ビジネス用映像制作の基礎知識

ビジョナリー経営

インターネット上に映像あふれています。

 

インターネットユーザーも、通常のWebサイトを検索ではなく、YouTubeで検索する人も増えているそうです。

 

その傾向を受けて、企業側も積極的に映像を活用しています。

 

まだ映像を活用していない企業も、今後は意識せざるを得ないでしょう。

 

映像の活用には、さまざまなメリットがあるからです。

 

 

しかし、映像を活用する企業が増えれば増えるほど、映像同士の競争が激しくなってきます。

映像に企画力や品質がもとめられてきます。

 

そのため、映像制作会社を上手に活用することがオススメです。

 

しかし、映像制作会社の品質もさまざまです。

慎重に選ぶ必要があります。

 

企業の映像の活用目的とメリットなどの基礎知識、ビジネスシーンの説明をします。

 

 

 

【コラム】中小企業がコロナウイルス感染拡大による不況を乗り切る対応策

【目次】

 

ビジネス用映像制作の基礎知識

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

ビジネスの場面で映像制作の活用が広がっています。

新しい通信規格5Gも始まり、その傾向はますます加速します。

映像の活用目的とメリットを説明します。

 

 

 

 

 

 

映像活用の目的

映像活用の目的は、生産性向上です。

 

1度、制作してしまえば、何回でも活用ができます。

加えて、伝えられる情報量も多くなります。

 

結果として会社の収益向上につながります。

 

 

 

 

 

 

映像活用のメリット

映像活用のメリットを整理します。

 

・文字よりも伝えられる情報量が多い

・何回も再生ができる

・人件費を削減できる

 

伝えられる情報量が多いから、複雑な機械の使い方も、わかりやすく視覚的に説明ができます。

そして何回も再生ができるので、説明したり、教える人材の負担を低減できます。

 

結果的にコスト削減につながり、会社の収益性向上につながります。

 

 

 

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

 

 

アイデア立案と注意点

コーチング・コミュニケーション

映像制作を活用するビジネスの場面と注意点を紹介します。

後述しますが、特に社外向けに活用の場合は、クオリティがもとめられます。

 

 

 

 

 

 

教育研修・セミナー

もし社員教育の研修やセミナーで、毎回同じ内容を教えているのであれば、一度映像を制作してしまえば講師の負担が減ります。

 

中小企業で大きな課題になっているのが技術承継です。

 

熟練の技術者の中には、教えるのが苦手な人もいます。

熟練技術に関する教育訓練用動画を作成すれば、若手社員はそれを何度も再生して覚えられます。

 

熟練社員の教える手間が削減され、生産性が向上します。

スキル系の映像制作の場合は、若手社員が理解できるか確認をしながら行うのが大切です。

 

教える側の主観に偏り過ぎると、効果の無い動画ができてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

人材採用・会社紹介

近年、企業の採用ホームページを見ると、動画の設置が増えてきました。

求職者に会社の魅力、仕事の魅力などを伝えるには、動画の方が伝えられる情報量が多いからです。

 

しかし、動画を見ていると、会社や仕事の説明を淡々と行っているものも見られます。

魅力とは「ワクワクするもの」でなければなりません。

 

会社の将来性入社した社員のメリット先輩社員のモチベーションの高さなどが伝わる映像の作成が大切です。

 

 

 

 

 

 

商品紹介

テレビCMを流さなくても、ホームページ上で商品紹介の映像を流せるようになりました。

それだけで大幅な広告宣伝費の削減になります。

 

商品の魅力も文章で伝えるよりも映像で伝えた方が分かりやすく伝えられます。

商品の魅力も「ワクワクするもの」である必要があります。

テレビCMをイメージすると参考になるでしょう。

 

人材採用・会社紹介・商品紹介に共通する留意点は、「アクセスして観てもらう必要がある」です。

どんなに魅力的な映像でも観てもらえなければ効果を発揮しません。

 

WEB広告の活用、SEOの対策など、WEBマーケティングも強化する必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映像制作会社を活用する理由と注意点

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

映像制作は、映像制作会社の活用をオススメしています。

その理由と注意点を説明します。

 

 

 

 

 

 

費用対効果

映像制作は、クオリティを追求すると上限がありません。

俳優、CGや特殊な音源などを活用すると、より効果的な映像を作り出せます。

しかし、素人がそれをやる場合、時間がかかるでしょう。

 

もし社員に担当させると、その時間社員の仕事が止まります。

 

映像の品質も、毎日映像制作にかかわっているプロには及ばないでしょう。

 

映像制作会社のプロに任せた方が、費用対効果が高いです。

 

 

 

 

 

 

映像制作担当者に左右

映像制作は専門の制作会社に頼んだ方が効率的です。

しかし、注意点は映像制作会社にクオリティが左右されます。

 

また、同じ映像制作会社でも担当者によりクオリティが左右されます。

映像制作にかかる費用も、制作会社ごとに異なるでしょう。

 

 

映像制作会社を探すときは、少し慎重になるぐらいがちょうど良いです。

複数の映像制作会社の担当者に相談してみて、過去の作品やレスポンスの良さなどを確認して決めましょう。

 

 

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならないため大切なこと

 

 

 

 

ビジネス用映像で生産性アップ

動画制作-大阪京都

ビジネスの場面で映像を活用する機会はますます増えてくることは確実です。

 

映像制作の経験が無い人が、作ろうと思ったときにすぐに思い通りの映像が作れるかどうかはわかりません。

早め早めに準備しておくのが大切です。

 

まずは社内教育用の映像制作から始めてみても良いでしょう。

編集に時間がかかると思いますが、難しさを知るきっかけになります。

もしかしたら、映像制作が得意な社員がいることが判明するかもしれません。

 

まずは、映像を積極的に活用してみてください。

 

手間がかかって大変と感じたら、プロに頼んでみましょう。

プロをうまく活用する方法もノウハウです。

 

下記ページでは、関西の映像制作会社を紹介しています。

気軽に相談してみてください。

 

【動画制作会社等の経営サポート企業の紹介】