逆境時の社員のモチベーションアップ方法-アフターコロナに備える-

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

社員のモチベーションアップは企業にとって永遠の課題でしょう。達成すること無く、永遠に探究し続ける必要がある課題です。そして、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、経済が不況に陥り、多くの企業が逆境に追い込まれていると考えられます。

逆境時、社員のモチベーションは低下圧力があります。この時期にモチベーションアップは難しい面があるでしょう。しかし、このような逆境時こそ社員のモチベーションをあげないと危機を乗り切れない可能性があります。

注意したいことは、社員にとって生活の安全が守られないとモチベーションどころではありません。大前提として、社員を安心させることがモチベーションアップには必須条件です。逆境時の社員のモチベーションアップ方法について説明します。

【社員のモチベーションを引き出すコーチング・コミュニケーション】

【目次】

 

アフターコロナの逆境がやってくる

コーチング・コミュニケーション

新型コロナウイルスの感染拡大(第1波)の緊急事態宣言が解除され、アフターコロナ、ウィズコロナの期間がやってきました。すでに新型コロナウイルス関連倒産が増加傾向にあります。そして、緊急事態宣言が解除されても、警戒状態が続きます。そのため、以前のような経済活動ができるわけではなく、感染の収束していない海外の影響も大きく受けます。生活必需関連と呼ばれる業種以外は厳しい経営環境が続くことになるでしょう。

 

 

売上、利益の減少の長期化が予測される

日本経済はインバウンドに頼った成長をしてきました。感染拡大を予防する観点から、人の動きが抑制されることから、イベント、観光業、飲食業、小売りなどが大きな影響を受けるでしょう。各種関連のサービス業、製造業も影響を受けることから、幅広い範囲で売上低迷が予測されます。そして、それがワクチンが開発される1,2年後まで続きます。

この売上減少の影響は日本中に広がります。売上が減少することにより、赤字になる可能性が出てきます。黒字にするには、人材、人件費のリストラが行われます。消費者の給与が減ると、日本のGDPの大部分を占める個人消費が落ち込みます。個人消費の落ち込みは日本全体に影響を与えます。消費税が少し上がっただけでも景気が落ち込むことから、今後の影響がイメージできるのでは無いでしょうか。

売上減少⇒利益減少⇒給料減少⇒個人消費減少⇒販売価格低下⇒売上減少⇒利益減少⇒・・・のデフレスパイラルに再び陥るリスクに備える必要があります。

 

 

逆境時は社員のモチベーションの危機

不況など逆境時は社員のモチベーションの危機になります。経営者の経営責任を社員がとらされる形になりがちだからです。上述したように、利益が下がってコストダウンをもとめられると、コストダウンの対象を人件費や教育訓練費にする傾向があるからです。

給料が下がると社員のモチベーションが基本的には下がると考えられます。しかし、それは好調時に経営者がどのような経営を行ってきたか、社員とどのような関係性を築いてきたかに左右されます。お金だけでモチベーションを上げようとしてきた会社は、給与カットとともにモチベーションの低下を招いてしまうでしょう。

売上減少⇒利益減少⇒給料減少⇒モチベーション低下⇒売上減少⇒利益減少⇒・・・の負のスパイラルを生み出してしまいます。

逆境時にこそモチベーションアップしてほしいところを逆にモチベーションを下げてしまいます。 経営危機に陥った会社がなかなか復活できないのは、そのせいではないかとみています。経営危機に陥ったときこそ、社員が「一丸になって乗り越えよう!」となる組織づくりを好調時に行っておくことが大切です。

【社員のモチベーションを引き出すコーチング・コミュニケーション】

 

 

逆境時も好調時もモチベーションアップ方法は変わらない

コーチング・コミュニケーション

逆境時になってから、慌てて社員のモチベーションをアップしようとすると思うように効果が現れないかもしれません。しかし、社員のモチベーションをアップしない限り、負のスパイラルで会社の生産性が落ち込んでいきます。

逆境時も好調時もモチベーションアップ方法は変わりません。しかし逆境時の方が効果が合わられにくくなります。そのためモチベーションアップ施策を好調時より丁寧に進めることが大切です。

 

 

モチベーションについてマズローの欲求段階説から学ぶ

モチベーション理論は数多く存在しますが、今回は比較的わかりやすいマズローの欲求段階説を説明します。 マズローの欲求段階説とは、人の欲求は次の5つの階層に分かれており、下位の欲求が満たされて、初めて上位の欲求に対するモチベーションが高まるというものです。

5つの階層は次の通りです。

第1階層:生理的欲求
第2階層:安全欲求
第3階層:社会的欲求
第4階層:承認欲求
第5階層:自己実現欲求

会社が社員にもとめるモチベーションは第5階層の自己実現欲求で、成長欲求とも呼ばれます。会社が社員にモチベーションアップをもとめるなら第4階層までの欲求を満たしてあげる必要があります。第1と第2階層は生きるための欲求です。つまり給料がカットされて、生活が脅かされるとモチベーションが著しく低下します。第3階層は会社に所属する欲求です。リストラされる可能性があると社員は仕事どころではありません。モチベーションが低下します。

社員のモチベーションをアップさせたいなら、経営者は明確で具体的な方針を伝え、社員を安心させることが大切です。どうなるのかわからない状態になると、疑心暗鬼が大きくなり、モチベーションが低下します。

