ビジネスでワンチームに~会社組織の一体感を醸成する方法~

2019年流行語大賞が「ワンチーム」となり、多くの会社で「ワンチームになろう」とのかけ声が、活発に行われています。

 

しかし、「ワンチームになろう」とかけ声だけで、ワンチームになれるほど、チームビルディングは簡単ではありません。

特にビジネスの世界では、ワンチームになれない会社が多いです。

 

 

「チーム一丸になろう」の言葉は、特に新しい言葉ではありません。

 

チームワークは、強い方が良い」は、言われなくてもわかっています。

 

 

昔から「チームワークが大切」と言われ続けながら、「チームワークを強化できない」状況が続いています。

 

 

チームワークを強化する方法は、シンプルです。

組織の3つの要素(共通目的、協働意欲、コミュニケーション)を強化すれば良いだけです。

 

中でも、共通目的コミュニケーションの強化が欠かせません。

 

 

チームが一丸になるには、共通目的を示してチームを引っ張るリーダーシップ力、チームをまとめるコミュニケーション能力が重要です。

 

チームワークを強化する方法について説明します。

 

 

 

 

【コラム】コミュニケーション能力とは-仕事で必要とされる理由と高める方法

 

【目次】

 

ビジネスでワンチームがもとめられる背景

コーチング・コミュニケーション

会社が経営課題に立ち向かうには、「ワンチームになること」がもとめられます。

 

一人ひとりが自分勝手に行動したら、会社の生産性は大幅に落ち込みます。

 

 

大企業でも、ワンチームになれずに苦しんでいる会社が増えているのが現状です。

 

経営不振の会社では、逃げ出そうとする社員も多いため、ワンチームになりにくいです。

ワンチームになれないから、さらに業績が悪化するという悪循環に陥ります。

 

 

「ワンチームになろう」と掛け声だけではなく、ワンチームになるために「具体的に何をするか」の施策を示すことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

ワンチームとは

「ワンチーム」とは、具体的にどのような状態でしょうか。

 

各企業のリーダーたちが、ワンチームという言葉をよく口にします。

 

しかし、「ワンチームになろう」といったところで、ワンチームになれないのは明らかです。

 

 

ワンチームとは、「組織の一体感」が強い状態です。

強いチームワーク団結力組織力などといった表現方法があります。

 

つまり、ワンチームという言葉の意味は、特に新しいものではありません。

チームワークの強化は、昔から重要視されていました。

みんなが協力し合った方が、生産性が高まるからです。

 

 

 

 

 

 

 

ワンチームになれない理由

チームワークが強い方が良いとわかっているのに、どうしてできないのでしょうか。

それは、メンバーにとって、チームに協力する意味を感じないからです。

 

ラグビーであれば、「勝つ」目的に全員が協力し合います。

チームメンバー全員勝ちたいからです。

 

 

会社であれば、「業績を良くしたい」という目的を全員が持っているわけではありません。

出世意欲の高い社員はモチベーションが高いかもしれません。

そうでもない社員は、できるだけ楽をしたいと考えているかもしれません。

 

全員の目的がバラバラであれば、一丸になることはできません。

 

 

 

また、経営不振の会社の場合どうでしょう。

頑張ったところで、給料が上がりません。

それだとチームに協力するメリットを見いだせなくなるでしょう。

 

給料だけでモチベーションを引き上げようとしてきた会社は行き詰ります。

 

 

ワンチームになるためには、給料以外の「魅力的な目的」が必要なのです。

 

・仕事自体にやりがいがある

・尊敬できる仲間と働ける

など

 

ワンチームになるためには、魅力的な共通目的と、コミュニケーションが必要なのです。

 

 

 

 

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

 

 

 

 

ワンチームになる方法

リーダーシップ

ワンチームになるには、「魅力的な目的」が必要です。

他にも「コミュニケーション」や「リーダーシップ」の強さによっても、ワンチームの強さが変わります。

 

