職場のコミュニケーション改善の進め方

コーチング・コミュニケーション

若手社員の働く意識の変化や、外国人労働者の増加、定年延長によるシニア層の増加などにより、世代間などの違いによるコミュニケーションが課題になっています。コミュニケーションの問題は、メンタルヘルスや離職率、生産性の低下などさまざまな問題を引き起こします。

職場のコミュニケーション改善は課題と指摘され続けていますが、改善進まないのが現状です。職場のコミュニケーション改善が進まない理由と改善の進め方を説明します。

※職場のコミュニケーションを改善するコーチングセミナー

 

【目次】

 

 

職場のコミュニケーション改善が重要

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション不足が発生している職場はさまざまな問題が発生します。

主なものはメンタルヘルスの問題、生産性の問題です。

 

 

メンタルヘルスの問題

ストレスチェック制度が始まってしばらくたちますが、毎年のように精神疾患による労災申請は増え続けています。メンタルヘルスの問題が発生する原因は、職場のストレスです。

職場のストレスで大きな要因となっているものが、職場の人間関係です。人間関係が悪化するのはコミュニケーションの質の悪化によるものです。

職場のメンタルヘルスを改善するには、職場のコミュニケーション改善が必要です。

 

 

生産性の問題

職場のコミュニケーションの悪化はストレス要因となります。最悪、社員の退職につながります。

ストレス要因は、社員のモチベーションを下げるからです。社員のモチベーションが下がると、職場の生産性が低下します。

同じ仕事でもモチベーションの高い社員と低い社員の生産性は異なります。職場の生産性を改善するには、職場のコミュニケーション改善が必要です。

※職場のコミュニケーションを改善するコーチングセミナー

 

 

職場のコミュニケーション改善が進まない理由

コーチング・コミュニケーション

職場のコミュニケーション改善を多くの会社が進めようとしていますが、進んでいません。職場のコミュニケーション改善が進まない考えられる理由について説明します。

 

 

発言しづらい風土

職場のコミュニケーションが改善しない理由は、自由な発言ができない風土があると考えられます。発言すると否定、批判される、怒られるということがあると発言しづらくなります。

責任を押し付け合う風土があれば、だれも提案などの発言も起こりにくいでしょう。発言しづらい組織風土にあれば、コミュニケーション改善が進まなくなります。

組織風土の改善はリーダー、上司の影響を大きく受けます。

 

 

上司のコミュニケーション能力不足

そのため、職場のコミュニケーション改善が進まない理由は、上司の影響が考えられます。上司がどのようなチームにしたいかによって、組織風土が決まります。

上司がすぐ怒る、責任を押し付ける、否定批判するとなれば、発言しづらい組織風土になるでしょう。職場のコミュニケーション改善を進めるには、まず上司のコミュニケーション改善を進めることが大切です。

※職場のコミュニケーションを改善するコーチングセミナー

 

 

職場のコミュニケーション改善の進め方

コーチング・コミュニケーション

職場のコミュニケーション改善の進め方を説明します。職場のコミュニケーション改善はまず上司のコミュニケーション能力強化が大切です。

 

 

上司のコミュニケーション能力強化

多くの上司は、部下のコミュニケーション能力が低いと感じているように見えます。確かに、上司になる人はコミュニケーション能力が高いです。

ただし、相手を論破する「話す力」に偏っています。上司になる人は、コミュニケーション能力のうちでも「聴く力」を強化する必要があります。

「聴く力」の強化方法として、コーチングスキルのトレーニングを取り入れることをオススメします。

 

 

メンバー間のコミュニケーション機会を増やす

上司のコミュニケーション能力強化がはかれたら、チームの組織風土を変えていく必要があります。チームの組織風土は、簡単には変わりません。

コミュニケーションが活発に行われる仕組みをつくって、積み重ねる必要があります。オススメとしては、Good&Newという仕組みを取り入れることです。

毎日、早朝のミーティングを開催するなどして、メンバー間のコミュニケーションの機会をつくることがオススメです。

※職場のコミュニケーションを改善するコーチングセミナー

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り改善を進めよう

コーチング・コミュニケーション

職場のコミュニケーションの悪化はさまざまな問題を引き起こします。ストレスを増加させ、メンタルヘルス問題を引き起こし、退職につなげる可能性が発生します。その結果、チームの生産性を悪化させます。

職場のコミュニケーションの改善はとても重要です。しかし、職場のコミュニケーション改善は一人の力ではどうすることもできません。メンバー全員でコミュニケーションの改善に努めることが大切です。

メンバー全員でコミュニケーション改善を進めるためにも、コーチング・コミュニケーションを取り入れましょう。

※職場のコミュニケーションを改善するコーチングセミナー