中小企業の人手不足関連倒産の原因と対策方法

ストレスケア

中小企業の人手不足倒産が増加傾向です。

主な原因は「生産年齢人口の減少」と「就職先としての魅力の低さ」です。

 

生産年齢人口の減少は日本全体の問題なので、自社だけでは変えられません。

しかし、労働者から見て魅力的な会社になるのは、自社の問題なので、変えることができます。

 

魅力的な会社とは、働きがいのある会社です。

 

「中小企業の人手不足倒産の原因」と「働きがいのある会社にする方法」について説明します。

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

【目次】

 

人手不足倒産の実態

コーチング・コミュニケーション研修

人手不足倒産の問題について、ニュースで聴く機会が増えています。

 

 

 

人手不足倒産とは

人手不足倒産とは、事業を行っていくのに必要な人材を確保できずに発生した倒産です。

 

仕事があるのに、「人材がいない原因で引き受けられない」「引き受けられないから売り上げが下がってしまう」そして、人手不足倒産に至ります。

 

人手不足倒産の発生には、以下のような原因があります。

 

・ベテラン社員の退職
ベテラン社員が辞めてしまう理由は「待遇面などに対する不満からの転職」「定年による退職」などがあげられます。

仕事ができるベテラン社員が辞めてしまうと、大幅に生産性が落ち込み、売上に大きな影響を与えます。

 

 

・求人しても応募がない
求人をしても応募がない理由は、より魅力的な条件の会社が人材を募集しているからです。

国内企業の多くで人材獲得競争が発生しているので、求人を出しても差別化できなければ、応募がない状況になります。

 

 

・作業の効率性改善が進まない
作業の効率性改善が進んでいない会社は、同じ仕事内容でも、より多くの人材が必要です。その結果、人手不足に陥りやすくなります。

 

 

・人件費の高騰
求人難の対応に、給料アップの必要に迫られます。人件費をアップさせた原因により、赤字に陥り、倒産に追い込まれます。

 

 

 

人手不足倒産の状況

東京商工リサーチの調査によると、2019年1月~7月に発生した人手不足倒産は227件でした。

過去最悪だった2018年と同じペースで発生しており、2019年度は過去最悪の更新の可能性がでています。

 

倒産の理由は多いものから順に「代表者や役員の引退などによるもの」「求人難」「従業員の退職」「人件費の高騰」でした。

 

産業別では、もっとも多いのが老人福祉、介護、飲食などを含む「サービス業他」、ついで「建設業」「製造業」「卸売業」「小売業」と続きます。

 

一般的に「仕事がきつい」「給料が低い」というイメージがある仕事で人手不足倒産が発生しやすいようです。実際に人手不足倒産がどのような理由で発生しているのか紹介します。

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならないため大切なこと

 

 

 

人手不足倒産の原因

メンタルヘルス

人手不足倒産の原因は、大きく分けて「外部環境の変化によるもの」と「中小企業内部の問題」が存在します。それぞれについて説明します。

 

 

 

生産年齢人口の減少

生産年齢人口の減少は人手不足倒産の大きな原因です。

 

日本の将来推計人口(平成29年推計)【国立社会保障・人口問題研究所】によると、労働の中心となる15~64歳の生産年齢人口は減少傾向になっています。

 

戦後から1995年までは増え続け、1995年に8,726万人に達しましたが、以降減少しはじめ、2015年には7,728万人となっています。

 

将来の予想としては、2029年に7,000万人、2040年に6,000万人、2056年に5,000万人、2065年には4,529万人と減少の一途をたどるとされています。

 

働いてくれる人口が増加しないかぎり、人手不足の解消は期待できないでしょう。

 

 

 

中小企業で働く理由がない

若者の大企業志向も人手不足倒産の原因です。

 

人手不足の状況は大企業も同じで、国内の大半の企業同士で人材獲得競争が発生しています。労働者にとって有利な売り手市場となっています。

 

大企業に入れる可能性を持っている労働者にとって、中小企業に就職のメリットは何でしょうか。

 

中小企業庁が転職者に「前職を辞めた理由」を調査しています。

1位 労働条件が悪い(12.2%)
2位 職場の人間関係(9.8%)
3位 収入が少ない(9.3%)
4位 仕事の内容に興味を持てず(6.0%)
5位 会社の将来が不安(5.4%)
6位 能力・個性・資格を生かせず(4.9%)

参照:H28(2016)年度中小企業白書「平成27年度(2015)の中小企業の動向」(https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H28/h28/html/b1_2_2_4.html)

 

 

これらの理由について、他社よりも優位性がない場合、人手不足に陥る可能性が高くなります。中小企業は、大企業にはできない魅力をつくって、労働者を惹きつけるのが大切です。

 

 

 

 

 

働きがいのある会社に

コーチング・コミュニケーション

人手不足を解消には、上述した「転職者が前職を辞めた理由」を取り除かなければなりません。

 

その中で、中小企業が大企業に勝てるのは「職場の人間関係」「仕事の内容への興味」「会社の将来」「能力・個性・資格を生かせる」といった項目です。

 

「労働者自身と会社の将来に自信がもてる」「人間関係が良い」といった条件を満たす会社に変える施策が、中小企業には大切です。

 

 

 

会社の目標と個人の目標を共有

「仕事の内容に興味を持てず」「会社の将来が不安」「能力・個性・資格を生かせず」といった転職理由について考えてみます。

 

社員の中に「このような仕事をやっていて、この会社大丈夫なのだろうか?」「この会社に自分がいる意味があるのだろうか?」といった疑問が生まれると、転職への意欲が高まります。

 

これらの課題の解消には、会社と個人の目標をお互いに共有が必要です。

 

会社側は「会社の将来性を社員に信用してもらう」「社員自身の『このように成長したい』を引き出し、支援していく」の両方が必要です。

 

その結果、社員にやりがいが生まれ、退職の理由が無くなります。

 

 

 

コミュニケーションが活発な職場づくり

上述の「前職を辞めた理由」を見ると、2位に「職場の人間関係」です。それは「職場の人間関係」が良くなれば、会社への不満が少なくなるという点です。

 

「職場の人間関係」の改善には、コミュニケーションの質の改善が必要です。改善のヒントを得るために、一度「人間関係を悪化させてしまうコミュニケーション」を考えてみましょう。

 

質を下げてしまうコミュニケーションには、以下のような要素が考えられます。

 

 

・非難、否定
提案した件に対して非難、否定をすると、された相手は提案する気持ちがなくなります。また、理由なく怒るのも同様です。

 

・押しつけ
話を聴かずに、自分の意見を押しつけてばかりいると、相手の不満は大きくなります。

 

・無視
相手は無視をされると、「ここに自分は必要ない」と感じるようになります。

 

・信用されない行為
成果やアイデアを奪ってしまうと、相手は不信感をもち、話さなくなります。

 

 

これらの要素をできるだけ排除すれば、コミュニケーションの質が良くなります。社員が安心して活発に発言できる「居心地のより職場づくり」が、社員の退職防止には必要です。

 

 

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題の対策方法

 

 

 

人材が集まる「働きがいのある会社」にしよう

人事評価制度

これからの日本の生産年齢人口を考えると、人手不足の状況はますます厳しくなってくるでしょう。人手不足の解消には、労働者が「働きたい」と思える会社に変えるのが大切です。

 

労働者が「働きたい」と思える要素には「会社の将来性が期待できる」「労働者自身の成長も期待できる」「人間関係が良い」という条件があげられます。

 

どれも簡単にできるわけでは無いですが、目標を決めて構築していけば、人材が集まる「働きがいのある会社」にできます。少しずつできるところから改善していきましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】