コーチング資格取得は必要?セミナーやスクール選ぶ前に確認!大阪

コーチング・コミュニケーション

いざコーチングに興味を持って学ぼうと思ったときに、迷ってしまうのは数多くのコーチングセミナーや資格の存在が原因でしょう。

どれを学べばよいのか、資格は取得した方がよいのかなど、迷ってしまいます。

コーチングスキルはさまざまな効果があり、現代の日本には強く求められているスキルです。もし、セミナーが合う合わないで資格をとったけど活かせないとなるともったいないです。

コーチングセミナーを受講前に知っておいた方が良い知識をまとめてみました。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

【目次】

 

 

 

コーチングスキルが求められる背景

ストレスケア

コーチングスキル自体は20年ほど前から日本に入ってきていますが、それほど普及しているわけではありません。

しかし、大企業では、管理職にコーチング研修を受講させる、1on1ミーティングで活用するなど利用シーンは増えています。どうして、コーチングスキルが注目されているのでしょうか。

コーチングスキルが求められている要因について説明します。

 

コミュニケーションが希薄化している

「情報化社会になった」「企業間競争がグローバルに広がった」「企業間競争が激しくなっている」「人手不足になっている」「働き方改革で労働時間が削減されている」

このような要因により、管理職も含めて社員は仕事の処理に追われているので、社員同士のコミュニケーションの1回当たりの時間が短くなっています。

阿吽の呼吸など、空気を読む力の強かった日本人も、空気を読んでいる暇もなく次から次へと仕事をこなさなければなりません。そして、社員同士のコミュニケーションはメールのみなど、だんだん無機質になってきます。

その結果、人間関係の悪化へつながり、メンタルヘルスの問題が発生や離職率の増加として現れます。コミュニケーションの希薄化が会社の生産性を落ち込ませる要因となっているのです。

そこで、1on1ミーティングやコーチングセッションを取り入れて、質の高いコミュニケーションの時間を確保しようとしているのです。

 

 

考える力が弱くなっている

センター試験が2020年で廃止になり、新しい試験制度に変わります。その目的は、「課題解決能力を養う」です。

日本が従来行ってきた、暗記型の教育では、過去の事例の対処は得意ですが、未知の課題に対して対応できなくなります。「教えてもらってないからできません」と指示命令がなければ、動けない社員が増えてしまいます。

 

ビジネスの世界は常に今までになかった未知の課題へのチャレンジになります。だからこそ、考える力を養う必要が出てきたのです。

近年、教育の現場でアクティブラーニングが流行っている理由です。コーチングスキルは質問力を駆使して、相手に考えてもらう力を養うものです。1on1ミーティングやコーチングセッションを取り入れて、部下の考える力や主体性を引き出そうと考える企業が増えています。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

コーチングとは

コーチング・コミュニケーション

「コーチングとは・・・」と質問すると、さまざまな回答があり、決まった定義が無いので初心者を迷わせます。また、スポーツのコーチのように、指導者のイメージを持っている人も多いです。

ここでは、スポーツのコーチとコーチングは、異なるものと捉えてください。一般的にコーチングと呼ばれるものは、原則「指導、教える、アドバイス」は行いません。

参考に弊社では以下のように定義しています。

〇コーチングセッションを受ける方に対して:
「意思決定と行動をサポートし、成長を促すもの」

〇コーチングを学ぶ方に対して:
「聴く力に重点をおいたコミュニケーションスキル」

 

 

 

コーチング・ティーチング・カウンセリングとの違い

コーチングは、「聴く力」を駆使して、クライアントの気づきを引き出すスキルです。

「話を聴く」なので、「カウンセリング」とどう違う?とよく質問されます。明確に切り分けられませんが、「カウンセリングは過去の痛みや悩みを解消する」を目的とするのに対し、「コーチングは未来の目標や成長を達成する」を目的とします。

ビジネスで活用するなら、未来志向のコーチングスキルの方がオススメです。

「コンサルティングやティーチング」との大きな違いは、話の量です。「コンサルティングやティーチング」は、教えるやアドバイスをするなので、コンサルタントや先生がメインで話をします。「コーチングやカウンセリング」は『引き出す』を目的としますので、クライアントがメインで話をします。

「コンサルティングやティーチング」が「話す力」を強化するのに対し、「コーチングやカウンセリング」は「聴く力」の強化が必要です。

 

※コーチングとティーチングのどちらが優れているかは、ありません。状況によりわかれます。ティーチングの方が解決が早いです。そのため、緊急性が高いときは、「教える」「指示する」が有効です。コーチングは緊急性が低く、重要性が高いものに活用すると有効的とされています。

日本は長らく暗記型の教育、ティーチングに偏りすぎていました。そして、考える力、課題解決力が弱くなったと言われています。人材育成など、考える力を養う目的で、コーチングが必要とされています。

