仕事のモチベーションアップ方法~社員の士気を高めるリーダーシップ

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

モチベーションアップ方法は本屋にもインターネットにも数多くあります。それなのに社員のモチベーションの問題が無くならないのはどうしてでしょう?この問いの解を見つけない限り、効果を生みだせないかもしれません。

社員の士気を高めるリーダーとして、どのようなモチベーションアップ方法があるのか説明します。重要なのは、モチベーションを低下させるような組織風土なのか、モチベーションが高い組織風土なのかに左右されることです。そして、組織風土をつくるのは社員同士のコミュニケーションの質です。社員の仕事に対するモチベーションが高い組織風土をつくるリーダーシップを目指しましょう。

【職場の組織風土を変えるコミュニケーション方法について】

【目次】

 

間違ったモチベーションアップ方法

コーチング・コミュニケーション

モチベーションとは、「やる気」という言葉に訳されることが多いです。そして「やる気を出して頑張っていこう」と言えば、モチベーションが上がると勘違いされていることが多いように感じます。また「モチベーションを出さなきゃダメ」というようにも勘違いされています。

ほとんどの方が「やりたくないこと」に対して「やる気」は出ません。勉強も仕事も同じです。「やりたくないことをやる」自体がストレスになります。「やる気」を出して頑張っているつもりでもストレスでモチベーションが低下します。「やる気を出さなければならない」で頑張り続けると燃え尽きてしまう可能性があります。ますますやりたくなくなります。

モチベーションは「やりたい!」という気持ちです。「止めなさい」と言われても「やりたい!」という状態がモチベーションの高い状態です。しかし、多くの場面で間違ったモチベーションアップ方法がとられています。

 

 

アメとムチ

モチベーションは、「快を得たい」という気持ちと、「痛みを避けたい」という気持ちにより高まるといわれています。そのため、「頑張ったらご褒美をあげる」「できなかったら罰を与える」という方法で人を動かそうとします。もちろんメリットが得られることは、モチベーションアップには大切です。ただし、すべての人に効果がある方法ではないということも理解しておかなければなりません。

・ご褒美をもらえないとモチベーションが上がらないようになる
・ご褒美の程度にモチベーションが左右される
・罰を避けられる範囲で、最低限の行動に抑える
・罰を恐れるあまり消極的になる

期待とは逆効果につながる可能性もあります。

 

 

気合で上げる

モチベーションアップ方法として、「自分にご褒美を設定する」「アロマを取り入れる」「テンションの上がる音楽を聴く」などが紹介される場合があります。確かに、モチベーションは上がるかもしれません。しかし、一時的です。リーダーが期待するのは、モチベーションが高い状態をできるだけ長時間持続し続けることでしょう。小手先のモチベーションアップ方法は、何度も連続して使い続けられるものでしょうか?

無理して気合でモチベーションを上げようとすることはストレスです。おそらく疲れてくるでしょう。本当にやりたいことは、疲れにくいです。楽しいことは時間もあっという間に過ぎ去ります。無理してモチベーションアップする方法は、長い目で見たら間違いと考えます。

 

 

社員が望まないモチベーションアップ方法

モチベーションアップのために「高い目標を立てさせる」「社内表彰制度を導入する」「社員教育を受けさせる」「ポジティブな言葉を使わせる」などがあります。どれもモチベーションアップ方法としては大切なものです。

しかし、「社員が無理やりモチベーションアップ方法をさせられてる」という状態であれば問題です。リーダーが良かれと思って始めたことが、社員にとって良いこととは限らないのです。「また余計なこと始めた」と思われたら逆にモチベーションを低下させます。大切なことは社員の気持ちに寄り添うことです。コミュニケーションがもとめられます。

【職場の組織風土を変えるコミュニケーション方法について】

 

 

モチベーション理論を確認

コミュニケーション

モチベーションアップ方法の参考にモチベーション理論を確認しましょう。ここでは、「マズローの欲求段階説」「ハーズバーグの動機づけ-衛生理論」「MPS(Motivating Potential Score)」について説明します。

 

 

マズローの欲求段階説

マズローの欲求段階説は、人のモチベーションが5つの階層に分けることができるとしたものです。5つの階層は下位から次のようになります。

1.生理的欲求
2.安全欲求
3.社会的欲求
4.承認欲求
5.自己実現欲求

下位の欲求が満たされて初めて、上位の欲求に対するモチベーションが高まるとされています。

「生理的欲求」「安全欲求」は生きるための欲求です。「社会的欲求」は所属と愛の欲求とも呼ばれ、何かに所属している、社会の一員になっていたいという欲求です。とりあえず、会社に入社した時点で一旦は満たされる欲求です。会社に所属していても、認められないとモチベーションが下がります。上司、同僚に認められたいという「承認欲求」が高まります。「承認欲求」が満たされたら「自己実現欲求」が高まります。

自己実現欲求は、成長したいという欲求です。会社やリーダーが社員にもとめるモチベーションです。つまり、社員にモチベーション高く働いてほしいと思うなら、「承認欲求」まで満たす必要があります。

 

 

ハーズバーグの動機づけ-衛生理論

ハーズバーグが提唱した動機づけ―衛生理論について。人がモチベーションアップする要因は2つのタイプに分かれます。それが「動機づけ要因」と「衛生要因」です。

動機づけ要因は「達成」「承認」「昇進」「成長」など仕事のやりがいなどに関するものです。
衛生要因は、「給料」「福利厚生」「安全衛生」「組織風土」「職場環境」など、仕事をする環境などに関するものです。

大切なことは、衛生要因によるモチベーションアップ効果は長続きしません。給料がアップすると一時的にモチベーションアップしますが、次第に慣れてしまいます。再度モチベーションをアップしたければ、さらに給料をアップしなければなりません。そのため、社員のモチベーションアップ方法は動機づけ要因を刺激することが望ましいとします。

