おすすめのコミュニケーションセミナー~コーチングスキルを活用~

コーチング・コミュニケーション

職場でのコミュニケーションの質が低下しているので、コミュニケーション能力強化に関する研修やセミナーを受講させる企業が増えています。IT技術の発展により私たちの扱う情報量は増えています。しかし、その影響で、1回当たりのコミュニケーションの時間が短くなっています。そのため、コミュニケーションの質向上がもとめられています。

しかし、コミュニケーションの改善が進まないのが現状です。コミュニケーション能力の強化がなかなか進まないのは、多くの方が「話すのが上手くなりたい」に偏るからです。コミュニケーションは「話す力」と「聴く力」で構成され、どちらも強化する必要があるのです。そして「聴く力」を強化する方法を知らない人が多いこともコミュニケーション能力強化が進まない要因です。

コミュニケーションセミナーを探すときは、「話す力」だけでなく「聴く力」の意識が大切です。そのため、コーチングスキルを活用をおすすめしています。コミュニケーション能力強化のために必要なポイントを説明します。

【コラム】テレワークによるコミュニケーション不足の課題に対する対策方法

【目次】

 

コミュニケーション能力が求められる背景

メンタル不調

社員にもとめるスキルの上位に「コミュニケーション能力」があります。「コミュニケーション能力」が大切とは、多くの方が知っています。

問題は「どうして改善されないのか?」です。コミュニケーション研修やセミナーなども多く開催されて、受講した経験のある人も多いです。しかし、いつまでもコミュニケーションの希薄化による生産性の低下が続いています。

 

 

組織に一体感には密なコミュニケーション

なぜ「コミュニケーション能力」の強化が求められるかというと、組織力強化、組織に一体感を生むためにはコミュニケーションが必要だからです。仲の良いチームと仲の悪いチーム、どちらがワンチームになれるかというと、「仲の良いチーム」です。なぜなら、仲の良いチームの方が、良いコミュニケーションが行われます。

組織論の観点からも「コミュニケーション能力」は重要です。組織に必要な要素として挙げられているのが「共通目的」「貢献意欲」「コミュニケーション」です。この3つの要素の強化によって、組織の一体感が高まります。中でも組織内の情報を共有するための「コミュニケーション」が特に重要です。

 

 

無機質化するコミュニケーション

社員に「コミュニケーション能力」が求められる理由は、コミュニケーションが無機質化しているからです。IT技術の発展により、対面しなくてもメッセージのやり取りが可能となりました。文字でのメッセージは「文字だけ」の情報であるため、感情や意図などを含みません。無機質な情報になります。そして、その無機質な情報が一日中ひっきりなしにやり取りされます。

1人当たりの対面でのコミュニケーションの時間が大幅に減っているのです。やり取りする情報量は増えているのに、その増えすぎた情報量に追いつけず、1件当たりのコミュニケーションが希薄化しています。だから今、より質の高いコミュニケーションができる能力が求められているのです。

【コラム】数値化できないコミュニケーション能力の目標設定方法と評価基準

 

 

コミュニケーションが改善しない理由

生産性向上

コミュニケーションが改善しないのは、「コミュニケーション能力の成長よりもIT技術の進化が速い」が大きな要因です。テレワークなど、ますます顔を合わせてのコミュニケーションの機会は減っていくでしょう。文字だけのコミュニケーションで内容の微妙なニュアンスや緊急性や重要性などを伝えるには、お互いを良く理解していないと難しいです。

だからこそ、コミュニケーション能力強化のための研修やセミナーが多く開催されています。それでも改善しないのはコミュニケーションを正しく理解していないからです。

 

 

日本語だから改善しなくても通じる

コミュニケーションが改善しない理由は、日本語で会話するので、改善しなくても一応は伝わった気がするからです。そして、指示どおりに動かなかった場合、相手の責任にするため改善が進みません。

コミュニケーションとは何かを正しく理解していないのが大きな要因です。コミュニケーションは、「話す力」と「聴く力」の双方向で成り立ちます。コミュニケーション能力を強化しなさいと言われると、多くの方が「話す力」を強化しようとします。スピーチ力、プレゼン力、説得力、交渉術などです。コミュニケーションが改善しない理由は「聴く力」を忘れているからです。

