部下のモチベーションを高めるリーダーシップ

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

働き方改革、人手不足の影響により、少ない時間、少ない人数でより大きな成果がもとめられています。

 

そのため、管理職は部下などメンバーのモチベーションを高めなければなりません。モチベーションが積極性、主体性を左右し、仕事の生産性に大きな影響を与えるからです。

 

モチベーションアップ方法は、インターネットを調べても、本屋に行っても数多くそろっています。

しかし、多くの管理職がモチベーションの悩みを解消することができていません。

 

部下のモチベーションアップに必要なのはシンプルです。魅力的なリーダーシップと質の高いコミュニケーション能力の2つです。

 

組織に一体感を醸成する方法を、リーダーシップとコミュニケーション能力の観点から説明します。

 

 

【コラム】中小企業がコロナウイルス感染拡大による不況を乗り切る対応策

【目次】

 

上司はワンチームをつくるのが役割

コーチング・コミュニケーション

上司の仕事はチームの成果の最大化です。同じスキル、同じ人数のチームに勝つには、相手のより強いワンチームに作り上げるのが重要になります。

 

上司はリーダーシップを発揮し、部下のモチベーションを高める行動がもとめられます。

 

 

 

 

リーダーシップを発揮するとは

「リーダーシップを発揮する」とは、方向性を示し、メンバーのモチベーションを高めてチームをまとめ、状況変化にあわせ的確に意思決定をすることです。

 

経営環境の変化や競合企業の攻勢にアタフタしていたらメンバーは不安になります。

リーダーの意思決定がチームの将来を決めます。迷って決められない状況も、「先延ばしにする」意思決定です。

 

経営者が変わると会社が変わると言われるように、リーダーのチームに与える影響は大きいです。

 

 

 

 

モチベーションの高いチーム

リーダーの影響力は大きいですが、リーダーについていくかどうかは部下に選択権があります。部下がついてこなかったら、人数が多くても成果は小さいものになります。

 

部下のモチベーションを高めて、チームをまとめる行動が重要になります。部下をまとめるには、「この人についていきたい」と思ってもらえるかが重要です。

 

部下にビジョンを伝えたり、モチベーションを引き出すなど、コミュニケーション能力の高さが求められます。

 

【コラム】メンタルヘルスとは~職場からメンタル不調者を出さない取り組み~

 

 

 

 

組織に一体感を醸成する

コーチング大阪コミュニケーション

「ワンチームにする」は、「組織に一体感を醸成する」です。組織の一体感を醸成するには何をすればよいのでしょうか。

バーナードが提唱した組織の3要素からみてみたいと思います。

 

 

 

 

組織の3要素とは

組織の3要素とは、組織に必要な3つの要素で、以下の3つになります。

 

・共通目的(リーダーシップ)
・貢献意欲(モチベーション)
・コミュニケーション

 

ただの人の集まりに、この要素が加わると組織、チームに変わります。組織力を強化するとは、この3つの要素を強化することです。スポーツチームでたとえるとわかりやすいです。

 

ラグビーチームには勝つ「共通目的」が存在し、リーダーシップを発揮しその方向性を示します。

 

その目的が魅力的なのでメンバーの「貢献意欲(モチベーション)」が高まります。勝つ「共通目的」のために密な「コミュニケーション」を行います。

 

その度合いが強いほど、団結力の強いチームになります。個人個人のスキルの強さの影響も多少ありますが、組織力の強さの方が経営に与える影響が大きいです。

 

個人個人のスキルの影響の方が大きいなら、高学歴の人材が集まっている大企業がベンチャー企業に負けることはなくなります。

 

 

 

 

コミュニケーション能力が重要

リーダーの意思決定は最重要になりますが、組織のベースにコミュニケーション能力の重要性は高いです。

コミュニケーションがゼロであれば、メンバーがバラバラになり組織として機能しません。

 

リーダーシップを発揮する、部下のモチベーションを引き出すには、コミュニケーション能力が重要です。コミュニケーション能力は組織の全員が高めなければいけません。

 

しかし、コミュニケーション能力の強化はものすごく難しいものです。

コミュニケーション能力が大切と言われ続け、いまだに改善しないのは、その難しさを正しく理解していないからです。

 

 

 

 

 

コミュニケーション能力を強化する

人事評価制度

各企業も社員に求めるスキルの上位に「コミュニケーション能力」を挙げています。

 

コミュニケーション能力を強化したい人も多いですが、方向性を間違っているケースがよくみられます。

コミュニケーション能力といえば「プレゼンテーション力」や「交渉力」を強化するイメージを持つ人が多いです。

 

 

 

 

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、「話す力」と「聴く力」があって、初めて成り立ちます。

 

目的は「情報共有」です。話し手が伝えたい内容を、聴き手に正確に伝える能力です。そして、「話す力」の強化に取り組む人が多いです。

 

しかし、コミュニケーションの基本は「相手がわかる言葉で伝える」です。

 

アメリカ人とコミュニケーションとるときは、英語を使います。子どもとコミュニケーションをとるときは、子どもにもわかる言葉を使います。

 

部下とコミュニケーションをとるときは、部下に理解しやすい言葉を使います。

 

「これぐらいわかってるだろう」との前提でコミュニケーションをとるのが間違っているのです。

 

実際は、「話す」前に、相手を理解するために「聴く」が必要になります。「聴く力」が無いと、うまくコミュニケーションがとれないのです。

 

一方的に自分の言いたい事だけを伝えていると、部下のモチベーションが下がるかもしれません。「聴く力」を強化し、コミュニケーション能力を高めましょう。

 

 

 

 

聴く力を強化する

多くの方は、「聴く力」の強化が必要です。なぜなら、「聴く力」のトレーニングを行った経験が無いからです。

そもそも「聴く力」を強化する方法は、「集中して耳を澄ます」とぐらいしか思っていない人もいます。

 

この場合、コーチングでの「聴く力」の考え方を取り入れるのがおすすめです。コーチングでの「聴く力」とは、「相手が本音でたくさんはなしてくれる力」です。

 

コーチングスキル「傾聴」「質問」「フィードバック」を駆使して、「聴く力」を強化します。簡単そうに見えるかもしれませんが、なかなか難しいです。

 

とくに嫌われている上司が、コーチングスキルを駆使したところで部下は本音で話しません。聴く力強化は信頼関係構築も含めて、長時間のトレーニングが必要です。

 

部下のモチベーションアップのためにも「聴く力」の強化に取り組みましょう。

 

【コラム】バーナード組織の3要素~共通目的・協働意欲・コミュニケーション

 

 

 

部下のモチベーションを高めるリーダーシップを

コーチング・コミュニケーション

リーダーシップを発揮して、メンバーのモチベーションを高め、組織をワンチームにしていくには、コミュニケーション能力がもとめられます。

 

コミュニケーション能力を高めるには「聴く力」の強化が必要です。効果も高いです。なぜなら、これまでトレーニングの経験が無いからです。

 

しかし、「聴く力」の強化は、時間もかかり難しいです。

 

難しいけど取り組むのか、難しいから先延ばしにするのか、リーダーとしてのあり方がわかれます。ぜひ、部下のモチベーションを高められるリーダーシップを発揮してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】