社員と顧客-上司と部下-仕事で活用できるビジネス心理学

コーチング・コミュニケーション研修

インターネットでいろいろな価値観が広がり、企業間競争もグローバルになり、個人個人が尊重される時代になってきたと感じます。しかし、逆に、全員を満足させる方法はますます少なくなってきたのかもしれません。

そのため、自国第一主義などが広がっているのかもしれません。だからこそ、人の心を理解しようとすることがもとめられているのだと思います。ビジネスの世界の参加者はほぼ人で構成されています。そのため、ビジネスの世界をできるだけ効率よく進めるには心理学の知識があると有利です。

【心理学を活用したコミュニケーションスキル】

【目次】

 

ビジネスには心理学が必要

コーチング・コミュニケーション研修

ビジネスの世界では、心理学が大きくかかわります。各種自己啓発系本も心理学的な内容が詰め込まれています。なぜなら、会社側も組織側も人で構成されているからです。

 

組織は人で構成されている

組織は人が集まることによって成り立っています。人で構成されるということは、一人一人に心が存在しています。

そのため、その人の心を上手くマネジメントできないと、思うように動いてくれない場合があります。会社の生産性を高めるためには、組織メンバーの心を上手くつかまないといけないのです。

 

顧客も人

会社も人で構成されますが、顧客も人で構成されています。顧客の心をつかまないと、購入してもらえません。嫌われてしまったら、話すらきいてもらえません。顧客をファンにしていくためには、顧客の心をつかんで離さない取り組みが必要です。

そのため、心理学が注目されているのです。

【心理学を活用したコミュニケーションスキル】

 

 

組織で活かす心理学

コーチング大阪コミュニケーション

近年、組織での心理学が注目されています。その要因の多くは、メンタルヘルスの問題だと感じます。しかし、離職率の改善、エンゲージメントの向上など、モチベーションアップについても注目されています。

 

モチベーションアップ

モチベーション理論として、展開されています。期待理論、動機づけ-衛生理論などさまざまありますが、有名なのはマズローの欲求段階説でしょう。下の階層が満たされると、上の階層を満たしたいというモチベーションがアップします。

欲求段階は下位から次のようになっています。

1.生存の欲求
2.安全の欲求
3.所属の欲求
4.承認の欲求
5.自己実現の欲求

自ら主体的に動くモチベーションが、「自己実現欲求」です。つまり、モチベーションアップさせたいなら、承認欲求を満たしてあげる必要があります。

 

集団の心理学

モチベーションアップとは別に、集団ならでで働くリスクとしての心理学があります。集団になると、だんだん、同調圧力が強くなります。反対意見を認めないようになってくるのです。そして、みんなで決めたからと危険な意思決定をしてしまいがちになります。

組織運営する上では、集団ならではのリスクに陥らないような仕組みを取り入れることが大切です。集団の凝集性と呼びます。

【心理学を活用したコミュニケーションスキル】

 

 

販売で活かす心理学

コーチング・コミュニケーション

販売の場面でも心理学が活用されています。商品のパッケージのデザインや色、店内の商品の配置や照明なども心理学に基づいて設計されることが多いです。販売ではAIDMAモデルが有名では無いでしょうか。

 

AIDMAモデル

お客様が購入に至るまでのプロセスを分解したものです。

Attention:注意が惹かれる
Interesting:興味を持つ
Desire:欲しくなる
Memory:記憶する
Action:購入する

各プロセスで、どのようにお客様の心をつかめば購入まで至るかを分析します。近年はインターネットショッピングが一般的になりAISASモデルというものが現れています。

 

ベネフィットを感じさせることが重要

お客様の心に訴える方法としてよく設けられるのが、テレビCMです。最近は動画広告も増えていますが、目的は「購入したらこうなるよ」ということを視覚や聴覚に与えています。

お客様の欲しいって気持ちを動かすように、考えて作られています。物が溢れている現代、欲しいって気持ちにならないと購入してもらえないからです。

※ビジネス心理学も学べるコミュニケーション研修セミナー

 

 

コミュニケーション能力を強化する

コーチング

人の価値観が多様化してきたこともあり、どのようにして組織のメンバーのモチベーションを上げるのか、お客様の心をつかむのかということで心理学が注目されています。だからといって、心理学を学ばなければいけないかというとそのようなことはありません。

松下幸之助も稲盛和夫さんも、おそらく心理学を学んでいないでしょう。少しビジネスのヒントになるだけです。それよりもコミュニケーション能力を強化しましょう。コミュニケーション能力を強化することが相手の心を良く知る一番の方法です。

【心理学を活用したコミュニケーションスキル】