 

 

「聴く力」の強化方法を知らない

「聴く力」を強化できない理由は、「トレーニング方法がわからない」です。スピーチやプレゼンテーションの練習をした経験のある人は多いですが、「聴く」練習をした人は少ないです。そして「聴く力とは?」と質問しても、多くの方が答えられません。

「聴く力」はコーチング・コミュニケーションのトレーニングにより強化されます。コーチング・コミュニケーションでいう「聴く力」とは「相手に本音でたくさん話してもらう力」です。部下の報連相が無いとしたら、「聴く力」が無いからです。

「相手に本音でたくさん話してもらう」には、信頼関係構築など、さまざまな要素が含まれます。だから「聴く力」の強化は難しく、時間を必要とします。

 

おすすめのコミュニケーション能力強化の方法

事業承継

コミュニケーション能力を強化には「話す力」と「聴く力」の両方を強化する必要があります。「話す力」を強化するための研修やセミナーは、数多くの種類があります。そして、これまでも強化のためにトレーニングされてきたのではないでしょうか。

「聴く力」を強化するための研修やセミナーは、カウンセリングやコーチングスキルがあります。ビジネスで活用するのであれば、コーチングスキルをオススメします。コミュニケーション能力を高めるなら、何を強化する必要があるか明確にしての研修やセミナーの受講が大切です。

 

 

話す力を強化

「話す力」のレベルはイメージしやすいでしょう。「たどたどしく話す」「流ちょうに話す」「わかりやすく話す」「感動させるように話す」などのように、「話す力」は上手い下手のイメージがあります。

そして、多くの方が「相手に伝わらないのは話す力が無いから」と考える傾向にあります。コミュニケーション能力を高めるを言うと、「説明力」「スピーチ力」「プレゼンテーション力」「交渉力」「トーク術」などを学ぼうとされます。そのため、多くの方は「話す力」はすでに強化されています。

「話す力」で忘れられがちなのは、「うまく話す」よりも「相手が理解できる言葉で話す」が重要ということです。アメリカ人と話すときは、たどたどしくても英語で話した方が伝わるでしょう。小学生と話すときは、小学生が理解できるような言葉に変換しないと伝わらないでしょう。

部下や後輩と話すときは、「これぐらいわかってくれるだろう」という前提で話してませんか?その思い込みがミスコミュニケーションを生みます。「話す力」の前に、「相手を理解する」が必要です。相手を理解するために必要なのが「聴く力」です。

 

 

聴く力を強化

「聴く力」は、相手を理解するための力です。相手を理解するために「本音でたくさん話してもらう」が重要になります。「本音で」が重要です。怒られるのが嫌だからとウソの報告をされたら、それはコミュニケーションではありません。

「本音で」話をしてもらうためには、信頼関係が必要です。「すぐ怒る」「否定、批判する」「無視する」「成果を奪う」などを行う人とは、信頼関係が構築できないでしょう。どんなに「話す力」があったとしても、相手は素直に受け取らない可能性が高まります。

「聴く力」の強化は、信頼関係構築まで含むので難しく、時間がかかります。すぐにはできないことを前提としても、まずは形から入る必要があります。

・聴くときは相手の方を向く
・あいづち、うなずき、反応を見せる
・テンションを合わせる
・意見を抑えて、聴くに集中する
・もっと話してと促す

以上を継続的に行うことにより、相手は少しずつ話しをしてくれるようになります。最初は自分の意見を言いたくなります。「話す力」が強い人ほど、その傾向が強いです。慣れるまで継続してのトレーニングが大切です。

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

コミュニケーションにコーチングスキルを採用したセミナー

コーチングスキル

コミュニケーション能力強化について、多くの方は「話す力」が強いです。面接練習など、「話す」トレーニングはしているからです。

強化する必要があるのは「聴く力」ですが、トレーニング方法はコーチングスキルの習得をおすすめします。コーチングスキルの強化が「聴く力」強化につながるからです。職場のチームワークを強化するためにもコーチングスキルを取り入れたコーチング・コミュニケーションのセミナーの受講をおすすめします。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナーはこちら】