働省」仕事や職業生活に関する強いストレスの有無及び内容別労働者割合:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/h30-46-50_kekka-gaiyo02.pdf)

昔は対人関係が大きかったですが、人手不足の影響か「仕事の質・量」が大きな割合を示しています。働き方改革で働く時間を減らされても、仕事にもとめられる「質・量」が大きくなっていたらどうなるでしょう。

 

国や企業は結論的に「働く時間を減らせ」といいながら「もっと成果を出せ」とプレッシャーをかけているのと同じです。しかし、企業は成果が出ないと存続できなくなります。存続できないと社員は仕事を失います。

 

 

メンタルヘルスマネジメントの失敗

国や企業が進めるメンタルヘルスマネジメントは、「働く時間を減らす」と「成果の拡大」の矛盾を抱えています。企業間競争がグローバルに広がっています。

日本企業が働く時間を減らしても、外国企業は働く時間を増やして攻勢をかけてきます。ますます日本企業には、企業間競争の成果に対するプレッシャーが増します。

 

働き方改革をすれば、日本企業は生産性を高める活動をするだろうという意図のもとに国は政策を進めていますが効果を挙げていません。結果的に、精神疾患の労災申請を増やし続けています。

 

IT技術を使えば、生産性が高まるといいながら、コロナ関連の影響によって、国の事務処理のIT化が全然進んでいないのが露呈しました。

生産性改善のないまま、働く時間を減らそうとするとメンタルヘルスマネジメントの失敗につながります。精神疾患による労災申請数が減らない大きな原因と考えられます。

 

 

 

 

メンタルヘルス不調者を出さない仕組み

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

メンタルヘルス不調者を抑えるには、実質的には仕事量を減らさないといけません。それは、経営者のリーダーシップによって改善していかなければならない課題なので、ここでは保留します。

 

注目するポイントは、「仕事の量」だけでなく「質」という点です。理想論を言えば、「仕事が面白ければ、何時間でも働ける」のです。仕事が面白くないから、仕事量が多く感じるという点も忘れてはいけません。

 

 

いつもと違うに気づく

メンタル不調者を出さないようにする方法は、「いつもと違うに気づく」というものがあります。現実的には、難しいです。

メンタル不調者になる人は、真面目な人が多いと言われていて、そのような人はストレスを表に出さないからです。「いつもと違う」に気づいたときには手遅れの可能性があります。

 

だから「いつもと違う」にどれだけ早い段階で気づけるかにかかっています。直感力、観察力がもとめられます。

また、いつもと違うと気づくには「いつもの状態」を知っていなければなりません。つまり、日ごろからコミュニケーションを活発にとっている必要があります。

 

 

コミュニケーションを活発に

メンタルヘルスの対策は、職場のコミュニケーションを活発化が大切です。大切なのは、コミュニケーションの質です。否定、批判の多いコミュニケーションでは、職場のストレスは逆に増加します。

 

コミュニケーションを活発にする目的は次のとおりです。
・いつもの状態を知る
・社員のストレス要因、不満を知る
・仕事の負荷を分担しやすい環境をつくる
・仕事の壁にぶつかったとき相談しやすい環境をつくる
・仕事のストレスを吐き出せる環境をつくる
など

 

なんでも話せる発言しやすい職場ほど、モチベーションが高まりやすくなります。

 

【コラム】仕事のコミュニケーション能力を高める方法~聴く力を強化する~

 

 

メンタルヘルスマネジメントに力を入れる

コーチング・コミュニケーション

メンタルヘルスマネジメントの強化が急務です。なぜなら、企業間競争激化で社員の抱えるストレスはますます増加すると考えられるからです。

 

・仕事量増加のストレス
・成果をもとめられるプレッシャー
・会社の将来性に関する不安
・自分自身の将来に対する不安
・職場の人間関係のストレス(テレワークで希薄化など)

などなど様々なストレス要因が強くなると考えられます。

 

メンタルヘルスマネジメントでカギになるのがコミュニケーション能力です。ぜひ職場のコミュニケーションが活発になるような施策に取り組んでください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】