中小零細企業でも人材採用に成功するために必要なこと

求人

「うちは零細だから、良い人材が来ない」そう言われる社長がいます。

本当にどんな零細企業も良い人材が来ていないのでしょうか?

絶対にでしょうか????

 

人材が集まる中小企業もあります

中小企業といっても、人材が殺到し、採用で来ている会社もあります。

町工場のような零細企業でも、定時退社を実現して人材をひきつけた会社の記事がインターネット上に載っていました。

どうやったら人材が来るか全社員で考えて職場改革を行い、見事に人材を呼び込むことに成功した会社もあります。

2015年版中小企業白書の第2部第2章は「人材確保・育成」がテーマでした。

参考になるところが多いのではと思います。

ぜひ、一度読んでみてください。

 

人材が来ない会社は、人材が来ない理由がある

良い人材が来ないと嘆いている社長は、いろんな言い訳をしていないでしょうか?

うちは零細だから
今不景気だから
景気が良くても従業員が大企業志向だから
・・・

などなど、人材が来なくも仕方がないとあきらめています。

人材が来る会社は、さまざまな環境の中でも「どのようにして会社を良くしていこうか」を考えています。

人材が来ない会社はあきらめて何もしない。

人材が来る会社は何か改善をしつづけている。

そのような大きな違いを感じます。

 

会社の組織風土はすぐには変わらない

会社の組織風土を変えたいと思っている経営者は多くいます。

ただし、組織風土はすぐにはかわりません。

なぜなら組織は人の集合体でできているからです。

人の性格はすぐには変わりません。

だから組織もすぐには変わらないのです。

そして2つのタイプの経営者に大きく分かれます。

すぐ結果が出ないからとあきらめて違う方向に行く経営者と、根気よく続ける経営者。

どちらが正解かは結果論なので、わかりません。

時代の流れによる運不運もあります。

けど組織風土を変えることに成功した経営者は、根気よく会社を変えようとあきらめなかった経営者ばかりのように感じます。

 

経営資源の中でもっとも手に入りにくい資源が人材

人、モノ、金、情報という経営資源の中で、人がもっとも手に入れるのに時間がかかります。

そして、その時間を短縮しようと、お金で良い人材を獲得するケースはあります。

しかし中小企業の多くは、安く良い人材を入手しようとします。

安い給料で、良い人材が来ないと嘆きます。

それは手に入りませんよね。

高い給料がもらえる人材が、わざわざ安い給料の会社で働く意味がありません。

 

給料以外で御社で働くメリットは何ですか?

安い給料で良い人材を手に入れようと思ったら、給料以外にメリットが必要です。

良い人材が来ないと不満を言っていたとするなら、良い人材が御社で得られるメリットは何ですか?

おそらく、給料では他社に負けるかもしれません。

だから給料以外でメリットを提示する必要があります。

中小零細企業ならではのメリットとは何でしょうか。

まずは仕事の内容です。

御社の仕事の面白さって何でしょう?

ただ言われたことだけをやるなら面白くないでしょう。

面白くないとわざわざ中小企業で仕事するメリットがありません。

その他の要素としては人です。

御社で働くことによって、どのような仲間ができるのでしょう?

ネガティブな発言ばかりが飛び交っているような職場は嫌でしょうね。

たとえ入社したとしても、同じくこの会社はダメだとネガティブになってやめてしまうかもしれません。

 

自慢できる会社にする

自信もって、大企業よりもうちで働いた方が絶対いい!と言えるぐらいになったら人が集まってくるかもしれせん。

考えたからすぐ結果が出るものではないし、数年かかる場合もあると思います。

それでもやり抜こうとする態度があれば、人材は惹きつけられるものを感じるのではないでしょうか。

 

【コーチン・コミュニケーション入門セミナー】