どのようにチームビルディングを行えば良いか、組織論の観点から説明します。

 

 

 

 

 

 

 

組織の3要素の強化

ワンチームを組織力と捉えて、組織論の観点から説明します。

 

組織を構成するものに、3つの要素があります。

 

・共通目的

・協働意欲

・コミュニケーション

 

これら3つが存在して、初めて組織と言えます。

そして、組織力の強化は、これら3つを強化すれば良いのです。

 

共通目的について、メンバーにとって「魅力的な目的」であればあるほど、自発的な「協働意欲」が生まれます。

 

 

会社の共通目的は、経営理念であらわされることが多いです。

 

「自社には、立派な経営理念がある」といっても、誰も知らなければ、共通目的にはなりません。

 

魅力が無ければ、社員にとっては関心の無い目的となり、共通目的になりません。

 

 

共通目的が存在していても、「誰も知らない」「魅力が無い」であれば、「協働意欲」は生まれません。

 

 

共通目的」の共有には、「コミュニケーション」が必要です。

そして、社員全員に共感される必要があるのです。

 

 

「共通目的」「協働意欲」「コミュニケーション」が強ければ強いほど、ワンチームになれます。

 

 

 

 

 

 

 

リーダーシップとコミュニケーション

組織の3要素から、まず「魅力的な目的」を発信する「リーダーシップ」が重要であるのがわかります。

 

リーダーは、よく船の船長に例えられます

リーダーが不在であれば、メンバーは路頭に迷います。

 

 

そして、メンバーに「伝える」「共有する」ために、「コミュニケーション」が重要です。

 

 

「コミュニケーションの大切さ」は、テレワークの活用が広がる中、さらに大切さを感じる機会が増えているのではないでしょうか。

 

誰が何をやっているのか分からない状態では、ワンチームになれません。

 

 

人材不足、社員の退職増加、メンタルヘルスによる休業、パワハラなどによる労災申請などは、職場内のコミュニケーション不足によって発生しています。

 

 

リーダーシップの影響も大きいですが、組織が大きくなってくるほどコミュニケーションの重要性が増してきます。

 

 

ワンチーム同様、「コミュニケーションが大切だ」とスローガンを掲げても、コミュニケーションが強化されません。

 

コミュニケーションの強化も、「具体的に何をすればよいか」を示す必要があります。

 

そして、多くの場合、スピーチやプレゼンテーションなど、「話す力」のトレーニングに偏りがちです。

 

それは、「コミュニケーションとは」を、正しく理解できていないからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニケーションとは

コーチング・コミュニケーション

「コミュニケーション能力強化」に、会社ではどのようなスキルをトレーニングしますか?

 

スピーチ練習、プレゼンテーション練習、営業力強化などでしょうか?

 

 

多くの場合、「コミュニケーション能力強化」と言えば、「話す力」を強化されるケースが多いです。

 

コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」で構成されるます。

 

「聴く力」の強化はしていますか?

 

 

 

 

 

 

 

聴く力とは

「聴く力」が大切とも、よく言われます。

 

しかし「聴く力」をつけなさいと言われて、何をしますか?

 

「耳を澄ます」「耳を掃除する」とかもあるかもしれません。

 

 

ちゃんと聴いてたのか?」と言う場合もあるかもしれません。

 

ちゃんと聴けば」どのような難しい話も聴けるのでしょうか?

