ロングテール現象効果を活用した戦略のメリット・デメリット

リーダーシップ

インターネットショッピングは、商品をキーワードで検索でき、探している商品を見つけやすいというメリットがあります。

 

そして、購入される商品は、売れ筋商品ではなく、「こんな商品あったんだ」と驚くぐらいマイナーな商品であることもあります。

マイナーな商品の売上額もチリが積もれば山となります。

 

インターネットショップで採用されているのがロングテール戦略です。メジャーどころは価格勝負になってしまうため、いかにオリジナルな品揃えを行うかが大切です。

 

ロングテール戦略について説明します。

 

 

【コラム】コーチングの資格は独学でも取得できる?~コーチングの勉強方法~

【目次】

 

ロングテール戦略の意味

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ロングテール戦略というキーワードがあらわれて、しばらくします。

Amazonの登場で注目されていますが、ネットショップならではの戦略です。ネットショップ以外では100均で見られますが、物流の力が必要な、それだけ難しい戦略ともいえます。

 

 

ロングテール戦略とは

ロングテール戦略のロングテールとは、IT用語辞典e-Wordsに次ようにあります。

 

ロングテールとは、インターネット上での現象は生起頻度の低い要素の合計が全体に対して無視できない割合を占めるという法則。縦軸を頻度として横軸に頻度の高い順に項目を並べたグラフを描くと、右側に低頻度の項目が大量に並び、長く伸びた動物の尻尾のように見えることからこのように呼ばれる。
(出典:IT用語辞典e-Words:http://e-words.jp/w/ロングテール.html

 

売れ筋の商品をそろえるのが商売の基本とされてきましたが、インターネットショップでは、売れ筋以外の商品も合計したら見逃せないぐらいの売り上げになります。

 

ロングテール現象と表現されます。売れ筋以外の商品でどれだけ売り上げを伸ばせるかが、インターネットショップの勝敗を左右します。

 

 

 

ロングテール戦略の理由

インターネットショッピングは、消費者にとっては、いつでもどこでも商品を購入ができます。ショップ側にとっては、全国に商圏を広げられます。

 

デメリット面としては、競争が全国に広がるとともに、売れ筋商品の価格以外の差別化が難しくなりました。

 

そこで大切になってくるのが取扱商品の差別化です。売れ筋以外で売れる、ロングテールの商品を扱えるかどうかがネットショップの競争優位性を決めます。

 

 

【コラム】1on1ミーティングとは~目的と効果とメリット・デメリット~

 

 

 

ロングテール戦略の効果

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ロングテール戦略の効果は、ショップ側としては顧客の取りこぼしがなくし、機会損失の抑制でしょう。売り上げの拡大が期待できます。

 

 

 

ロングテール戦略のメリット

ロングテール戦略のメリットは次のようなものです。
・売り上げの拡大
・従業員満足度の向上
・消費者の囲い込み

 

 

ロングテール戦略のデメリット

ロングテール戦略のデメリットは次のようなものです。
・在庫コストの拡大
・商品管理コストの拡大
・企画力が必要

 

 

 

 

 

ロングテール戦略のポイント

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ロングテール戦略はインターネットショップでは必須の戦略といえます。しかし、やりすぎるとコストが増加します。品揃えとコストのバランスが大切です。

 

 

 

コストアップと品揃えのバランス

ロングテールになると、売れ筋以外の商品を扱います。売れ筋以外の商品はキリが無いです。

 

それらを在庫として管理するには、スペースが必要になります。管理する人の負担も増加します。ホームページに登録したり削除したりする作業も増えます。

 

売れ筋で無いにしても、まったく売れないものは困ります。品揃えの幅とコストのバランスをとりながら専門性を出していく戦略が大切です。

 

 

 

ある分野の商品なら何でもあると思わせる

ロングテール戦略の魅力は、顧客の囲い込みです。ここに行けば、特定の分野の商品ならなんでも揃うという安心感を与えられたら顧客の囲い込みができます。

 

カテゴリーを広げると、在庫管理のコストが膨らみます。分野を絞り、専門性が大切です。インターネットショップの課題は差別化です。

 

ロングテール戦略を実現しつつ、差別化を行うには、専門分野を絞り込めば絞り込むほど強化されます。

 

【コラム】部下のモチベーション低下の理由~退職を決意する前に気づく~

 

 

 

顧客のニーズにどこまでこたえるか

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

顧客の価値観の多様化とともに、「こんな商品が欲しい」も多様化しています。ロングテールの勝因は「顧客のこんな商品が欲しかった」に応えられるかによります。

 

ビジネスの基本は顧客のニーズに応えるです。だから、ロングテール戦略は自然な流れです。

 

そう考えるとインターネットショップ以外も、顧客の細かな要望に応えれば応えるほどロングテール戦略となります。

 

ただ他の業界は、ロングテールの要望にかかわれば関わるほど、経営資源が分散する可能性があります。

どのようにコストを抑えながらロングテールのニーズに対応するかが大切なポイントです。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】