もちろん衛生要因も大切です。衛生要因はモチベーションを高め続ける効果は低いですが、社員のストレスを低減させるために必要です。衛生要因が悪化すると、ストレスが大きくなり不満につながります。モチベーションは不満を抱えた状態では上がりにくくなります。衛生要因を整えた上で、動機づけ要因を刺激することがもとめられます。

 

 

MPS(Motivating Potential Score)

MPS(Motivating Potential Score)とは、ハックマン=オルダムがモチベーションの高さを数値化するために開発したものです。MPSは次の式で表されます。

MPS=(技能多様性+タスク完結性+タスク重要性)÷3×自律性×フィードバック

技能多様性とは、どれだけ多くのスキルを習得できるのかです。
タスク完結性とは、自分の仕事について、全体像を理解した上で行えているかです。自分が何の部品を作っているのか、何のための作業をしているのか分からない場合は低くなります。
タスク重要性とは、自分の仕事がどれだけ重要視されているかです。責任ある仕事を任されるほどやりがいを感じます。
自律性とは、自分が主体的にできる仕事ほど高くなります。逆に指示命令に従う範囲が広くなるほど低くなります。
フィードバックとは、上司や同僚、お客様からの反応が受け取れるかどうかによります。ポジティブなフィードバックほど高くなります。

MPSについて、「一つのことをやり続けることが好きな人」「指示されたことで動く方が楽な人」など矛盾点は確かにありますが、わかりやすく表現されています。重要なことは、「技能多様性」「タスク完結性」「タスク重要性」がどんなに高くても「自律性」「フィードバック」が0ならば、モチベーション(MPS)は0になるということです。

確かに言われたことだけやれば良いというのはモチベーションが低くてもできるでしょう。頑張って作成した資料を上司が無言で受け取ったらモチベーションが下がるでしょう。

【職場の組織風土を変えるコミュニケーション方法について】

 

 

具体的なモチベーションアップ方法

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションアップ方法について説明します。重要なことは独りよがりのモチベーションアップ方法にならないことです。社員が望んでいるモチベーションアップ方法かコミュニケーションとりながら進めることが大切です。

 

 

ストレス要因の排除

社員が不満を抱えている状態では、モチベーションは上がりません。騒音のひどい職場で、モチベーションを高めろといわれても難しいでしょう。ハーズバーグの動機づけ-衛生理論から、社員の不満を取り除くために「衛生要因」を改善しましょう。職場環境の見直し、安全衛生の見直し、組織風土の改善を進めましょう。

 

 

認め合う組織風土をつくる

マズローの欲求段階説より、社員がモチベーション高く働く環境をつくるためには、「承認欲求」を満たさなければなりません。上司、同僚から、社員が行った仕事に対して、感謝などのフィードバックが必要です。フィードバックはMPSの観点からも大切です。「認め合う」の反対は「無視、否定、批判」です。社員同士を競わせる組織風土もありますが、本当にモチベーションアップにつながっているかチェックをオススメします。

 

 

自己実現欲求を支援する組織風土をつくる

せっかく自己実現欲求が高まり、モチベーションが高くなっているならそれを支援する仕組みが必要です。せっかくやる気を出しているのに、モチベーションを下げるような組織風土になっていたらもったいないです。モチベーション高く仕事をしようとしているのに、上司、同僚が協力してくれないのであれば、モチベーションが下がるかもしれません。

 

 

成長を実感できる組織風土をつくる

自己実現欲求は、成長を実感するたびに強化されます。テストの点数が徐々に上がっていくことにモチベーションが上がる人に似ています。社内にいると、比較対象が少ないこと、相対比較されることから、自身の成長が見えにくくなることがあります。他者との比較ではなく、過去の自分と比較してどれぐらい成長したのかを見える化できるとよいでしょう。

 

 

組織風土を変えるコミュニケーション能力の強化

モチベーションアップ方法はいろいろあるかもしれませんが、共通して言えるのがコミュニケーションです。ストレス要因を排除するのもコミュニケーション、フィードバックもコミュニケーション、協力し合うのもコミュニケーションです。モチベーションアップ方法は社員から聴き出すことがもとめられます。

モチベーションアップの土台としてコミュニケーションの質の良い組織風土を作ることが必要です。そのためには、社員全員のコミュニケーション能力を強化することがもとめられます。なぜなら、パワハラ、セクハラなどコミュニケーション能力の低い社員がいると、組織の雰囲気を悪化させるからです。特に役職の上位の社員から優先してコミュニケーション能力の強化をはかってください。

【職場の組織風土を変えるコミュニケーション方法について】

 

 

社員のモチベーションアップ方法の注意点

コーチング・コミュニケーション

リーダーにとって社員のモチベーションマネジメントは最も困難な仕事です。そしてさまざまなモチベーションアップ方法を試してはあまり効果が上がらないと感じるかもしれません。

注意したいのは、モチベーションは上げさせるものでは無いということです。モチベーションは上がるものです。モチベーションを上げさせようとしているのに、モチベーションが上がらないのは方法が間違っているからです。モチベーションが上がらないことを「社員のせい」にしないことが大切です。

「感謝しなさい」「ポジティブな言葉を使いなさい」「~しなさい」と言われてする行動自体、モチベーションが高くありません。「睡眠をしっかりとりなさい」プレッシャーの多い職場では難しいかもしれません。

モチベーションが上がらないのはリーダーの責任です。社員のモチベーションをアップしたいなら、自然にモチベーションが上がる仕組みを導入することが大切です。それが当たり前の組織風土になったとき、モチベーションが高まる職場になっているでしょう。

【職場の組織風土を変えるコミュニケーション方法について】