 

 

聴く力とは」を正しく理解しないと、強化する方法もわかりません。

 

 

 

聴く力とは、「相手に本音でたくさん話させる力」です。

「聴き上手になる力」という表現が近いかもしれません。

 

 

それでは、「相手に本音でたくさん話してもらう」には何をすれば良いでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

聴く力の強化方法

多くの方が、「聴く力を強化しなさい」と言われても、何をしたらよいかわかりません。

 

そこで、弊社がオススメしている方法が「コーチング・コミュニケーション」のトレーニングです。

 

コーチングスキルは「傾聴」「質問」「フィードバック」など、相手にたくさん話してもらうスキルで構成されています。

 

 

これに「本音で」を加えるために、信頼関係構築方法も含みます。

 

聴く力を強化する方法として、カウンセリングスキルのトレーニングもありますが、ビジネスで活用するならコーチングスキルの方がオススメです。

 

ビジネスにおける課題解決から目標達成まで、さまざまなテーマに対して、聴く力を発揮できる方法が、コーチングスキルになります。

 

「聴く力」強化方法として、コーチングスキルを取り入れたコーチング・コミュニケーションをオススメしています。

 

 

 

 

【コラム】コミュニケーション能力とは-仕事で必要とされる理由と高める方法

 

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションで聴く力を強化

コーチング・コミュニケーション

「聴く力」の強化方法であるコーチング・コミュニケーションの「コーチングスキル」について、もう少し詳しく説明します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーチングとは

コーチングとは、「相手の目標達成をサポートするスキル」を言います。

コンサルティングやアドバイザーなどと目的は同じです。

 

大きく異なっている点は、答えを「教えない」「アドバイスしない」です。

 

原則「答えはクライアントの中にある」とします。

だから「答え」はクライアントから引き出します。

 

どこまで引き出せるかが、「聴く力」に左右されます。

 

 

引き出すスキル(相手に本音でたくさん話させるスキル)が、コーチングスキルです。

 

コーチングスキルを強化すると、「聴く力」が強化されます。

 

 

 

 

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されるものです。

 

 

傾聴】相手が本音でたくさん話せる場を作り出す。

 

質問】相手の視点を自在にコントロールして、潜在意識から情報を引き出す。

 

フィードバック】コーチが気づいた事柄をそのままクライアントに伝え、気づきを引き出す。

 

 

これらのスキルを駆使して、相手の中から「答え」を引き出します。

 

「聴く力」は、「相手が本音でたくさん話してくれる」で決まります。

 

 

ベースは【傾聴】です。

このスキルが無ければ、【質問】が【尋問】に変わります。

 

そして、最も難しいのも【傾聴】です。

長い期間のトレーニングを必要とします。

 

 

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションでワンチームになる

チームビルディング

チームワークを大切に!

一致団結してがんばろう!

ワンチームに!

 

チーム作りが大切なことは、昔からわかっていたことです。

しかし、ワンチームづくりは、いまだに課題でありつづけます。

 

それは、ワンチームをつくる、絶対的な方法が無いからです。

 

 

管理職になると、チームづくりに試行錯誤します。

チームがワンチームになっているかによって、チームの成果がかわるからです。

それは、管理職の成果がかわることを意味します。

 

 

コロナウイルス感染拡大による影響など、ビジネスでは不測事態がつきまといます。

そのとき、どのように対応できるかは、チームワークに左右されるでしょう。

 

 

チームがワンチームになるには、チームメンバー間の活発なコミュニケーションが大切です。

 

メンバー間のコミュニケーションを活発するには、特にリーダーの「聴く力」が重要です。

 

リーダーの「聴く力」によって、活発に意見交換が行われる組織か、発言が抑えられる組織か決まります。

 

 

「聴く力」は、コーチング・コミュニケーションによって強化されます。

 

コミュニケーションは、「話す力」と「聴く力」の双方向で、初めて成立します。

 

そして、「聴く力」が強化されると、コミュニケーションが活性化されます。

話す力」は、多くの方が、すでに何時間もトレーニングしてるからです。

 

 

チーム内の信頼関係が強くなり、コミュニケーションが活性化されると、協力し合おうと協働意欲が生まれます。

 

協働意欲が高まると、チームワークが強化されます。

ワンチームになります。

 

 

ワンチームになろう!」だけではなく、「具体的に何をするか」示しましょう。

 

 

弊社では、コーチング・コミュニケーションによる「聴く力」強化をオススメしています。

 

研修セミナーを実施していますので、ぜひご活用ください。