中小企業の人材育成投資方法

コーチング・コミュニケーション

人手不足の問題、後継者不足の問題、技術承継の問題など、中小企業は人材が育成できてなかったことにより生じる問題が多くあります。この傾向をどこかで止めないと、ますます悪化することになるでしょう。

中小企業も人材育成投資することが大切です。人材投資について説明します。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

人材育成投資が必要

コーチング・コミュニケーション

働き方改革や新卒一括採用の廃止など、従業員の働き方が大きく変わろうとしています。

そのような中、今まで以上に人材育成が大切になってきています。

 

 

社員の成長と会社の成長は相関する

人材育成が必要な理由は、社員の成長と会社の成長が相関するからです。たとえば、営業の人材がレベルアップしてくれないと、売上高はあがりません。

開発の人材がレベルアップしてくれないと、良い商品ができません。良い商品ができないと売上高が上がりません。

人材の成長が売上高に影響を与えます。

 

 

社員の成長欲求を満たす

社員の成長を促すためには、人材育成の仕組みを整えることが大切です。あわせて、社員の成長欲求を刺激することが大切です。

中小企業の場合、人材育成はOJTになることが多いです。主体的に社員が学びたいという気持ちになってくれないとなかなか効率よく育成できません。

 

 

 

中小企業の人材育成の問題

コーチング・コミュニケーション研修

人材育成は重要でありながら、中小企業では大きな課題になっています。社員の方も人材育成の仕組みが無いからと会社を辞めてしまうこともあります。

そのため、社員が全然育ってくれないということがあります。

 

 

時間をつくれない

中小企業の人材育成の課題は育成のための時間を取れないということがあります。週休1日だけでフルに働いていて、有休すらとりにくいということがあります。

生産性が低いために、質より量で勝負することがもとめられるため働く時間が長くなります。そのため、同じことの繰り返しで成長のきっかけを失います。

 

 

見て学べ

ベテラン社員が昔ながらの育成方法しかできないことがあります。自分自身が、先輩に教えてもらった方法で育成しようとしますが、現代の若者には合いません。

それを合わせることができずに、若手社員の責任にします。それを改善しようとしないため、いつまでも若手が育たず辞めてしまうため、会社の高齢化が進みます。

 

 

 

人材育成投資方法

人事評価制度

人材育成投資方法について、ある程度、人材育成も計画的にお金を投資するという考え方が大切です。そして、中小企業の場合は時間を確保することが大切。

生産性を改善し、研修の時間などがとれるようにすることが必要です。

 

 

「学ばせる」よりも「学びたい」

若手社員は「学び」を押し付けられることをいやがります。「学ばせる」というスタイルをとると、やらされてる感がでてしまします。

その前に何のためにそれをするのかを教え、「学びたい」という気持ちを高めることが大切です。社員の主体性を引き出したいなら大切なことです。

 

 

管理職のコミュニケーション能力強化

「学びたい」という気持ちを引き出すためには、管理職のコミュニケーション能力を強化する必要があります。さらに言えば、コーチングスキルを身につける必要があります。

部下を成長させるも、つぶすも上司のコミュニケーション能力次第だからです。職場のストレス要因、社員の退職理由、どちらもランキング上位に上司との人間関係があるからです。

社員のやる気を引き出せるかは上司のコミュニケーション能力が重要です。

 

 

 

コーチング・コミュニケーションを取り入れる

コミュニケーション

若手社員の働く意識は大きく変わっています。そして、その若手社員のやる気を引き出せるかどうかが、会社の将来を決めます。

それができなければ、社員の高齢化が進み、いつか行き詰るでしょう。若手社員のやる気を引き出せるかどうかは、上司のコミュニケーション能力がもとめられます。

コーチング・コミュニケーションを取り入れて、活気ある職場づくりを進めましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】