若手中小企業経営者のためのキャッシュフロー計算書チェックする方法

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書をについて説明します。

会社法では義務化されていないため、上場していない中小企業の多くは作成していないかもしれません。

顧問税理士さん次第です。

キャッシュフロー計算書でなくても、資金繰り表を作成しているところは、素晴らしいです。

しかし、現金がどのカテゴリーでどのように流れているか確認できるキャッシュフロー計算書も作られることをおすすめします。

現金の増減を意識して経営しないと、いざというとき現金が無いということになりかねません

キャッシュフロー計算書について

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書の構成は上の図にあります。

上場企業の有価証券報告書をみると確認できます。

キャッシュフロー(現金の増減)は

  • 営業活動によるキャッシュフロー:本業で増減した現金
  • 投資活動によるキャッシュフロー:設備などの売買に流れた現金
  • 財務活動によるキャッシュフロー:資金調達や返済に流れた現金

の3種類に分かれます。

 

望ましいキャッシュフローの状態

キャッシュフローの望ましい形は「本業で稼いだ現金の範囲内で、成長のための投資などを行い、負債の返済を行う」です。

●営業活動によるキャッシュフロー:プラス
●投資活動によるキャッシュフロー:マイナス
●財務活動によるキャッシュフロー:マイナス
〇3つの合計:プラス

この形が望ましいです。

最も重要なのは、営業活動によるキャッシュフローです。

 

キャッシュフローを増やすには

営業活動によるキャッシュフローを増やすためにもっとも重要なことは、損益計算書の「税前当期純利益」をできるだけ大きくすることです。

その他のキャッシュフローを増やす簡易的な施策は次の通りです。

・貸借対照表の「現金」以外の「流動資産」を増やさないようにする。
 流動資産でも「棚卸し資産」が増えるということは、仕入れを行っているので現金が減っています。

・「固定負債」を減らさなようにする。
 長期的には減らす必要があるのですが、短期的に負債を返済すると現金は減ります。流動負債は仕方がないので、固定負債はできるだけ返済を遅らせます。

・売上債権の回収時期を早くし、支払債務の支払い時期を遅らせる。
 売上債権の回収期間よりも支払債務の支払期間の方が短かったら、現金の減少が早いことになります。

 

営業活動によるキャッシュフローは効率的な経営ができているかの指標になります。

意識してチェックすることをお勧めします。

また、資金繰り表をつくると、各項目でいつ現金がでていくかわかりやすいです。

キャッシュフローを増やすには何をすればよいか判断しやすくなります。

黒字倒産を避けるために

黒字倒産という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

当期純利益が黒字なのに倒産してしまうことです。

どうして、そのようなことがおきるのか。

その原因がキャッシュフローなのです。

黒字倒産までの一例を示します。

  1. 税金を支払わなくて済むように税前当期純利益をゼロにする。
  2. 新しい投資をするために借入金が増える。
  3. 「1,2」を繰り返しているうちに、支払利息に加えて元本の返済が始まる。
  4. 営業利益が出ても支払利息で当期純利益が減るため、現金が増えない。
  5. 元本の返済のために現金が減る。
  6. 「当期純利益<元本の返済額」の構図が続くと、現金が底をつく。
  7. 現金がなくなると、元本の返済ができずに不渡りが発生する。
  8. 不渡りが2回連続で発生すると、当期純利益が黒字でも倒産する。

以上のような流れで、黒字倒産に陥ります。

債務超過に陥っても会社は倒産しませんが、現金がなくなれば会社は倒産します。

だからキャッシュフローを良い状態にしておくことはとても重要です。

税金を払いたくないからと税前当期純利益をゼロにすると、キャッシュフローが悪い状態になります。

黒字倒産を避けるためにもキャッシュフロー計算書を活用しましょう。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】