アンガーマネジメント~怒りのコントロール方法~

コーチング・コミュニケーション

怒りで、人生を失敗してしまう人がいます。

怒ってしまって、いつまでも引きづる人もいます。

 

そこで、怒りをコントロールするアンガーマネジメントが注目されています。

 

怒りをコントロールする上では、自分自身とのコミュニケーションの改善がもとめられます。

 

怒りをコントロールするアンガーマネジメントについて説明します。

 

 

【コラム】コミュニケーション能力の評価基準と目標設定方法

【目次】

 

怒りで失敗しないアンガーマネジメント

コーチング・コミュニケーション

アンガーマネジメントが注目されています。

怒りが原因でさまざまな失敗があるからです。

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメントとは、その名の通り怒りをマネジメント、コントロールするスキルです。

 

アンガーマネジメントの方法は、実際にはさまざまな考え方が存在します。

 

怒りのきっかけの出来事が発生してから、カッっとなってから6秒間が怒りのピークといわれています。

そのため、6秒間は怒りに反応して、行動を我慢します。

 

6秒間我慢できれば、少し冷静になって行動できるといわれています。

 

我慢してコントロールするアンガーマネジメントは少し大変ですね。

そもそも怒りに感じないように、アンガーマネジメントが大切です。

 

 

 

 

 

怒りで発生する問題

アンガーマネジメントがもとめられるのは、怒りにが原因で、さまざまな問題が発生するからです。

怒りで、発生する問題は次のようなケースがあります。

 

・人にあたる
・物にあたる
・ストレスがたまる
・物事に集中できなくなる

 

これらが原因で、取り返しのつかない問題になる場合もあります。

 

アンガーマネジメントができないと、ちょっとしたきっかけで大きな損失を発生させてしまうかもしれないのです。

 

 

 

【コラム】一体感の醸成方法~チームワークとコミュニケーション~

 

 

 

 

怒りが発生する要因

コーチング・コミュニケーション研修

怒りが発生する要因について説明します。

アンガーマネジメントでは、怒りが発生する要因を、「人や外部環境のせいにしない」が大切です。

 

 

 

 

 

人のせい?自分のせい?

怒りが発生するのは誰のせいでしょうか?怒りが発生するのは以下のような場合でしょうか。

 

・会社が悪いから
・景気が悪いから
・評価を下げられた
・悪口をいわれた
・部下が思うように動かない
・上司が理不尽な指示をする

などが考えられます。

 

ただし、同じ出来事でも、すぐに怒る人がいる一方、全然気にしない人もいます。

 

怒りは人や出来事のきっかけにより発生しますが、その大きさは自分のせいともいえます。

 

 

 

 

 

 

怒りの大きさが変える

人は物事のとらえ方で怒りの大きさが変わるのです。部下に対して、同じ出来事でも次のように反応が変わる場合があります。

 

・最近の若い奴はいつまでたってもできない!
・まだまだだけど、着実に成長しているな。

 

部下のできてないところに焦点を当てる上司と部下の成長したところに焦点を当てる上司。

 

物事のとらえ方で、感情の動きが変わるのです。

 

物事のとらえ方で、そもそも怒りすら生まれないようにできるのです。

 

アンガーマネジメントとは、我慢するよりも、とらえ方を変える方が望ましいと考えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンガーマネジメントとコミュニケーション

ストレスケア

アンガーマネジメントは、「物事のとらえ方を変える」が望ましいです。

 

「物事のとらえ方を変える」は、「自分自身とのコミュニケーションを変える」です。

 

 

 

 

 

物事のとらえ方のコントロール

物事のとらえ方をコントロールできます。出来事には必ずといってよいほど、メリット・デメリットの両面があります。

 

 

コロナウイルス感染拡大について
【デメリット】さまざまな問題が発生する
【メリット】さまざまな改革のチャンスになる

 

 

部下の仕事の失敗
【デメリット】余計な仕事が発生する
【メリット】部下の育成方法の改善のきっかけになる

 

 

とらえ方が変わると行動が変わります。

 

 

 

 

 

視野を広げよう

すぐに怒ってしまう人、いつもイライラしている人は、視野が狭くなっているかもしれません。

 

「こうでなければならない」と想いが強すぎる場合、それが裏切られた時、怒りが発生してしまいます。

 

「こうでなければならない」は、「視野が狭くなっている」を意味しています。

 

イライラ、怒りを発生させない、アンガーマネジメントには、「視野を広げる」が必要です。

 

 

 

【コラム】連鎖退職とは~若手社員が連鎖退職する原因と対処方法

 

 

 

 

コミュニケーション能力を強化しよう

コーチング・コミュニケーション

怒りで発生する問題で失敗する人が存在します。

 

そこでアンガーマネジメントが注目されています。

 

一般的に存在するアンガーマネジメントは、「6秒間我慢して、怒りのピークが過ぎ去るのを待つ」があります。

 

しかし、物事に対する捉え方を変えると、怒りの大きさそのものを変えられます。

 

自分自身とのコミュニケーションを変えて、アンガーマネジメントしましょう。