企業のストレスとメンタルヘルス対策

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

少し前までは人手不足による仕事の負担増加が大きなストレス要因となっていました。

 

今は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、将来に対する不安が大きなストレス要因となっています。

 

企業には例年以上のメンタルヘルス対策がもとめられます。

 

ストレスの原因は「わからない」という状況です。

 

「わからない」ストレスを和らげるには、メンバーとコミュニケーションをとるしかありません。

 

メンバーと協力して、「わからない」の情報交換をします。メンバー間の密なコミュニケーションがストレス緩和のカギとなります。

 

企業のメンタルヘルス対策について説明します。

 

 

【コラム】テレワークで発生するコミュニケーション不足課題の対策方法

【目次】

 

ストレス要因が増えている

コーチング・コミュニケーション

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、新しい生活スタイルが余儀なくされています。テレワークなどの活用など、仕事の環境も大きく変化しました。

 

結果、慣れない人にとっては大きなストレスとなっています。

 

精神疾患による労災申請が毎年増加しているなど、もともとメンタルヘルスの問題は大きかったです。

将来の不安も加えて、さらにストレス要因が増えています。

 

企業には、今まで以上のメンタルヘルス対策がもとめられています。

 

 

 

 

 

働き方の変化

テレワークの活用により、在宅での仕事。
会社訪問ができず、リモートでの営業。
働き方の変化で発生するコミュニケーション不足。

 

働き方が激変し、適応できずストレスが増えています。

 

社員の中には通勤しないで済むので働きやすくなったという話がある一方で、上司は管理がしにくくなりストレスが増えたともききます。

 

部下にとっても、監視されていると感じたらストレスが大きくなります。

ストレスが増えると仕事の生産性に大きな影響を与えます。

 

 

 

 

 

 

将来への不安

働き方の変化で、ストレスが増えます。

ストレスが増えると、生産性が低下します。

 

顧客の行動も制限されるために、成果につなげにくいです。

成果が出せないと、さらにストレスにつながります。

 

 

企業が成果を出せないまま、新型コロナ関連倒産や破たんが相次いでいます。

解雇や雇止めも増えており、将来への不安が高まっています。

 

社員にかかるストレスが大きくなっており、コロナ鬱という言葉も現れています。

 

 

【コラム】コミュニケーション能力とは~仕事で必要な理由と高める方法

 

 

 

 

メンタルヘルスが引き起こす問題

コーチング・コミュニケーション

社員のメンタルヘルスが悪化すると会社に大きなダメージを与えます。

 

職場が暗い雰囲気に一旦染まってしまうと、改善の労力が大きくなります。メンタルヘルスが悪化する前に予防しなればなりません。

 

メンタルヘルスの悪化が原因で発生する問題を説明します。

 

 

 

 

 

休職者の発生

精神疾患による休職者が発生すると、職場の雰囲気が悪化します。

 

1人抜けた分の仕事を誰かがフォローしなければならなくなります。フォローする人のメンタルヘルスが悪化し、連鎖的に問題が波及する可能性が高まります。

 

また、メンバーから休職者を出してしまうと、管理職は責任を負わなければならなくなります。

 

 

チームの生産性は低下します。

そして、再発防止策をとらなければなりません。

チームの成果が出せないと、管理職のストレスも大きくなります。

 

 

 

 

 

生産性の低下

ストレスはモチベーションに影響を与えます。

モチベーションは生産性に影響を与えます。

 

社員がイキイキ働いている会社と、社員がイヤイヤ働いている会社では生産性に差がでます。

会社の生産性が低下し、業績が悪化したら、社員に将来性の不安を与えてしまいます。

 

社員が積極的に働ける環境を整えるには、会社がストレス要因を取り除かなければなりません。

チームメンバーのモチベーションを高めるのは、リーダーの責任です。

 

 

 

 

 

 

 

企業のメンタルヘルス対策

コーチング・コミュニケーション

企業はメンタルヘルス対策を見直さなければなりません。

 

なぜなら、今までのやり方では精神疾患による労災申請の増加を止められていないからです。

 

今までのストレスに加えて、新型コロナ関連のストレスが増えています。

 

革新的なメンタルヘルス対策が必要です。

 

 

 

 

コミュニケーションを密に

革新的なメンタルヘルス対策といっても、コミュニケーションを密にするだけです。

 

メンタルヘルス対策として、休憩時間や有休など休息時間を重視する場合があります。

しかし、重要なのはストレス要因の削減です。

 

ストレスが多い職場の場合、休息時間が多くても心が休まりません。

ストレス要因の大部分は、「わからない」という状況です。

 

・会社の将来が見えない
・自分の将来が見えない
・部下がどうやったら成長してくれるかわからない
・上司が何を考えているかわからない
・同僚が何を考えているかわからない

 

「わからない」状況はストレスを蓄積させます。

状況を解消するには、コミュニケーションを密にするしかないです。

 

 

 

 

 

協力関係を強化

職場で孤立化するほど、ストレスが大きくなります。テレワークは、孤立化を生まないかが懸念事項です。

 

・責任を1人に負わせる
・協力してもらえない
・仕事を頼めない
・仕事の負担が偏る
・不公平感がある

などが発生すると、ストレスの大きい職場になります。

 

 

メンバーが助け合う、協力し合うチームになれば、ストレスは低減されます。協力関係を生むには、信頼関係が必要です。

信頼関係を生むには、密なコミュニケーションが必要です。

 

 

【コラム】部下のモチベーションを下げるタイプの上司にならない

 

 

 

 

働きやすい職場づくりを

コーチング・コミュニケーション研修セミナー

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、世界中にストレスが蔓延しています。

 

ストレス要因は社員のメンタルヘルスに悪影響を及ぼします。結果、会社の業績に悪影響を与えます。

会社は業績を高めるには、これまで以上にメンタルヘルス対策がもとめられます。

 

メンタルヘルス対策の基本はコミュニケーションの質の改善です。テレワークやソーシャルディスタンスなど、コミュニケーションの壁ができやすくなっています。

 

コミュニケーションを今まで以上に「密にする」を意識してください。

 

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】