コーチング型マネジメントとは~リーダーシップのあり方~

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチング型マネジメントが注目されています。

 

注目される理由は、従来の指示・命令型のマネジメントでは、うまくいかないケースが増えてきたからです。

指示・命令が無いと動かない社員ばかりになると、上司の負担は大きくなります。

 

 

部下の主体的、積極的な行動を促す方法に、コーチング型マネジメントが期待されているのです。

 

しかし、コーチング型マネジメントにもデメリットが存在します。

コーチング型マネジメントの特徴を説明します。

 

 

 

【コラム】コーチングは独学でもマスターできる?~効果的な勉強方法~

【目次】

 

コーチング型マネジメントとは

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチング型マネジメントとは、その名の通り、コーチングスキルを活用したマネジメント方法です。

従来の指示・命令型のマネジメントと区別するために使われています。

 

指示・命令型のマネジメントに絶対的なルールが無いように、コーチング型マネジメントも絶対的なルールは無いです。

 

コーチング型マネジメントの概要を説明します。

 

 

 

 

 

コーチングとマネジメント

コーチングとは、相手の話から気づきを引き出し、モチベーションを高め、主体的な行動を促すスキルです。

ティーチング(教える)の反対語のように捉えてもらってよいです。

 

従来のマネジメントといえば、「上司が部下に仕事を教え、指示・命令で管理する」が一般的でした。

 

効率的なマネジメント方法でしたが、「教えてもらってない仕事はやらない」「指示・命令があるまで動かない」などの逆効果がでてきました。

 

仕事量が増加する中、上司も逐一、部下ごとに指示・命令を出せなくなってきました。

そのため、部下の主体性を引き出す、コーチング型マネジメントが注目されています。

 

 

 

 

 

メリット・デメリット

コーチング型マネジメントのメリット・デメリットを紹介します。

指示・命令型のマネジメントのメリット・デメリットの逆になります。補完関係にあると考えてください。

 

【メリット】
・部下のモチベーションアップ
・部下の主体性、積極性アップ
・部下の思考力アップ
・チームワーク強化

【デメリット】
・効果が現れるまで時間がかかる
・部下ごとに効果がばらつく
・上司のコーチングスキルに効果が左右される

 

 

【コラム】コーチングのビジネスが怪しい、胡散臭いと感じる理由

 

 

 

 

コーチング型マネジメントが期待される理由

コーチングスキル

コーチング型マネジメントが期待される理由は、仕事量が増えたからです。

上司が、部下にかまってられなくなってきました。

・少子高齢化による人手不足
・働き方改革による労働時間の減少
・競争がグローバルに広がり、仕事量が増加
・IT技術の進化、通信速度のアップにより、処理しなければならない情報量が急上昇
・上司もプレーヤーとして仕事を抱えている

部下の主体性をひきだす必要が出てきました。

 

 

 

 

 

主体性・積極性を重視

やる気のない社員とモチベーションの高い社員では、生産性の高さに差が出ます。

 

上司がチームをマネジメントする上で、モチベーションマネジメントは重要な要素です。

モチベーションは、「やる気を出せ!」では高まりません。

 

モチベーションを高めるには、コーチングスキルが欠かせません。チームの生産性を高めるために、コーチング型マネジメントが必要とされているのです。

 

 

 

 

 

 

考える力の強化

指示待ち社員が、主体的に動けないのは「考える力」が弱いからです。

わからない課題にぶつかったとき、思考が停止するから動けなくなるのです。

 

従来のティーチング、指示・命令は、言われた通りに行えばよいだけなので、考える必要が無かったのです。

 

日本の教育全般が、暗記型教育詰込み型教育と呼ばれ、考える力を弱くすると問題視されるようになりました。

そのためセンター試験が廃止され、課題解決力を問う共通テストに切り替えられました。

 

 

コーチングは、原則「教える」をしません。質問を投げかけて、「自分で考える」を促します。

 

「考える」を積み重ねるうちに、「考える力」が強化されます。

 

 

 

 

 

 

 

コーチング型マネジメントの注意点

コーチング・コミュニケーション

コーチング型マネジメントは必要とされていますが、実際に採用は進んでいません。

その理由は難しいからです。

 

コーチング型マネジメントで、すべてがうまくいくわけではないです。

 

コーチング型マネジメントがうまくいかない。だから、指示・命令型マネジメントに戻るを繰り返します。

 

結局、コーチング型マネジメントは広がっていません。

 

 

 

 

万能ではない

コーチング型マネジメントを採用すると、すべてがうまくいくように説明されるケースみられますが、万能なスキルでは無いです

 

指示・命令型のマネジメントとコーチング型マネジメントは補完関係です。どちらのマネジメント方法が優れているかどうかではなく、両方必要なのです。

 

どちらかに偏りすぎるとデメリット面が現れてきます。

 

コーチング型マネジメントは効果が現れるのに時間がかかります。

 

ビジネスの世界はスピードがもとめられます。

コーチング型マネジメントを採用しても、結局「指示・命令した方が速い!」となって、挫折します。

 

コーチング型マネジメントは、人材育成や経営戦略など、「重要だが緊急ではない課題」に限定する方が望ましいです。

 

 

 

 

 

トレーニングが必要

コーチング型マネジメントは「明日から採用する」といって効果が挙げられるほど、簡単なマネジメント方法では無いです。

 

1~2年間のコーチングスキルのトレーニングが必要です。

 

1日から2日程度の企業研修を受けた程度で、部下のモチベーションを自在にコントロールできるようにはなりません。

 

傾聴力、質問力、フィードバック力含めた聴く力の強化が必要です。

 

コーチングスキルの特徴は、「知っている」と「できる」のギャップが大きいです。

 

研修で学んだように、指示・命令ではなく、傾聴・質問でマネジメントしても、部下の主体性・積極性はいきなり上がりません。

 

「指示・命令の方が速い」となり、コーチング型マネジメントが失敗します。

 

コーチングスクールの資格を持っている人でもなかなか難しいのです。効果に焦らず、長期的な視点でトレーニングを行ってください。

 

 

【コラム】コーチングを副業にする~楽して稼げる仕事は無い~

 

 

 

リーダーシップのあり方が大切

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

コーチング型マネジメントの特徴について説明してきました。

 

社員の主体性、積極性がもとめられる中、とても重要なマネジメント方法です。

結論的にいえば、リーダーシップのあり方部下との関係性の問題です。

 

逐一細かく「あーしろこーしろ」と指示を出すリーダーであれば、部下はやる気をなくすかもしれません。

しかし、尊敬できるリーダーであれば、指示もらった方が安心するかもしれません。

 

なんでも部下の主体性を重視するリーダーであれば、部下のモチベーションは高まるかもしれません。

しかし、責任をすべて部下に持ってくるのであれば、ストレスが大きくなるかもしれません。

 

 

リーダーシップに絶対的な正解は無いです。

 

「部下とどのような関係性を築きたいのか」ら、「リーダーシップのあり方を考える」が大切です。

その上で、コーチング型マネジメントが必要であれば、徹底的にトレーニングを行ってください。

 

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】