人が来ない中小零細企業が人材採用を優位に進める方法

コーチング・コミュニケーション

中小零細企業は人材獲得競争においても不利に立たされています。人材採用が難しい理由はさまざま存在しますが、知名度の無さも大きな要因でしょう。人材採用にもマーケティングの知識が必要になってきます。また自社という商品の品質もアップしなければなりません。

そうでないと、採用したのにすぐ辞められるということが発生します。自社の経営品質を向上するとともに、認知度アップのマーケティング活動も行わなければなりません。

【人材採用のためのコミュニケーション能力強化について】

 

【目次】

 

中小零細企業の人材採用が課題

コーチング・コミュニケーション

中小零細企業にとって、人材採用が課題になっています。

その理由は、募集しても来ないことと、採用しても辞めてしまうところにあります。

 

 

募集しても来ない

中小零細企業は、ネットで検索されることはほとんどありません。indeedなどに載せても他の企業の中に埋もれてしまうことがよくあります。

そのためハローワークに登録することはありますが、なかなか良い人材が来てくれません。なぜなら、給料、勤務時間、福利厚生などで他の企業に見劣りすることが多いからです。

 

 

入社しても辞めてしまう

せっかく採用しても、すぐに辞めてしまうことも多いです。その理由はミスマッチです。

労働者側、会社側双方にとって期待していたのと違ったということが発生します。お互いに歩み寄ることができないため、すぐ辞めてしまうというところにつながります。

【人材採用のためのコミュニケーション能力強化について】

 

 

中小零細企業の人材採用が困難な理由

コーチング・コミュニケーション

中小零細企業が人材採用に苦しむ理由は多くあると思いますが、ざくっというと企業の魅力です。

企業の魅力が無い、もしくは企業の魅力が伝わっていないことが原因です。

 

 

企業に対するイメージ

中小零細企業に対するイメージはどのようなものでしょうか?労働者側から見ると、大企業と比較して「給料が低い、福利厚生が整っていない、社員教育制度が整っていない、経営が苦しい、将来性が無い、残業代が出ない」などなどのイメージを持たれます。

人手不足の状況の今、労働者側に有利な状態にあります。他の会社に比べて、魅力がなければ、選ばれません。

 

 

そもそも知られていない

中小零細企業は、大企業と異なり、そもそも知られていません。就職先として指名されることがありません。

そのため、数万社の中から見つけてもらうためには自らPRしなければなりません。自らPRしても、他の会社に就職するより良いと思ってもらえるようにPRすることが必要でしょう。

【人材採用のためのコミュニケーション能力強化について】

 

 

中小零細企業の人材採用対策

コーチング・コミュニケーション

中小零細企業の人材採用対策について、即効性のあるものはありません。

しかし、始めなければ、いつまでたっても人材採用に苦しむことになります。

 

 

将来が期待される会社にする

採用に関するマーケティングも、商品サービスに関するマーケティングも一緒です。商品そのものにがっかりされたら、人は離れて行きます。採用マーケティングでは、商品が会社そのものになります。会社に魅力がなければ、せっかく入社しても辞めていくでしょう。

逆に入社してよかったと思うなら、口コミで広がることが期待できます。

 

 

採用マーケティングに力を入れる

入社してよかったと思ってもらえる会社にできたら、採用マーケティングの効果が発揮されやすくなります。口コミ、ホームページなどでPRもできますし、良い会社であれば、説明会でも自信もって他社よりうちの方が良いと言えるでしょう。

採用に関するマーケティング方法は、本当にいろいろあります。そのためにもPRできるポイントを育てましょう。

【人材採用のためのコミュニケーション能力強化について】

 

 

どんな大企業も零細からスタート

コーチング・コミュニケーション

「中小零細になんか人は来ないよ」といわれることがあります。しかし、どんな大企業も最初は零細からスタートしています。

そう考えると人が集まるかどうかは、「将来に期待が持てるか」にかかっているような感じがします。経営者自ら、自社の将来に悲観的になっているような会社にはさすがに誰も来ないでしょう。経営者が夢を語れるぐらい、ワクワクするような会社にすることが大切です。

【人材採用のためのコミュニケーション能力強化について】