フィードバックとは~人事評価面談の効果を左右するスキルを高める~

コーチング・コミュニケーション

管理職にとって人事評価面談は課題です。面談の結果によって、社員のモチベーションが下がると問題です。社員のモチベーションを引き出す人事評価面談をすることがもとめられます。そして、人事評価面談で大切なのがフィードバックのやり方です。

フィードバックとはただ評価するだけではありません。効果的なフィードバックを行うためのヒントを説明します。

【フィードバック力を高めるコーチングスキルについて】

【目次】

 

人事評価面談のフィードバックの目的とは

コーチング・コミュニケーション

人事評価面談は、ただ評価すれば良いだけではありません。社員のモチベーションアップにつなげることが大切です。人事評価面談で行うことを整理します。

 

 

これまでの評価方法

人事評価面談の直接的な目的は、今期の結果を評価することです。評価して、会社によっては、その結果を賃金に反映します。そのため社員にとしては、できるだけ高く評価されることを望みます。

行うことは、今季の目標に対して、結果どうだったのか?未達だったのか?達成できたのか?などを評価します。大切なのは社員が納得できる評価であることです。

今期の目標が、会社側の責任で大きく変わったのに、未達と判定されたら社員としては納得できないでしょう。他の社員との差をあります。自分自身より明らかに仕事をしていなかった同僚の評価の方が高い場合は納得できないでしょう。

 

 

これからのモチベーションアップ

これまでの評価も大切ですが、今後も仕事に意欲的に取り組んでもらうためにモチベーションアップも必要です。人事評価面談後、社員がやる気をなくしたということがあれば問題です。人事評価面談で社員のモチベーションをマネジメントするために、フィードバックを工夫する必要があります。

人事評価面談でいうフィードバックでは、ただ達成、未達を評価するという意味で使われることが多いです。しかし、ただ評価を伝えるだけではモチベーションアップには、つながりません。「今期評価が悪かったから、次頑張れよ」では、モチベーションが上がるかどうかはわかりません。

【フィードバック力を高めるコーチングスキルについて】

 

 

人事評価のフィードバックの課題

コーチング・コミュニケーション

人事評価のフィードバックでは、社員のやる気を無くさせると失敗です。社員のモチベーションアップにつながるようにしなければなりません。しかし、効果的なフィードバックはそれほど簡単ではありません。それは次のような課題があるからです。

 

 

ネガティブなフィードバック

評価面談のフィードバックについて、良い評価であればフィードバックは簡単に感じるでしょう。やりきった感を出してしまうなどの課題はありますが、まだフィードバックはやりやすいです。

問題になるのは、ネガティブなフィードバックです。「あれもできていない、これもできていない」というフィードバックでは自信を無くさせる可能性があります。かならずポジティブな面も見つけ出して、フィードバックすることがもとめられます。評価者は、社員の良い点を見つける力が必要です。

 

 

相対評価との関係

会社内の人事評価は相対評価になることが多いです。仕事を頑張って前期よりできるようになっていたとしても、同僚も同様に前期よりできるようになっていたとした場合、相対的に何も変わらない評価になる可能性があります。頑張って成長したのに評価が変わらないということがあれば、モチベーションが低下します。

相対評価だけでなく、社員自身の前期からの成長度合いも評価することが大切です。評価者は、社員自身の成長度合いの観察力も必要です。

【フィードバック力を高めるコーチングスキルについて】

 

 

人事評価のフィードバックの効果を高める

コーチング・コミュニケーション

人事評価のフィードバックでもとめられるのは、社員に対して気づいてあげる力です。前期からの変化、ネガティブな面だけでなくポジティブな面に気づく観察力が必要です。効果的なフィードバックを行うためには、コミュニケーション能力がもとめられます。そこでコーチング・コミュニケーションの習得をオススメします。

 

 

コーチング・コミュニケーションを習得する

コーチング・コミュニケーションとは、コーチングスキルを取り入れたコミュニケーションスキルです。コーチングスキルとは、コーチングセッションで扱われるスキルで「傾聴」「質問」「フィードバック」で構成されます。コーチングスキルは、聴く力に重点を置いたコミュニケーションスキルです。

聴く力とは、相手から情報を引き出す力です。効果的なフィードバックでは、相手を客観的に評価する能力がもとめられます。そのためには、できるだけ多くの情報を引き出すことがもとめられます。

 

 

コーチングのフィードバックとは

コーチングのフィードバックは、「評価」を含みません。良いか悪いかの判定を別にして、事実のみを情報として引き出します。何ができて、何ができなかったのか事実のみを引き出します。その事実について、どのように感じるのか、社員自身に評価させます。

社員自身の評価に対して評価者が感じたことを、さらに社員にフィードバックします。これを繰り返すことによって、お互いが納得できる評価にすり合わせを行います。

【フィードバック力を高めるコーチングスキルについて】

 

 

フィードバック力を強化しよう

コーチング・コミュニケーション

人事評価面談において、フィードバックは大きな課題となります。フィードバックの仕方によっては、自信を失う、やる気を失うということが発生します。効果的なフィードバックを行うためには、コミュニケーション能力がもとめられます。コミュニケーション能力を高めるには、コーチング・コミュニケーションがオススメです。コーチング・コミュニケーション能力を向上してフィードバック力を強化しましょう。

【コーチング・コミュニケーション研修について】