社員のやる気を引き出すモチベーションアップ施策

コーチング・コミュニケーション

会社が気になるのは社員のモチベーションです。

 

社員のモチベーションが仕事の生産性、社員の定着率などに影響するからです。社員のモチベーションアップができるかどうかによって、会社の業績、成長性が変化します。

 

「人を大切にする会社」を前面に出している会社が多いですが、実際に社員のモチベーションで確認するといかがですか?

 

もし主体性の低い社員がいる、離職率が高いとなっているならモチベーションアップ施策が失敗しています。社員のモチベーションマネジメントに大切なポイントを説明します。

 

 

【コラム】コーチングに関するビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

【目次】

 

社員のモチベーションアップがもとめられる理由

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションをいかに上げるかが課題になっています。社員のモチベーションアップがもとめられる理由を説明します。

 

 

 

生産性改善

会社組織に限らず、スポーツなど外の組織でも、メンバーのやる気によって成果が大きく変わります。

つまり、会社の業績を伸ばしていくには、社員のモチベーションアップが欠かせないのです。

 

知識や経験や資金力が重視されがちですが、経営資源が豊富な大企業の業績が低迷している現実からも、働く人のモチベーションの影響の方が大きいのがわかります。

 

会社を持続的に成長させていくためにも、社員のモチベーションアップがもとめられています。

 

 

 

離職率改善

会社の生産性を落とす要因に、優秀な人材の退職などが挙げられます。また、メンタルヘルス不調による休職も会社にとって大きなダメージを与えます。

 

ストレス要因を減らすのが、モチベーションアップにつながります。人材の採用育成コストの無駄を削減できる効果にもつながります。

 

 

【コラム】傾聴力・質問力とは~トレーニングとコーチング・コミュニケーション

 

 

 

社員のモチベーションアップ施策が効果を生まない理由

メンタルヘルス

社員のモチベーションアップの施策は、各社試行錯誤しています。しかし、効果を上げていないのが実態に感じます。

バブルの頃のように、どんどん給料を上げられたら良いですが、難しいです。

 

 

 

モチベーションアップの押しつけ

モチベーションアップにつながらない要因は、「会社側が思いつくモチベーションアップ方法」と「社員が期待するモチベーションアップ方法」にギャップがあるからです。

 

モチベーションアップ方法は、さまざまな理論が研究されています。

 

理論を仕組み化するときに、人事考課者訓練が不十分なケースが多くあります。

目標管理制度も、社員のモチベーションアップを目的に導入されましたが、デメリット面が大きく指摘されています。

 

社員が目標を決めるという制度ですが、実際の目標は会社側が決めています。制度という形だけを押し付けて、中身が伴っていないケースはモチベーションアップにつながりません。

 

 

 

モチベーションを下げる人間関係

モチベーションアップさせようとしながら、モチベーションアップにつながらない職場とは。

 

・足の引っ張り合いをする職場
・粗探しをして否定批判が頻発する職場
・すぐに怒る上司
・成果を奪う上司
・部下に責任転嫁する上司
・雑用ばかり任せてくる上司

 

このような職場だと、どんなにモチベーションアップ施策を導入しても効果を生みません。モチベーションアップ施策が機能する職場づくりを先に行わなければなりません。

 

 

 

 

 

モチベーションアップとコミュニケーション能力

コーチング・コミュニケーション

モチベーションアップ施策を効果的に行うためには、まずモチベーションアップの土台が必要です。まずは職場の人間関係、信頼関係づくりが大切です。

 

 

 

人間関係とコミュニケーション能力

社員が退職する理由、メンタルヘルス不調に陥るストレス要因、常に上位には人間関係がきています。

 

このような状態ではいくらモチベーションアップ施策を取り入れても効果を発揮しません。まずは人間関係改善の取り組みが必要です。

 

人間関係改善には、コミュニケーション能力強化です。なんでも本音で話し合える関係性づくりが、モチベーションアップ施策を取り入れるには重要です。

 

 

 

1on1ミーティングとコーチングセッション

近年、人間関係、信頼関係がモチベーションアップに必要と認識は広まっているようです。1on1ミーティングは、大手企業を中心に広まっています。

 

1on1ミーティングとは、コーチングセッションのようなものです。部下が本音で話せる環境づくりで、モチベーションを引き出すために行われています。

 

とても有効なモチベーションアップ施策ですが、上司のコミュニケーション能力スキルに左右されます。

いくら1対1で面談しても、部下が警戒して何も話さないようであれば、効果を生みません。

 

【コラム】目標設定面談のためのコミュニケーション能力―魅力的なビジョンを-

 

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れよう

コーチング・コミュニケーション

社員のモチベーションアップが企業間競争を勝ち抜くには必須の条件となってきました。しかし、そう簡単にはいかないのがモチベーションアップです。

 

逆に言えば、他社より先にモチベーションアップに成功すれば大きなアドバンテージを得られます。モチベーションアップには、コミュニケーション能力の強化が欠かせません。

 

コミュニケーション強化にオススメなのが、コーチング・コミュニケーションです。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】