ワンチームになる方法-組織の一体感を醸成するコミュニケーション力

従業員エンゲージメント

2019年流行語大賞が「ワンチーム」になり、多くの会社で「ワンチーム」という掛け声が活発に行われています。

しかし、「ワンチームになろう」という掛け声だけで、ワンチームになれるほど、簡単でないことはわかります。「チーム一丸になろう」という言葉を言いながら、業績不振から離職を誘発し、さらに組織が弱くなるという会社も存在します。ワンチームになるには聴く力コミュニケーションを強化することが必要です。

聴く力を強化しなさいと言われても方法を知らない方が多く存在します。聴く力コミュニケーションスキルについて説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

ワンチームが求められる背景

コーチング・コミュニケーション

会社が経営課題に立ち向かうため、成長させるためにはワンチームになることが求められます。一人一人が自分勝手に行動したら、会社の生産性は大幅に落ち込むことになります。

そして、日本郵政グループやジャパンディスプレイなどワンチームに成れずに苦しんでいる会社が増えているのが現状です。「ワンチームになろう」という掛け声だけではなく、実際にワンチームになることが大切です。

 

 

ワンチームとは

「ワンチーム」になるとは、どういうことでしょうか。流行語大賞をとるぐらい、各企業のリーダーたちがワンチームという言葉をよく口にします。しかし、「ワンチームになろう」といったところでワンチームになれないことは明らかです。

ワンチームとは、「組織の一体感」が強い状態のことです。強いチームワーク、団結力、組織力などといった表現方法があります。つまり、ワンチームという言葉の意味は、特に新しいものではありません。チームワークを強化することは、昔から重要視されていました。

みんなが協力し合った方が、生産性が高くなるからです。

 

 

ワンチームになれない理由

チームワークが強い方が良いとわかっているのに、どうして強くしないのでしょうか。それは、メンバーにとって、チームに協力する意味を感じないからです。ラグビーであれば、「勝つ」ために全員が協力し合います。

チームメンバー全員勝ちたいからです。会社であれば、会社が買っても負けても、それほど給料は変動しません。だから協力する意味を感じなくなります。つまりメンバーにとって、協力するに値する「魅力的な目的」が無いからです。

 

 

 

ワンチームになるために

リーダーシップ

ワンチームになるためには、「魅力的な目的」が必要です。他にも「コミュニケーション」や「リーダーシップ」の強さによっても、ワンチームの強さが変わります。

どのようにチームビルディングを行えば良いか、組織論の観点から説明します。

 

 

組織の3要素の強化

ワンチームを組織力と捉えて、組織論の観点から説明します。

組織を構成するものに3つの要素があります。

・共通目的
・貢献意欲
・コミュニケーション

これら3つが存在して、初めて組織と言えます。そして、組織力を強化するためには、これら3つを強化すれば良いのです。共通目的について、メンバーにとって「魅力的な目的」であればあるほど、自発的な「貢献意欲」が生まれます。

「魅力的な目的」も存在していても、誰も知らなければ「貢献意欲」は生まれません。だから「魅力的な目的」を共有するために「コミュニケーション」が必要なのです。

「共通目的」「貢献意欲」「コミュニケーション」が強ければ強いほど、強くワンチームになれます。

 

 

リーダーシップとコミュニケーション

組織の3要素から、まず「魅力的な目的」を発信する起点となる「リーダーシップ」が重要であることがわかります。そして、メンバーに伝えるため、メンバー間で共有するため「コミュニケーション」が重要になります。

会社は成長するのも衰退するのも、リーダーシップ次第ということはニュースを見ていればわかるでしょう。人材不足、社員の退職増加、メンタルヘルスによる休業、パワハラなどによる労災申請などは、職場内のコミュニケーション不足によって発生しています。

リーダーシップの影響も大きいですが、組織が大きくなってくるほどコミュニケーションの重要性が増してきます。ワンチーム同様、「コミュニケーションが大切だ」とスローガンを掲げてもコミュニケーションが強化されることはありません。

それは「コミュニケーションとは」を理解できていないため、何をしたらよいかわからないためです。

 

 

 

コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーション

「コミュニケーション能力強化」を目的として、会社ではどのようなことをトレーニングしますか?スピーチ練習、プレゼンテーション練習、営業力強化などでしょうか?

多くの場合、「コミュニケーション能力強化」と言えば、「話す力」を強化されることが多いです。コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」で構成されるのに、「話す力」「伝える力」ばかり強化しようとします。

 

 

聴く力とは

「聴く力」が大切とも、よく言われます。しかし「聴く力」をつけなさいと言われて、何をしますか?「耳をすます」とか「耳を掃除する」とかもあるかもしれません。

「ちゃんと聴いてたのか?」と言うこともあるかもしれません」「ちゃんと聴けば」どのような難しい話も聴けるのでしょうか?「聴く力とは」を正しく理解しないと、強化する方法もわかりません。

聴く力とは、「相手に本音でたくさん話させる力」のことです。それでは、「相手に本音でたくさん話してもらう」ためには何をすれば良いでしょうか?

 

 

聴く力の強化方法

多くの方が、「聴く力を強化しなさい」と言われても何をしたらよいかわかりません。

弊社がオススメしている方法が「コーチング・コミュニケーションスキル」のトレーニングです。コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」など、相手にたくさん話してもらうスキルで構成されています。

これに「本音で」を加えるために、信頼関係構築方法も含んでいます。現在のところ、聴く力を強化する方法として、カウンセリングスキルかコーチングスキルを取り入れるしか方法が見当たりません。

課題解決から目標達成まで、さまざまなテーマに対して聴く力を発揮できる方法がコーチングスキルになります。そのため、「聴く力」強化方法として、コーチングスキルを取り入れたコーチング・コミュニケーションをオススメしています。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションで聴く力を強化

コーチング・コミュニケーション

「聴く力」を強化する方法としてコーチング・コミュニケーションをオススメしましたが、もう少し詳しく説明します。トレーニング方法としては、コーチングのトレーニングと同じです。

では、そのコーチングとは?

 

 

コーチングとは

コーチングとは、「相手の目標達成をサポートするスキル」のことを言います。コンサルティングやアドバイザーなどと目的は同じです。大きく異なる点は、「教える」ということをしないことです。

原則「答えはクライアントの中にある」とします。だから「答え」はクライアントから引き出します。

どこまで引き出せるかが「聴く力」に左右されます。そして、引き出すためのスキルがコーチングスキルです。

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるものです。

【傾聴】相手が本音でたくさん話せる場を作り出す。

【質問】相手の視点を自在にコントロールして、潜在意識から情報を引き出す。

【フィードバック】コーチが気づいた事柄をそのままクライアントに伝え、気づきを引き出す。

これらのスキルを駆使して、相手の中から「答え」を引き出します。「聴く力」とは「相手が本音でたくさん話してくれる量」で決まります。ベースになるのは【傾聴】です。このスキルが無ければ、【質問】が【尋問】に変わります。

そして、最も難しいのも【傾聴】です。長い期間のトレーニングを必要とします。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションでワンチームに

チームビルディング

コーチング・コミュニケーションによって聴く力が強化されます。聴く力が強化されるとコミュニケーションが活性化されます。

チーム内の信頼関係が強くなり、コミュニケーションが活性化されると、協力し合おうという貢献意欲が生まれます。つまり、コーチング・コミュニケーションによって、強いワンチームが生まれます。

ワンチームの掛け声だけの会社とは差別化して、本物のワンチームをつくって生産性の高い会社にしましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】