仕事のコミュニケーション能力を高める方法~聴く力を強化する~

コーチング・コミュニケーション

ラグビーワールドカップで日本代表の活躍もあり、「ワンチーム」というキーワードがよく使われます。しかし、缶コーヒーサントリーBOSSのCMでもありますように「ワンチームという掛け声だけでは、ワンチームになれない」というのが現状です。ワンチームになるためには、積極的にチーム内でコミュニケーションをとらなければいけないからです。

ワンチームという言葉は今に始まったキーワードではなく。会社という組織で仕事をする以上、生産性向上のためにずっと必要とされてきた言葉です。メンバーが協力し合わないと、良い仕事ができないからです。

仕事でコミュニケーション能力の重要性もいわれ続けていますが、なかなか改善されていません。それはコミュニケーション能力とは何かを、正しく理解できていないからです。多くの方がコミュニケーション(通信)とカンバセーション(会話)の違いを説明できません。仕事に必要なコミュニケーション能力の重要性ついてしっかり理解し、能力アップをはかる方法を説明します。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキルはこちら】

【目次】

 

仕事にコミュニケーション能力が求められる背景

コーチング・コミュニケーション

企業が社員にもとめる能力として「コミュニケーション能力」が上位にきています。仕事でコミュニケーション能力アップの重要性が増している理由について説明します。

 

 

コミュニケーションが希薄化している

最近、若い人のコミュニケーション能力が低いという方がおられますがそうではありません。コミュニケーションの取り方が変わってきているのです。

インターネットの高速化により、扱う情報量がひと昔前より大幅に増加しています。そして、仕事で行うコミュニケーションの相手も大幅に増えています。そのため、1人当たりのコミュニケーションの時間が短くなっています。しかも、文字でのコミュニケーションが増えているため無機質になりがちです。

IT技術の発展、効率化重視の中で、仕事でのコミュニケーションが希薄化しているのです。そのため、コミュニケーション能力の質を高める必要がでてきました。

 

 

生産性向上にコミュニケーション能力を高める

コミュニケーション能力を高める目的は、生産性向上です。指示命令が上手く伝わらない、報連相がないという問題があれば、それだけ仕事が遅くなります。どんなにIT技術が進化しても、人同士のコミュニケーションがボトルネックになります。

IT技術などのシステムは、競合他社と同じもの使えば、それほど差はできません。そのため、企業間競争において、仕事の生産性の差が出るのは人同士のコミュニケーションの質になります。それが分かっているので、多くの企業でコミュニケーション能力を高める努力が求められています。しかし、その効果が上がっていないのであれば、基本に立ち返る必要があります。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキルはこちら】

 

 

コミュニケーションスキルの基本に立ち返る

コーチング・コミュニケーション

多くの方が、コミュニケーションを曖昧に捉えています。コミュニケーションとカンバセーション(会話)の違いも明確ではありません。能力を高めるためには、コミュニケーション能力とは何か、基本をしっかり押さえておく必要があります。

 

 

コミュニケーション能力とは

コミュニケーション能力とは、「話す力」と「聴く力」によって構成される能力です。そして、コミュニケーションの目的とは、「情報共有」です。コミュニケーションの意味を曖昧に理解されている方が多いです。「話し手」が話した内容がそのまま「聴き手」に伝わる必要があるのです。

「指示したのにやっていない」
「そんなつもりで言ったのではないのに怒らせてしまった」
「これぐらいわかってくれると思っていた」

このような課題が発生していたら、コミュニケーションで「話し手」と「聴き手」は情報共有できていなかったとなります。

 

 

コミュニケーション能力が高い状態とは

コミュニケーション能力が高い状態とは、情報共有レベルが高い状態です。職場のチームでいうと、ある問題が発生したとき、その情報が正確にメンバーと共有される状態です。

もし、「報告したら怒られるから黙っておこう」ということがあれば、問題は共有されません。企業の不正の隠ぺいなどは、コミュニケーション能力が低い状態で発生します。つまり、能力が高い状態と低い状態では、仕事の生産性に大きな差が出るのです。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキルはこちら】

 

 

コミュニケーション能力を高めるには

コーチング・コミュニケーション

コミュニケーション能力を高めるためには、発言しやすい環境を作る必要があります。悪いことでも、本音で話せる環境でないと、正確な情報共有は行われません。発言しやすい環境をつくるために重要な課題は「聴く力」の強化です。

 

 

聴く力に重点を置く理由

「聴く力」に重点を置く理由は2つ。

・「聴く力」は「話す力」よりも伸びしろが大きい
・「聴く力」があって、初めて「話す力」が生きる

多くの方は、自己紹介や面接、スピーチ、プレゼンテーション、交渉力など、「話す力」を磨いてきました。

しかし、「聴く力」は?

「聴く力」の強化に取り組んだ経験が無いから、伸びしろが大きいのです。そのため、強化したらコミュニケーション能力を高める効果は大きいです。また、「聴く力」とは「相手が本音でたくさん話してくれる力」の力をいいます。上述したように、「聴く力」が無いと、情報共有が行われないからです。

 

 

聴く力の強化方法

多くの方が「聴く力」のトレーニングをしてきていません。それは方法がわからないからです。「集中して耳を澄ますこと」と思っている方もいます。残念ながら、信頼されていない人がどんなに集中して耳を澄ましても、相手は本音で話してくれません。聴く力は「信頼関係を構築する」が前提で行われます。だから難しいので、多くの方が挫折します。

聴く力の強化方法として、オススメはコーチングスキルのトレーニングをすることです。コーチングセッションは聴く力が無ければ効果を生みません。そのため「コーチングセッションができる=聴く力が強化されている」となるからです。コミュニケーション能力アップにつながります。

【社員の主体性を引き出すコーチングスキルはこちら】

 

 

聴く力を強化してコミュニケーション能力を高める

コーチング・コミュニケーション

仕事の生産性は「個人のスキル×コミュニケーション能力」で決まります。どんなにコミュニケーションスキルがあっても報連相ができない、仕事の指示が聞き取れないでは仕事が進みません。

IT技術の進化により、ますます処理しなければならない情報が増えてきます。仕事において、短い時間でより質の高いコミュニケーション能力が求められています。「聴く力」を強化し、コミュニケーション能力を高めましょう。そのためにも、コーチング・コミュニケーションはオススメです。

【聴く力を強化するコミュニケーション能力アップ方法はこちら】