会社経営に関する悩みについて、失敗しない相談相手の選び方

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新型コロナウイルスの影響により倒産や廃業が増えています。倒産しないまでも、会社をどうしていこうか悩んでいる経営者も多いでしょう。雇用調整助成金を申請するだけでもどうしたら良いか悩みます。一方で社員を休職させずに人材育成のチャンスととらえて行動する経営者もいます。

さまざまな状況に合わせて経営者は意思決定を迫られます。そして、経営者の意思決定の結果で会社の将来が決まります。意思決定の精度を上げるためにも、経営課題の悩みを気軽に相談できる環境を整えておくことが大切です。しかし、相談相手によっても意思決定が左右されることもあります。相談相手の探し方も含めて説明します。

【目次】

 

経営に関する悩みの種類を切り分ける

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

会社の経営に関する悩みはだれに相談すれば良いのか悩むかもしれません。経営課題を相談することは大切ですが、その前に経営課題の種類を切り分けることが大切です。人間の病気のように、症状によって専門家が異なるからです。

人間の場合は、症状ごとに内科、外科、皮膚科など相談先が異なります。会社の経営課題も、売り上げ、コスト、資金繰り、商品開発、生産管理、人材育成などさまざまな分野に分かれます。そしてとても重要なことですが、人間と同様、末期患者になると名医でも助けるのが大変です。会社も定期的な健康診断をすることが大切です。

一言で業績不振といっても、さまざまな原因が含まれます。売上不振が悩みの場合も、販売力の問題なのか、商品力の問題なのか、人材の問題なのかわかりません。商品力に問題があるのに、無理に販売力を強化すると、顧客離れを引き起こすかもしれません。

課題を明確にするための弊社のような相談先もあります。経営課題を切り分けることが大切ですが、緊急性がもとめられるかによっても相談先が変わります。早急に解決する必要があるのか、それとも長期的に改善していきたい課題なのかによって、対応が分かれます。

 

 

短期的な経営課題

短期的な経営課題とは、何かしらのトラブルにより早く解決しなければならない状況、もしくは改善しなければならない課題が明確になっている場合のことです。資金繰りの問題であったり、取引先の倒産などです。債務超過などで経営が行き詰っている場合も該当します。

インターネットマーケティング力が課題になっているから強化したい場合など前向きな経営課題も含まれますが、短期的な経営課題は、長期的な経営課題の解決を先延ばしにした結果である場合が多いです。短期的な経営課題は目的が決まっているので、目的に応じたプロジェクト型のコンサルティングサービスや専門の会社に相談することが一般的です。

・補助金、助成金
国の金融支援を受けるための申請書の書き方がわからないなど。

・借入金のリスケジュールなど
借金が予定通りに返せない時など。

・節税など
節税の方法がわからない時など。

・販路開拓、マーケティング、海外展開
新商品の販売先の開拓の仕方、インターネットを活用したマーケティング、海外展開の仕方などが変わらない時など。

・ビジネスマッチング
商品を販売してくれる会社、製造してくれる会社を探したい時など。

・生産管理、在庫管理
工場の生産性を改善したい、在庫の回転率が悪い時など。

・IT導入
テレワークやAI,IOTの導入をしたい時など。

・採用、人事管理
人材を採用したいとき、人事評価制度を導入したい時など。

・法律、特許関連
会社間、社員ともめた時、特許出願をしたい時など

経営課題はどこまででも細かく分類することができます。事前に「自社の経営課題は何か?」を明確にすることが大切です。「経営課題は何か」を間違えると、見当違いの対応をすることになる恐れがあります。

 

 

長期的な経営課題

長期的な経営課題とは、3~5年の長期的なビジョンと現状とのギャップを埋めるための課題です。これらの課題を早め早めに解消しておくことによって、短期的な課題に慌てた対応をもとめられる機会が少なくなります。

長期的な経営課題の特徴は、短期的な課題に対して曖昧です。そして、緊急性が無いことです。
・この会社の将来を描けない
・経営が場当たり的になっている
・経営課題がよくわからない

このような言葉で課題として現れます。この「よくわからない」という状態が課題となっています。「よくわからない」ために先延ばしにされがちです。

会社の方向性の軸を決めるものであるため、短期的な課題よりも重要です。通常の流れは、「長期的な経営課題を明確化する⇒短期的な課題が明確になる⇒短期的な課題を解決する」となります。しかし、経営相談は問題が起こってから行われることが多いため、短期的な経営課題ばかりに目が行きがちです。

【Act And Antのパートナー型コンサルティングサービスについて】

 

 

経営に関する悩みの相談先について

コーチング・コミュニケーション

経営課題の相談先について、「経営課題が明確な場合」と、「経営課題が不明確もしくは長期的な課題の場合」にわけることができます。

 

 

経営課題が明確である

経営課題が明確である場合は、その課題を直接Googleに入力して検索してみてください。おそらく、その課題の相談に応じてくれる相談先が数多く見つかると思います。

経営が行き詰っている場合は、事業再生の専門家、中小企業診断士、商工会議所。補助金、助成金であれば、社会保険労務士、中小企業診断士、商工会議所などが出てくるでしょう。WEBマーケティング関連であれば、ホームページ制作会社や動画制作会社が出てきます。