新型コロナ対応の国の対応の不明確さが国民を疲れさせたというケースを見てもリーダーシップの大切さがわかるでしょう。給与をカットしなければならない状況だったとしても、その後、給料が元に戻る信頼できるロードマップを明確に示してもらえれば安心できるでしょう。

 

 

自分でコントロールできない状態がモチベーションを下げる

「モチベーション高めるように」と言われたからといってモチベーションは上がりません。やってもメリットがないと思うことに対して、「やる気を出せ」と言われてもやる気は出ません。 人は基本的に誰かから指示されたことよりも、自分で決めたことに対しての方がモチベーションが高まります。もちろん誰かに決めてほしい人はいます。それは失敗の責任への恐れが強いからと考えられます。

新型コロナ対策の自粛生活も「これをしたらダメ」と制限されたことにより、ストレスが大きくなったと思います。リーダーのやることに信頼を持てたなら違ったかもしれませんが。

「経営の危機だから我慢しろ」ばかりであれば社員のモチベーションを下げるでしょう。経営の危機だからこそ、社員に自由度を与えることがモチベーションアップには重要でしょう。

ただし、失敗したら給料カットなどのペナルティが与えられるのであれば、社員のモチベーションは低いままで行動しないでしょう。社員のモチベーションアップにはリーダーの器の大きさがもとめられます。

【社員のモチベーションを引き出すコーチング・コミュニケーション】

 

 

社員のモチベーションアップ方法

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

社員のモチベーションアップ方法について説明しますが、皆さんが悩まれるとおり、難しい課題です。絶対的な方法はありませんし、即効性のあるものもありません。(給料を倍にするなどであれば即効性はあるでしょうが、逆境時にはむずかしいでしょう)

上述したように、逆境時も好調時もモチベーションアップ方法は変わりません。強力なリーダーシップとコミュニケーションの活性化がもとめられます。

 

 

将来への期待を見せる強力なリーダーシップ

モチベーションアップ方法として最も重要なことは、魅力的なゴールをみせることです。漂流している人が陸を見つけたときのモチベーションアップのイメージです。得られるものが明確であること、可能であると信じられることが無いとモチベーションは上がりません。

ただ「がんばれ」「やる気を出せ」だけでは、モチベーションは上がりません。頑張ったらどうなるのかが必要なのです。 経営者、リーダーにもとめられることは、「魅力的なゴールを示すこと」「ゴールの時期など具体的なロードマップを示すこと」「それらを社員に信頼してもらうこと」です。どんなに魅力的なゴールでも、社員に「そんなの無理でしょ」と思われたらモチベーションは逆に下がります。

「給料カット」「人員削減」など、ネガティブな情報こそ勇気をもって丁寧に説明が必要です。ロードマップの説明になかったことが発生すると、疑心暗鬼が大きくなり、社員のモチベーションは下がります。アフターコロナの逆境を乗り切るために、経営者は強力なリーダーシップを発揮してください。

 

 

発言しやすい職場環境づくり

モチベーションアップのためには、その前提として安心安全な職場環境をつくることが大切です。心配でストレスが大きい状況ではモチベーションアップどころではありません。社員が経営危機時持っている不安は、「自分がどうなるのか?」です。それが見えないから不安になるのです。

まず社員の不安が解消されるまで、経営者は社員と徹底的にコミュニケーションをとることが大切です。その時、不安や不満を安心して発言できる環境づくりがもとめられます。

 

※以下は提案です。

経営者の戦略、戦術に対して、信頼、納得できれば、経営者の指示命令に対して社員のモチベーションは上がるでしょう。社員のモチベーションをさらに高めるためにも、可能であれば戦略や戦術の策定に対して社員も参画させることをオススメします。

もちろんリスクがあるかもしれませんが、経営者一人で決めるのもリスクがあるので、どちらが良いかは経営コンサルタントなど第三者が確認してみないとわからない部分があります。会社の状況も会社によってさまざまなので、あくまで提案です。

上述したように、上が決めたことをやらされるよりも、自分も参加して決めたことの方が実行するモチベーションは高くなります。
経営危機だからこそ、組織を変えるチャンスだと考えます。社員も参画させることのメリットは次の通りです。

・参画した上での決定事項なので社員も納得しやすい
・参画することで経営に対する知識、経験が習得する
・参画することで経営危機に対する理解が深まる
・社員を参画させることで新しいアイデアが得られる
・モチベーションが高まり主体性が引き出される
などです。

注意点としては、参画させる以上、社員の意見に対して丁寧に耳を傾けるコミュニケーションをとることです。そして、成功は社員と共有し、失敗は経営者が引き受けるという態度が大切です。

【社員のモチベーションを引き出すコーチング・コミュニケーション】

 

 

逆境は社員を成長する組織へ変えるチャンス

コーチング・コミュニケーション

2019年度の流行語大賞をとった言葉は「ワンチーム」です。経済が好調なときでもワンチームになることはもとめられてきました。逆境時ならなおさらワンチームになることがもとめられます。

組織内に疑心暗鬼が渦巻いている間は、社員のモチベーションは上がらないでしょう。「ピンチをチャンスに」「一丸になって乗り切ろう」という言葉に社員が反応しないのは、社員は我慢を強いられるだけでメリットがないと感じるからです。

経営者、社員に誤解が生じないように密にコミュニケーションをとっていくことが大切です。逆境時は組織を変えるチャンスです。ぜひ、社員のモチベーションが高まり成長が促される組織に変革を行ってください。

【社員のモチベーションを引き出すコーチング・コミュニケーション】