 

 

コーチングスキルとは

コーチングスキルとは、コーチングセッションを行うときに活用するスキルです。

ここでは基本中の基本を簡単に説明します。

コーチングスキルを構成するものは「傾聴」「質問」「フィードバック」です。各スキルを駆使して、30分から2時間程度のセッションを行い、クライアントの気づきと行動を引き出します。

セッションの流れは、GROWモデルを用いるのが一般的です。GROWモデルとは次の頭文字をとったものです。

Goal(ゴール)
Reality(現状)
Option(選択肢)
Will(意思)

次のように進めます。

1.話したいテーマを確認する
2.そのテーマについて理想の状態(ゴール)を確認する
3.(ゴール)に対して(現状)を確認する
4.(ゴール)と(現状)のギャップを埋める施策(選択肢)を確認する
5.次のセッションまでにする施策(選択肢)を宣言(意思)してもらう

1on1ミーティングでも同様の流れで行われます。

すべてクライアントに考えてもらうので、クライアントに考える力が養われます。そして、行動により、クライアントの成長につながります。

重要なポイントは、「定期的に継続する」です。

1回ですべてが達成できるわけではありません。そして、実行した施策が成功するとは限りません。2週間に1回~1ヵ月に1回のペースでセッションを行い、PDCAサイクルを回します。チャレンジを積み重ねるから、目標を達成できます。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

 

コーチングの種類と資格

コーチング・コミュニケーション

コーチングを学ぼうと思ったときに迷わされるのが、さまざまなスクールやセミナー、資格が存在することではないでしょうか。そして、どのスクールやセミナーもホームページを見ると魅力的な文章が書かれています。当然ですが。

スクールによっては認定資格などがあります。しかも高額なスクールが多いので、慎重に選ばれるのをオススメします。

「どこで学ぶかよりも、誰から学ぶかが大事」という言葉を営業トークとして言われるケースが多いかもしれません。

正しい一面もありますが、その「誰」は学ぶ側が決めてください。カリスマ講師に学んでも、コーチングが使えない人がいる一方、格安のセミナーでもコーチングが上達する人はいます。

他の習い事や資格と一緒ですね。

 

 

コーチングの資格について

コーチングの資格について、公的な資格はありません。つまり、資格を持っているからと言って、ある一定レベル以上のスキルがあるかはわかりません。

大概のコーチング資格は、スクールに通って一定条件を満たせばもらえるという資格がほとんどです。スクールごとに、取得のハードルが高い低い資格が存在するので、どこのスクールに通った資格かというスクールのレベルが基準になるかもしれません。

統一的な基準になる資格としては、国際コーチ連盟の資格でしょう。コーチとしてのセッションの実績も求められる資格なので、客観的にも評価される資格と感じます。

 

※国際コーチ連盟の資格について
国際コーチ連盟は、世界最大のコーチ認定機関です。資格は、セッション時間の実績、セッションログによる試験によって、アソシエイト・サーティファイド・コーチ(ACC)、プロフェッショナル認定コーチ(PCC)、マスター認定コーチ(MCC)の3種類の資格が存在します。この資格があるからといって仕事を紹介してもらえるわけではありませんし、有利になるわけでもありません。国際コーチ連盟の資格を持っていなくても活躍しているコーチは存在します。

 

 

コーチングの種類について

コーチングの種類は多様です。上述したように、国際コーチ連盟のカリキュラムに沿ったコーチングを学べるスクールもあれば、それ以外のコーチングスクールも数多く存在します。

どちらが良いのかというと、どちらも良いです。

学ぶ人の価値観と合う合わないもありますし、肩書を重視するのか、今後の展開など含めて考える必要があると感じます。

 

コーチングの種類は、上述したようなコーチングスキルとGROWモデルのベーシックなタイプを追求するもの以外には、心理学を組み合わせたものが多く存在します。アドラー心理学、NLP、交流分析などです。その他、脳科学など活用したものや、コーチオリジナルのセミナーなども存在します。

特に大きく異なるのは、「質問」のスキルでしょう。心理学ごとに、さまざまなフレームワークが存在します。活用するととても便利ですが、絶対必要なわけでもありません。

コーチングはクライアントの「思い込み」などの矛盾に気づいてもらうケースが多いので、「思い込みを形成してきたプロセスが存在する」を知っていると便利です。そういった理由で、心理学と結びつくケースが多いのです。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

 

コーチング資格の効果

コーチング・コミュニケーション

コーチングの資格は取った方が良いのかどうか迷うかもしれません。この点は、さまざまな意見があるでしょう。絶対的な正解はありません。

ここでは、弊社の考え方を紹介します。

 

 

コーチングの資格にメリットはある?

客観的に考えてみてください。

「コーチングを受けてみたい」と思った時、コーチを選ぶ基準は何ですか?

