インフルエンサーマーケティングとは~SNS活用で広がる販促方法~

モチベーション

ユーチューバー、インスタグラマー、ブロガーなどSNSで、影響力のある人が増えています。その人たちをインフルエンサー(影響力のある人)と呼びます。

そして近年、インフルエンサーを活用する販促方法が広がっています。インフルエンサーマーケティングと呼ばれる方法のメリット、デメリットについて説明します。デメリット面を理解した上で活用すると、大きな販促効果を得られるでしょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

【目次】

 

活用が広がるインフルエンサーマーケティング

コーチング・コミュニケーション

広告宣伝手法が、テレビCMや新聞広告だけでなく、インターネットを活用したWEB広告に広がっています。そして、近年インフルエンサーマーケティングという販促方法が現れました。インフルエンサーマーケティングについて説明します。

 

 

インフルエンサーとは

インフルエンサーとは、Wikipediaに次のようにあります。

インフルエンサー(英語: influencer)とは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。その様な人物の発信する情報を企業が活用して宣伝することをインフルエンサー・マーケティング(SNSマーケティング)と呼んでいる[2]。従来の有名人やタレントといった知名度があって多数のフォロワー数を持つインフルエンサーと比べ、フォロワーが相対的に少なく万単位に満たない場合は『マイクロインフルエンサー』と呼ばれる。

(出典:Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/インフルエンサー)

一般的にブログやユーチューブやインスタグラムなどで、フォロワーが多く、影響力のある人のことをインフルエンサーと呼びます。そのような影響力のある人を活用した販促手法がインフルエンサーマーケティングです。

 

 

インフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングについても、上述したWikipediaの説明文の中に存在します。インフルエンサーに自社の商品やサービスを利用してもらい、その感想を発信してもらうというものです。好きなインフルエンサーが紹介するので、テレビCMなどマスメディアよりも、フォロワーに対しては大きな影響力を及ぼします。

基本的に、「このように紹介してほしい」など、感想の内容を操作することは禁止です。インフルエンサー自身も、虚偽の感想を発信すると影響力に傷がつくため避けます。そのため、ネガティブな影響が広がるリスクも考慮しておかなければなりません。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

インフルエンサーマーケティングのメリット

ビジョナリー経営

インフルエンサーマーケティングのメリットは、テレビCMや新聞広告よりも費用対効果が高いことでしょう。テレビCMは高額になるため、中小企業や個人事業主には利用が難しいですが、インフルエンサーマーケティングなら活用の可能性が広がります。

 

 

ターゲット層への拡散能力

テレビCMなどマスメディアは、拡散能力は高いですが、無差別に発信します。そのため無駄撃ちも多いです。対して、インフルエンサーマーケティングは、あるターゲット層に絞り込んで、深く拡散します。

例えば、主婦層向けの商品、サービスを紹介したい場合は、主婦層のフォロワー数が多いインフルエンサーに商品、サービスを紹介してもらえると影響が大きいです。若者向けの商品、サービスであれば、若者層のフォロワー数が多いインフルエンサー依頼すると、大きな影響が得られます。

 

 

機能の拡張性

テレビCMや新聞広告に比べて、SNSでの発信は簡単にできます。費用もインフルエンサーの影響力次第ですが、割安で発信できます。それは、資金力が小さい企業にも活用のチャンスがあるということです。テレビCMでは発信しずらい、個人農家の野菜や、町工場による商品を紹介してもらえる可能性も広がります。

また、製造技術などBtoBの商品、サービスも、その道の専門家に評価して公開してもらうということもありえます。中立に評価してもらうため、「特徴無いね」とシビアな評価されるリスクもあります。自信を高めた商品、サービスを先に開発することが大切です。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

インフルエンサーマーケティングの注意点

経営相談

インフルエンサーマーケティングは大きな費用対効果が期待できますが、もちろんデメリット面もあります。注意点は、依頼者側がどのような紹介されるかは、コントロールできないということです。

 

 

インフルエンサーの信用性

インフルエンサーの影響度が大きいほど、費用も高くなる可能性があります。また、インフルエンサーの影響度が大きいほど、マイナス面の影響も大きくなります。インフルエンサーが商品、サービスについてネガティブな発言したりすると、ブランドイメージが傷つく可能性があります。

また、インフルエンサー自身の不適切な発言や行動によって、インフルエンサー自身のイメージが悪化する場合もあります。依頼するインフルエンサーは慎重に選ぶことが大切です。

 

 

ステルスマーケティングにしない

インフルエンサーマーケティングは一歩間違えると、ステルスマーケティングになる可能性があります。ステルスマーケティングとはWikipediaに次のようにあります。

ステルスマーケティング(英: Stealth Marketing)とは、消費者に広告と明記せずに隠して、非営利の好評価の口コミと装うことで、消費者を欺いてバンドワゴン効果・ウィンザー効果を狙う宣伝手法。ヤラセやサクラなどもこの一例に分類される。

(出典:Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/ステルスマーケティング)

一時期、芸能人がサービスを利用したことが無いのに、「サービス利用してよかった」という感想を発信して問題になったことがあります。ヤラセになると、インフルエンサー、企業双方の信用を失います。一旦信用を失うと、回復するのが大変です。インフルエンサーに広告であることを告知してもらったうえで、ルールを守って商品、サービスの感想を発信してもらうようにしましょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】

 

 

インフルエンサーマーケティングを検討してみよう

コーチング・コミュニケーション

若者のテレビ離れが進んでいます。そして、ユーチューブやインスタグラムの活用が広がっています。そのため、今後のマーケティングはますますWEBマーケティングが主流になってくるでしょう。その中でもインフルエンサーマーケティングは宣伝の影響力が大きく、活用は増えていくでしょう。

しかし、デメリット面もあるため、注意して活用することがもとめられます。近年はスキャンダルの少ないVチューバ―の活用に注目されているそうです。リスクがあるからと敬遠していると、他社に出遅れる可能性があるため、検討するだけでしてみましょう。

【コーチング・コミュニケーション入門セミナー】