問題は数が多すぎるということかもしれません。実際、どこが良いかはホームページからはわかりません。短期的な課題ということで、早く選ばなければならないことがリスクになってきます。やはり、良い相談先を見つけるためにも早め早めに経営課題を処理しておくことが大切です。

 

 

不明確もしくは長期的な経営課題

経営課題がわからない場合は、「経営診断、地名」で検索すると、経営診断をしてくれるコンサルティングサービスが見つかるでしょう。長期的な経営課題に対応してくれる相談先を探すのは「顧問契約」をしてくれるところになるでしょう。パートナー型コンサルティングと呼ばれることがあります。

経営課題を早め早めに処理するためにも、プロジェクト型コンサルティングよりもパートナー型のコンサルティングを優先することをオススメします。問題は後手後手に回るほど大きくなります。大きくなると対処に多くの経営資源が奪われることになり、経営が不安定になるからです。

また、コンサルティングサービスについて、費用面を気にされる方が多いです。形が見えないものであるため、お金を使うことに躊躇してしまいます。コンサルティングサービスを活用するときは、消費でなく投資という考え方が大切です。300万円かけたとしても、300万円利益が増えたならどうでしょう。それが今後毎年続くとしたらどうでしょうか。リターンを増やすためにコンサルティングサービスに投資する。投資しなかったら得られるはずだったリターンを失うことになるという考え方も大切です。

もちろん、コンサルタントの能力もさまざまなので必ずリターンが得られるわけではありません。景気の変動もあるでしょうし、IT投資などもすることになって利益が逆に減ることもあるでしょう。長期的視点に立ち何が大切なのかを考える視点と、自社と相性の良いコンサルティングサービスを早めに見つけておくということがもとめられます。

【Act And Antのパートナー型コンサルティングサービスについて】

 

 

経営相談に行くときの注意点

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

企業経営はさまざまな要因によって振り回されるので、とても複雑です。だから悩んだときは気軽に相談することをオススメします。
経営者の仕事は意思決定です。相談するしないも意思決定です。その意思決定によって会社の将来が決まるからです。

しかし経営相談したからといって、必ず問題が解決するわけではありません。経営相談に行くときの注意点について説明します。

 

 

相談先によって対応力は異なる

経営コンサルティングサービスは、人によって品質がばらつきます。ユニクロのようにどのお店でも同じものが購入できるわけではありません。そして、どんなに優れたコンサルタントでもクライアントとの相性もあります。自社に最適な経営コンサルティングサービスはすぐに見つかるわけではないという注意点があります。

またコンサルティングのアプローチ方法もそれぞれです。コンサルタントの知識と経験を積極的に与えてくれるアドバイス型アプローチもあれば、弊社のようなクライアントの考えを引き出して整理するコーチング型のアプローチもあります。どちらが良いかはクライアントの好みがあるでしょう。

また、長期的な課題に対応するコンサルタントは、短期的な課題に対応する専門家につなげるサービスとセットと考えることが大切です。一人の経営コンサルタントが「資金繰り」から「商品開発」「人事評価制度設計」「ホームページ作成」などすべてを対応できることはほとんどありません。

例えば長期戦略の中で人事評価制度を整えた方が良いと決まったら、社会保険労務士に依頼するかもしれません。ホームページのリニューアルが必要となったらホームページ制作会社に依頼します。パートナー型コンサルタントは、対応できない課題は専門家を紹介するなどします。

 

 

目の前のことだけでいっぱいにならないように

経営相談は長期的視点に立つことが大切です。商品開発の相談にいった次の日に画期的な商品が誕生するということはほぼありません。すぐに結果が出ないからと辞めてしまうと、得られるはずだった結果を失うことになります。繰り返しになりますが、先行投資的な捉え方が必要です。

一般的に目の前の課題の対応に意識がとられることが多いです。しかし、全体を俯瞰してみることができないと、根本的な問題解決になりません。商品の魅力がないのに、販促活動に力を入れても効果が現れないでしょう。社員が定着する仕組みがないのに、採用ばかり力を入れても効率が悪くなります。販売先を拡大していないのに、高性能な機械を高額で購入してしまって資金繰りが悪化するといった例も見られます。

何が根本的な問題になっているのか広い視点で見ることが大切です。その広い視点を提供するのがパートナー型のコンサルタントと捉えてください。

【Act And Antのパートナー型コンサルティングサービスについて】

 

 

早めに相談することが大切

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新型コロナウイルスの感染拡大による影響によって、新型コロナ関連倒産というのが増えています。おそらく廃業も増えているでしょう。もし経営が危機的状況に陥っていたら、短期的な経営課題を解決してくれるサービスにお願いしないといけないでしょう。

しかし、販路開拓といっても世界全体が危機的状況に陥ると難しい面も大きいでしょう。だから外部環境の影響を抑えるために、リスクマネジメントも取り入れながら長期的な視点で経営課題と向き合うことが大切です。

また、上述したように会社の健康も人間の健康も同じです。弱っている人を回復させるよりも、元気な人をさらに活動的にする方が効率が良いのです。早め早めに対応するためにも、パートナー型のコンサルティングサービスの活用をオススメします。

【Act And Antのパートナー型コンサルティングサービスについて】