もし、その回答に「どこどこの資格」という明確な答えを持っているのであれば、その資格を取得すると意味があるかもしれません。

実際、資格取得によってセルフイメージが高まって、コーチとして活動している人は存在します。一方、資格をとってもコーチングができずに、別のスクールに通いなおす人も存在します。

学んでいない人にとって、どのコーチング資格が良いのかわかりません。悪質なコーチに会った経験のある方には、名刺に書いてあったら逆に警戒される場合もあります。

コーチングの資格は、スキルレベルの目安にはなりますが、学んでいる人以外にとってはよくわかりません。同じスクール出ているコーチでも、全く異なるセッションになります。

現時点では、コーチングの資格にあまり魅力を感じませんが、長い目でみて、コーチングが普及してきたとき魅力が出てくるかもしれません。

プロコーチとして活動する際、資格の肩書がないと、仕事が来ないのではと不安になることも多いのです。自信をつける効果はあるかもしれません。しかし、実際は資格があるからといって、仕事が来ることはありません。

 

 

資格があるから仕事になるではない

資格を取ると、プロコーチとして活躍できると宣伝しているセミナーやスクールも存在します。

皆さんの周りにコーチングの資格を持っている人はどれぐらいいますか?そして、その資格をどのように活用していますか?

おそらく、それほど多くないのでは無いかと思います。それぐらい、まだまだ資格の必要性に気づかれていないスキルです。

 

また、コーチングスキルは、資格よりも人に左右されます。資格が無くてもコーチングが上手い人がいる一方、資格があってもコーチングができない人がいます。クライアントとの相性も存在します。

プロコーチになれるというセミナーやスクールで認定資格を取得したからといって、仕事を斡旋してくれるわけではありません。コーチングの資格を取得したら、必ず仕事がとれるとは思わないことが大切です。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

 

コーチングを学ぶ目的を明確にする

コーチング・コミュニケーション入門セミナー

コーチングの資格を取得したからといって、仕事につながるわけではありません。しかし、コーチング自体は、必ず役に立つスキルです。上述しましたが、近年とくに、求められているスキルです。

もし学ぶのであれば、「目的を明確にする」が重要です。コーチングを学ばれる方の目的は、大きく分けて2つです。

・コーチング資格を活かしてプロコーチになる
・自分を変えたい(セルフコーチング)

この2つ以外に、近年求められているのが、コミュニケーション能力の強化です。

 

 

プロコーチになる

コーチングセッションで「クライアントの目標達成をサポートする」そして「対価を得る」が目的。それを専業で行うのがプロコーチ。上述したように、資格を持っているからといって仕事につながるわけではありません。

資格やコーチングスキルだけでなく、営業スキル、マーケティングスキルなどのビジネススキルも必要になります。営業でクライアントをとれたとしても、商品であるコーチングセッションのレベルが低いとクライアントの不満につながります。

コーチングスキルとビジネススキルの両方を磨き上げる必要があります。

インターネットでコーチを探すと、さまざまなコーチが数多く見つかります。プロコーチは、設備投資も必要なく、簡単に参入できます。簡単に参入ができるという仕事は、クライアント獲得競争が激しいです。

コーチングが普及していないので、クライアント候補は少ないです。コーチング資格取得した直後はスキルレベルは低いです。それゆえ、プロコーチとして活動するには、ビジネススキルだけでなく信念と粘り強さも必要です。

 

 

セルフコーチングをする

セルフコーチングとは、コーチングセッションを自分自身に行うスキルをいいます。

コーチングセッションはクライアントの視点を広げ、思い込みを解消し、前に一歩踏み出す勇気づけを行います。その効果を自分自身に与え、現状を抜け出すという目的で学ばれる方も多いです。

 

実際、コーチングを学ぶと、いろいろな気づきが得られます。何かしらの不都合を周りのせいにして動けなかったケースも、自分の可能性に気づけば、動けるようになります。

また、自分自身の主体性を引き出せます。学んだ多くの方が、コーチングをもっと早く学んでおけばよかったというのは、この効果によるものです。

セルフコーチングが目的であれば、資格は必要ありません。

 

 

コミュニケーション能力を強化する

上述したように、コミュニケーションの希薄化、考える力の減少などが発生しています。コーチングを学ぶと、それらを解消できます。1on1ミーティングやコーチングセッションを取り入れている企業が増えているのは、コミュニケーションの質の向上が目的です。

コーチングは「聴く力」を強化するスキルです。コミュニケーション能力とは、「話す力」と「聴く力」の両方が存在して、初めて成立します。そして、多くの方が「聴く力」のトレーニングをした経験がありません。だから、コミュニケーションの希薄化が発生しているのです。

コーチングスキルを学ぶと、「聴く力」が強化され、コミュニケーション能力が強化されます。

コミュニケーション能力の強化が目的の場合も資格は必要ありません。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

