コーチング、コンサルティング・ティーチング、カウンセリングの違い

コーチング
友人や知人が悩んでいるとき、助けになりたいと思うことがあるでしょう。その際、「コーチング」「コンサルティング・ティーチング」「カウンセリング」「セラピー」どれが優れているのか?悩んだことがあるかもしれません。
 
セミナーでも「コーチングとティーチングの違いを知りたい」「コーチングとコンサルティングの違いを知りたい」といわれます。
 
どれもメリット・デメリットがあり、補完関係にあります。クライアントの問題の内容に合わせて使い分ける必要があります。そして、同じサービスでも提供者により品質にばらつきがあります。
 
同じ「コーチング」としても、初心者と熟練者では効果に大きな差があります。
 
コーチング、コンサルティング・ティーチング、カウンセリングの違い、メリット・デメリットを整理してみました。
 
 
 
 
 

問題を解決するために活用する

生産性向上
 
問題が発生したら、それを解決するために行動します。方法は大きく分けて2つです。「自分で調べて解決する」もしくは「誰かに相談して解決する」です。それぞれの方法について詳しくみてみます。
 
 
 

自分で調べて解決する

問題を解決したいと考えたとき、インタネットで検索することが一般的です。本屋でノウハウ系の書籍を購入するという方法もあります。課題や悩みを解消するノウハウは簡単に手に入ります。
 
メリットとしては「費用があまりかからない」です。しかし、ピンポイントで自分自身の悩みを解消する方法が見つかるかどうかはわかりません。
 
とくに、人間関係に関する問題や疲れなどは解決することは難しいかもしれません。もちろん、この本に出会って人生観が変わったなどの話をきくことはあります。
 
 
 
 
 

専門家に相談する

専門家に相談すると、自分自身の課題をピンポイントで解決することに近づきやすいかもしれません。しかし、デメリットは「費用がかかる」ということがあります。そして、「サービスがいろいろありすぎて、どれが良いのかわからない」です。
 
コンサルティング(ティーチング、アドバイザー)、カウンセリング、コーチング、セラピーなどの違いを整理します。どのサービスもメリット・デメリットがあります。
 
また属人的で、同じサービスでも提供者に左右されます。学校の先生でも教えるのが上手い下手があるのと同じです。
 
 
 
 

積極的アプローチ

コーチング・コミュニケーション
 
専門家に直接的にサポートしてもらうものになります。知識や経験はサービス提供者の方が持っているという前提で行われます。積極的に解決するためにアプローチしてもらえるので、課題解決は早いです。
 
デメリットは専門家により、違うことを言う時があるため、どれが正しいのかよくわからなくなります。良い専門家を選ぶことが大切です。
 
 

ティーチング、コンサルティングなど

弁護士や税理士などの士業
経営コンサルタント
ITコンサルタント
イメージコンサルタント
各種学校の先生
各種アドバイザー
など
 
専門分野の知識や経験をもとに、お客様の課題や悩みを解消してくれます。
 
【メリット】
・課題解決が早い!(自分で調べたりする労力と比較して)
 
【デメリット】
・費用が相対的に高い?(自分で調べる時間と労力から考えると安いとも言えます)
・クライアントの状況を無視して教科書的なことしかアドバイスしない場合がある
・専門家との相性やレベルによって、解決のレベルも左右される
 
 
以上のように、課題解決スピードは速いです。「重要かつ緊急に」解決しなければならないときは、サービスを依頼した方が早いです。ただし、繰り返しになりますが、これらのサービスは属人的ですので、品質の高さは人に左右されます。日ごろから、気に入りのサービス提供者を見つけておくことをオススメします。
 
 

セラピー

アロマセラピー
ヒプノセラピー
カラーセラピー
など
 
セラピストがクライアントのために積極的に施術してくれます。各種セラピストの専門的サービスにより、お客様の課題や悩みを解消してくれます。「癒す」というイメージが強いかもしれません。
 
【メリット】
・課題解決が早い!
 
【デメリット】
・サービスの名前から効果が見えにくい
・専門家との相性やレベルによって、解決のレベルも左右される
 
いろいろ体験してみて、自身に合うサービスを探すことが大切です。
 
 
 

聴く中心アプローチ

コーチング・コミュニケーション研修
 
消極的というわけではなく、積極的に話を聴くアプローチ方法になります。知識や経験はクライアントの方が持っているという前提で行われます。そのため、サービス提供者からアドバイスなどは行いません。内省により、自分自身で課題解決することを促します。
 
課題解決には相対的に時間がかかるかもしれません。問題が大きくなる前に相談することが大切です。
 
また、サービス提供者により品質がバラつきます。
 
 

カウンセリング

過去のことや悩みや課題解決に焦点をあてます。「癒す」ことを目的としています。
 
悩みや課題を吐き出してもらいながら、ストレスも吐き出し解消をサポートします。焦らせるとストレスが増えるので、課題解消にかかる時間は相対的にゆっくりになります。
 
【メリット】
・指示されない、コントロールされないので安心できる
・内省するので自己理解が深まる
・物事のとらえ方が変わると、同じことで悩むことが少なくなる。
 
【デメリット】
・クライアントが主体となるので、クライアントとカウンセラー双方の個人差の影響がある
・相対的に時間がかかる
 
 
 

コーチング

カウンセリング同様、話を聴くが中心になりますが、話の内容と方向性が異なります。未来志向で目標達成に焦点を当てます。課題のタイプはコンサルティングと同じです。しかし目的が少し異なります。コーチングは、クライアントの成長を目的としています。
 
コンサルティングとは異なり、「重要であるが緊急ではない」課題の解決がテーマになります。
 
ゴール(ビジョン)を明確にし、現状も明確にします。そのギャップを埋めるための行動計画をたてて、実行をサポートします。
 
 
【メリット】
・自分で考え、行動し、チェックするを繰り返すことによりクライアントが成長します
・自分のこと、問題のことを一番よく知っているクライアント自身で考えるため解決へ向かいやすい
・成長することにより、同じ課題では悩まなくなる
 
【デメリット】
・クレーム対応、倒産直前など早急に対応しなければならない案件は苦手(専門家に頼んだ方が早い)
・クライアントの信頼関係に左右される
 
 
 

どれも一長一短がある

コーチング・コミュニケーション
 
コーチング、コンサルティング・ティーチング、カウンセリングのサービスごとに整理してみました。どれも一長一短があり、状況によって使い分けることが大切です。言えることは、どれも属人的で、同じサービスでも品質が異なります。お客様の立場から言えば、いろいろ早めに試しておくことが大切に感じます。
 
どれも費用はかかりますが、早く課題を解消してスッキリできるなら安いとも言えます。
 
コーチ、コンサルタントとして活動していて感じることは、問題が大きくなってから相談される方が多いということです。病気となってからしか病院にはいかないので気持ちはわかりますが、日ごろのチェックは必要です。
 
病気もそうですが、重症化していくと、しんどいですし回復に時間も費用もかかります。会社の状況も人生の課題も同じです。サービスにばらつきがありますので、慌てて探しても良いサービスが見つかるかわかりません。
 
余裕のあるうちにいろいろ試してみることをオススメします。