ブルー・オーシャン戦略でレッド・オーシャンを回避する

コーチング・コミュニケーション

2005年に書籍が出版され、話題になったブルー・オーシャン戦略について説明します。経営戦略や事業企画を考える人は、常にブルー・オーシャン戦略を意識するでしょう。しかしブルー・オーシャン戦略は、やろうと思ってできるものではありません。

なぜならブルー・オーシャン戦略を競合企業が阻止してくるからです。競合企業の阻止を振り切るぐらいの戦略が必要です。そのためには巨額の投資が必要です。失敗を恐れない覚悟が必要になるのです。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

【目次】

 

ブルー・オーシャンとレッド・オーシャンの違い

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ブルー・オーシャンとレッド・オーシャンの違いについて説明します。一言で説明するなら、競争が激しいか、激しくないかの違いです。

 

 

ブルー・オーシャンとは

ブルー・オーシャンとは、コトバンクで調べると次のようにあります。

経営学の用語で、競争のない未開拓市場のこと。新しい商品やサービスを開発・投入することで創出される競合相手のいない市場。
(出典:コトバンク「デジタル大辞泉」:https://kotobank.jp/word/ブルーオーシャン-679910)

誰も競争相手のいない市場に飛び込んで、そこで参入障壁を築くことができれば、ビジネスを有利に行うことができるという考え方です。差別化戦略、ニッチリーダー戦略など、従来存在した戦略との違いが不明確という点と、そう簡単にできるものでは無いという課題があります。

 

 

レッド・オーシャンとは

レッド・オーシャンとは、コトバンクで調べると次のようにあります。

経営学の用語で、血で血を洗うような激しい価格競争が行われている既存市場のこと。
(出典:コトバンク「デジタル大辞泉」:https://kotobank.jp/word/レッドオーシャン-680577)

ブルー・オーシャンが競争相手のいない絶対的有利な市場とすれば、レッド・オーシャンは新規参入者が次々と現れる競争の激しい市場です。基本的に、楽して儲かりそうな市場は、多くの新規参入が発生し、価格競争に陥りレッド・オーシャンになりやすいです。設備投資の少ないIT産業などは、次から次へと新しいビジネスの参入が存在するため、レッド・オーシャンになりがちです。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

ブルー・オーシャン戦略がもとめられる理由

コーチング・コミュニケーション

難しいとわかりながらブルー・オーシャン戦略がもとめられる理由は、企業の目的が持続可能性の強化だからです。レッド・オーシャンに居続けると疲弊し、経営基盤が揺らいでしまいます。

 

 

収益性の向上

ブルー・オーシャンのメリットは、収益性の向上です。競争相手がいないので、価格決定権が強いです。また生産量を増やしやすいので、規模の経済性が働きコストダウンをはかりやすくなります。そのため収益性が向上します。収益性を向上させ、利益を投資に回すことによって経営基盤が強化されます。

 

 

経営基盤の強化

収益性が向上し、資金が潤沢になるとさらに経営基盤が強化されます。商品、サービス開発に投資することによって、他社に対してさらに差を広げることができます。生産量を強化することによって、さらにコストダウンをはかることができます。経営資源が増すことにより、良い人材の確保もしやすくなります。ブルー・オーシャン戦略をとることによって、会社の経営基盤が強化され、持続可能性が高まります。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

ブルー・オーシャン戦略に必要なポイント

コーチング・コミュニケーション

ブルー・オーシャン戦略は、多くの企業が狙いながらも行うことができません。理想的な戦略ではありますが、実現は難しいです。カギはリスクを取れるかです。

 

 

イノベーションを起こし続ける力

ブルー・オーシャン戦略は、ある市場でイノベーションを起こすことによって始まります。そして、その市場が魅力的とわかると、一斉に競合企業が参入してきます。それら競合企業を振り切るイノベーションをさらに起こす必要があります。

iPodからiPhoneへの流れのような感じです。逆に液晶テレビを広めたシャープは、新規参入によってレッド・オーシャンに飲まれてしまいました。失敗を恐れずイノベーションを起こし続ける力が必要なのです。

 

 

参入障壁を築く力

ブルー・オーシャン戦略は、誰もが恐れて参入しない市場で生まれやすいです。儲かるとわかったら、一瞬でレッド・オーシャンに変わります。そのため、ブルー・オーシャン戦略をとるには、誰よりも早く参入して、後から入ってこれないように参入障壁を築いてしまうことが必要です。

Amazonは良い例でしょう。赤字覚悟でどこよりも巨額の投資を行い、事業を拡大しました。今ではAmazonの規模自体が参入障壁となっています。競合企業はAmazonと競合しないように戦略を考えなければなりません。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

ブルー・オーシャン戦略は難しい

コーチング・コミュニケーション

ブルー・オーシャン戦略は、理想的ですが現実的には難しいです。特に失敗を恐れる日本企業にはむずかしいです。失敗を恐れるため、儲かるかわからない市場の先駆者になりづらいです。失敗を恐れるため、投資が弱くなりがちです。そのため、他社が作ってくれた市場に後から参入して、価格競争をしかけることになります。

ただし、ブルー・オーシャン戦略のヒントは何気ないとこにあるのかもしれません。フリーマーケットをWEB上に持ってきただけのメルカリは盲点をついたなと感じました。しかし、儲かると分かればラクマなどが参入してきます。やると決めたらとことんやる覚悟がブルー・オーシャン戦略には必要です。ブルー・オーシャン戦略ができるかは経営者のリーダーシップ次第です。創業者がリーダーとなっている企業が強い理由はそういうところにあるのでしょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】