 

 

コーチングの学び方

コーチング・コミュニケーション

「コーチングの資格を取得した方が良いのか」をテーマに説明してきましたが、資格を関係なしとした場合、どのような学び方があるのか紹介します。

コーチングを学ぶ上で、まず意識してもらいたいのが、語学や料理などと同様、トレーニング量が必要というポイントです。日本語の会話であるので、できてなくても「できたつもり」になるケースが多いです。「できているつもり」でコーチングセッションを行うと、クライアントとの信頼関係が壊れるので注意してください。

資格よりも、長時間の実践練習が必要です。

 

 

本や動画、オンライン講座などで独学

本屋に行けば、コーチングに関する本が並んでいます。インターネットで「コーチング」と検索しても、さまざまな知識が得られます。オンライン講座なども充実しています。

個人で独学しやすい環境は整っています。そして、「納得できる」ような言葉が書かれているので、「わかった気分」になります。

スキルの習得レベルは「知っている」「できる」「教えられる」に分かれ、それぞれ全く異なります。独学の場合、「知っている」けど「できない」という状況に陥りがちです。「質問」スキルだけでも、かなり奥の深い世界なので、難しいです。

最近は、コーチの勉強会などが開催されているケースがあります。勉強会に参加し、自分自身の理解度を確認する場をもうけるなど工夫するとよいでしょう。

 

 

スクール・セミナーで学ぶ

コーチングスキルはスクールやセミナーで学ぶのが一般的です。

ただ、上述したように、さまざまな種類があるので、目的を明確にしたうえで、しっかり選ぶ必要があります。コーチングはトレーニングが必要です。トレーニング環境が整っているスクールが望ましいでしょう。

単発のセミナーになればなるほど、本やオンライン講座で独学しているのと変わらない状況になります。スクールやセミナーのメリットは、ともに学ぶ仲間ができる可能性が大きいところでしょう。

モチベーションの高い仲間ができたら、自然と練習回数が増えるので上達しやすくなります。

資格は学ぶステップとして、目安にはなるでしょう。

 

企業研修で学ぶ

最近は、管理職研修など、コーチングを企業研修で学ぶ機会も増えています。

ただし、単発の企業研修が多いのがデメリットです。上述したように、トレーニングをしていないにもかかわらず、コーチングができるようになったつもりの管理職が増える可能性があります。これがとくに、企業研修ならではのデメリットです。

コーチングは原則、教える、アドバイス、指示するなどをしません。そして、コーチングは「会社内」「家庭内」では、かなりの熟練度を必要とします。なぜなら、上司や親は、悪気なく「こうなってほしい、こうしてあげたい」などが存在するからです。それらが強すぎると、「コーチング」として機能しなくなります。

また、コーチングをする前提として、強い信頼関係が求められます。苦手な上司に、コーチングされる部下は、委縮して何も話さないかもしれません。そして、社内で「コーチングは役に立たない」となって、浸透が妨げられるという現象が起きる可能性があります。

単発のコーチング企業研修では逆効果を生む可能性があるというデメリットがあります。

ところで、長期的なカリキュラムのコーチング企業研修であれば大きなメリットが得られます。コーチングスクールやセミナーなどのデメリットは、コーチングを学ぶ仲間同士では盛り上がるのですが、コーチングを知らない人へのコーチングが大きな壁になります。

コーチングスクールやセミナーで資格をとっても、社内に戻ってきても活かせないケースも多いのです。課長が部下にコーチングをしたくても、部長に「指示を細かく出せ」と命令されたら、実践できません。

 

逆に、企業研修でコーチングに関する理解を社内に浸透させられたら、コーチングの効果が得られやすくなります。コーチングをブラッシュアップするトレーニングの仲間が社内にいる方が、上達が期待できます。

社内のコミュニケーションも活発になるので、弊社では「長期的カリキュラムのコーチング企業研修」を行っています。

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

資格以上のコーチングスキルのメリットを得よう

人事評価制度

コーチングの資格の取得について、メリットがあるともないとも現時点ではいえません。

しかし、コーチングスキル自体の習得は大きなメリットがあります。自分自身を変えるセルフコーチング的な効果も大きいですが、さらに大きい効果はコミュニケーション能力強化です。

 

さまざまな問題が人間関係によって生じています。そして、それは仕事だけでなく、プライベートでも一生続きます。コミュニケーション能力強化したからといって、問題がゼロにはなりませんが、問題に対する捉え方が変わります。

資格をとって仕事を有利に進めたいという考え方も確かに正しいかもしれません。しかし、資格を持っていてもコミュニケーションが上手くいかなければ活用できません。

もしコーチングスキルに興味を持っていただけたのであれば、これを機会に深く学んでみませんか?

 

【聴く力を強化!コーチング・コミュニケーション入門セミナー】