部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

人事評価制度

会社で仕事をする上で、社員のモチベーションは欠かせません。

 

社員の主体性、積極性の有無によって、仕事の進み方が変わります。上司にとって、部下のモチベーションマネジメントは大切な仕事です。

 

多くの上司が、部下のモチベーションが低いと悩みます。そして、部下本人のやる気の問題と考えがちです。

 

学生時代を振り返って、好きな教科、嫌いな教科があったと思います。苦手な教科が生まれたのは、学生本人の問題でしょうか?それとも先生の問題でしょうか?

 

時に、上司や先輩が部下のモチベーションを下げてしまう場合があります。仕事をスムーズに進めるには、部下のモチベーションを高める上司にならなければなりません。

 

上司ならではのコミュニケーション能力がもとめられます。

 

 

【コラム】部下が退職を決意する前にモチベーション低下の理由に気づく方法

【目次】

 

社員のモチベーションアップが重要

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションアップが重要です。

 

なぜなら、企業は少ない人材、少ない時間で高い成果が出さなければならないからです。働き方改革、最低賃金の上昇など、生産性アップの要求が高まっています。

 

 

生産性改善

少ない人材、少ない時間で成果を高めるには、社員のモチベーションアップが欠かせません。やる気ないチームとやる気いっぱいのチーム。同じ作業でも、成果が異なります。

 

つまり、社員のモチベーションの高さに、会社の業績が左右されるのです。会社が成長させられるかは、社員のモチベーションをアップできるかにかかっています。

 

 

 

離職率改善

人手不足に陥っている状況で会社に大切なのが、離職率の改善です。離職率アップも、会社の生産性を大きく低下させます。

 

社員が退職する理由は、モチベーションが大きく下がった結果によります。社員のモチベーションアップが手遅れになると、離職率の悪化につながるのです。

 

【コラム】コミュニケーション能力とは-仕事で必要とされる理由と高める方法

 

 

 

社員のモチベーションを下げる上司

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションが下がる理由は何でしょうか?それは、多くの場合、上司にあるようです。

会社を退職する理由ランキング、職場のストレス要因ランキング、では、常に上司との人間関係が上位にきています。

 

 

やりがい搾取

「やりがい搾取」という言葉あるそうです。部下の正義感に頼って、仕事を押し付ける行為です。当然、部下のモチベーションを下げます。

 

部下がやりがいを感じる仕事の任せ方ができているか、上司の役割です。部下なんだから、まかされた仕事をするのは当然という考え方では、部下のモチベーションは下がるでしょう。

 

 

 

社員との人間関係が全ての原因

会社を退職する理由、ストレスで精神を病む理由のどちらも、上司との人間関係が大きな要因となっています。

 

・仕事に対して評価をしてくれない
・すぐに否定、批判をしてくる
・雑用ばかり任せてくる
・指示命令が締め切り間際にくる
・発言がコロコロ変わる
・いつもイライラしている
・リーダーシップがない

 

このような行為が、部下にストレスを与え、モチベーションを下げます。

 

 

 

 

 

部下のモチベーションをアップするには

コーチング・コミュニケーション

部下のモチベーションをアップするには、まず人間関係改善から取り組むのが大切です。

しかし、人間関係改善はすぐにできません。2,3年はかかると考えて、他の取り組みと並行しての継続が重要です。

 

多くの上司が仕事が落ち着いたら・・・と言いますが、仕事は落ち着きません。

 

 

 

コミュニケーション能力の強化

人間関係を改善するためには、コミュニケーション能力を強化する必要があります。「コミュニケーション能力を強化する」ときくと、多くの方が、「話す力」を強化しようとします。

 

どのようにしたら説得できるかを考えます。つまり、相手を黙らせて指示に従わせようとします。どんなに上手く伝えたところで「雑用」は「雑用」です。

 

部下からしたら、「あの手この手でうまく利用しようとしてるな」と感じるだけです。さらに不信感を強化してしまう可能性があります。

 

大切なのは「聴く力」の強化です。相手の話を聴かずに一方的に自分の意見を通そうとするから衝突するのです。上司は相手の話を聴く力がもとめられます。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションの導入

「聴く力」の強化が大切なのですが、多くの方が「聴く力」の強化方法を習ったことがありません。「ちゃんと聴きなさい」と言われるぐらいです。

 

「聴く力」の強化方法は、コーチング・コミュニケーションの導入をオススメします。コーチングスキルを取り入れたコミュニケーション手法です。

 

コーチングとは聴く力に重点を置いたコミュニケーションは、傾聴力、質問力、フィードバック力が必要です。

コーチングは信頼関係が無いと、上手く機能しません。信頼関係構築もスキルに含まれます。

 

【コラム】チームワークの一体感を醸成するコミュニケーション方法

 

 

 

部下のモチベーションをアップする上司に

経営者

企業を取り巻く環境が大きく変わっています。そのような中、機敏にチームのかじ取りをするには、上司のリーダーシップが欠かせません。

 

リーダーシップを発揮するには、部下から信頼されていないと発揮できません。

コミュニケーション能力を強化し、部下との信頼関係を構築し、部下のモチベーションをアップする上司を目指しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】